ハナウマ湾、一度は行っておきたいハワイのおすすめ観光スポット。

ハナウマ湾

シュノーケリングを楽しみたいならハナウマ湾はいかがでしょう。

ハナウマ湾へは、ワイキキを出発してオアフ島を東周りでドライブします。

ワイキキからのハナウマ湾への行き方はとてもシンプルなので、はじめてハワイを訪れた方でもレンタカーで出かける事が可能です。

 

Mr.ハワイ通

オプショナルツアーもありますので、運転に自信が無い人はそちらをどうぞ。

 

ハナウマ湾へ向かう道中。

ワイキキを少し離れたときのオアフ島の景色。

これまた格別に気持ちの良いドライブなのです。

ハナウマ湾の入り口

Mr.ハワイ通

それでは、まずはハナウマ湾への生き方について説明します。

 

 

ハナウマ湾への道はH1を東に走ります。

H1に乗ると右手にカハラモールが見えます。

そしてしばらく走ると、いつもと違う角度からのダイヤモンドヘッドを眺めることが出来ます。

フリーウェイに乗って気持ちよく車を走らせていると、意外にもあっという間にフリーウェイの終点です。

「もう少しフリーウェイを走っていたかった」。

そんな感じです。

一般道路のカラニアナオレ・ハイウェイ(KALANIANAOLE Hwy.)をまっすぐに進みます。

途中左手にあるココ・マリーナやココ・ヘッドを通り抜けます。

ココヘッドを左手に見ながら坂道を登りきると、やがて右手がハナウマ湾の入り口となります。

ハナウマ湾、到着です。

ハナウマ湾浅瀬のビーチ

ハナウマ湾は、火山活動によってできた遠浅のビーチ。

美しいサンゴ礁とたくさんの熱帯魚を見れます。

 

アロ~ハ!ハナウマ湾は家族揃って楽しめるビーチです。安心して遊べるビーチですよ!

トロリーくん

 

ハナウマ湾に入園するには入園料を払います。

また2002年からは、環境保護・海の安全に関するビデオを観てからでないと、その先にあるビーチに下りることが出来ません。

急いでビーチに行きたい気持ちは分かりますが、しっかりとハナウマ湾についてビデオで勉強してから海に向かいましょう。

 

Mr.ハワイ通

このようにビデオを観たりするのも、ハワイ旅行の良い想い出になるはずです。そんなに時間は掛からないので、嫌がらずにしっかりと勉強しましょうね。

 

一応、念のためひとつお知らせです。

一度ビデオ上映を見て名前を登録しておくと、その後1年間はビデオを観なくてもビーチに下りられる事になっています。

 

Mr.ハワイ通

日本人観光客で、年に何回もハナウマ湾に行く人もいないでしょうが、一応このようなルールになっています。

 

坂道を下りていくと、ようやくビーチに到着です。

シュノーケリングをしたい方などはここでシュノーケリングセットをレンタルする事も出来ます。

波のないおだやかな浅瀬のビーチですので安全です。

ハナウマ湾でシュノーケリング

レンタカーでお出かけの場合にはご注意を。

午前中の早い時間(9時くらい)に駐車場がいっぱいになってしまうことが多いので、なるべく朝早くのお出かけがオススメです。

ハナウマ湾の駐車場

【ハナウマ湾に関する民話】

昔、ハナウマ湾の近くにケオヒナニという若い娘が住んでいました。そしてこのハナウマ湾の近くには、2人のたくましい若い酋長が住んでいました。そしてこの2人の若い酋長は同じ時期にケオヒナニを好きになってしまったのです。ケオヒナニはもともとこの凛々しい2人の酋長に対しては、好意的な印象を持っていたため、2人からの愛に対してどちらかを選ぶということが出来なかったのです。

そしてとうとうこの2人は腕相撲で勝負して決着をつけることになったのです。2人の酋長はハナウマ湾のビーチに腹ばいに寝そべりながら、腕相撲を始めました。勝負は朝早くに開始しました。しかし実力はまったくの互角。いつまで経っても勝負がつきません。2人は腕を組みあったまま、まったく微動だにしません。

まわりで勝負を観戦していた人々も疲れ始めてきました。勝負はまだつきそうにありません。こうなったらケオヒナニに2人のうちどちらかを選んでもらうしかありません。

しかしどうしてもケオヒナニには、2人のうち一人を選ぶことがどうしても出来ません。悩みに悩んだケオヒラニは、近くのココヘッドに登り、その頂上で神に願いました。

「私は人間でいることに苦しくなりました。どうか私を丘にしてしまってください」

今のハナウマ湾の奥に見える丘は、ケオヒラニの化身と言われているのです。

*ハナウマには2つの意味があります。ひとつは有名なのでご存知の方も多いと思いますが、「湾曲した」という意味。そしてもうひとつの意味は「腕相撲」なのです。