ハワイで見かけたBYOB。このBYOBって何のことですか!?

ハワイのレストランではアルコールを提供していないお店があります。

グルメ本で見つけたお目当のお店。

席に着いて「さっそく冷たいビールでも!」とメニューを見ても、メニューにビールが見当たらない。

みなさんはこんな経験はございませんか?

 

Mr.ハワイ通

私の体験談です。カイムキにある本格的カレー屋さん。ハワイではなかなか本場に近いカレーが食べれなかったのでさっそく出かけました。しかし、残念ながらビールは置いていませんでした。

 

実はハワイでは念願のお店を開いても、アルコールを販売するライセンスの取得がかなり面倒。

そのためアルコールの販売をしていないお店があるのです。

「せっかくの美味しい料理をビール無しで食べるの?」

そんな風に。残念に思うビール党の方もいらっしゃるでしょう

しかしご安心ください。

そのようなお店ではほとんどが「BYOB」OKなのです。

BYOB!?

日本では聞きなれない言葉ですよね。

これは「Bring your own Bottle」の略で、お酒の持ち込みOKという意味なのです。

お店に入った後に「えっ!ビールが飲めないの!?」と気づいたとしても、近くのコンビニなどでアルコールをゲットして持ち込めば良いのです。

考えようによっては、ハワイのスーパーはビールがとってもリーズナブルな値段で販売されています。

手間を考えなければ「お得」かもしれません。

それでもちょっと面倒ですし、せっかくのハワイ旅行でBYOBもどうかという気もしますが。

個人的には、BYOBよりお店のメニューにあって欲しいところです。

そしてアルコールについて注意点をもうひとつ。

コンビニなどでアルコールを購入する時、店員さんから身分証明書の提示を求められます。

「俺はもう40歳だぞ!なんでわざわざ身分証明書を出さなければいけないんだ。」

そう思う方もいるかもしれません。

しかしハワイはアルコール販売に対して、とても厳しく規制されているのです。

万が一、未成年の人にアルコールを販売したら、お店の方が大変なペナルティーを受けてしまうのです。

そのようなルールがあるので、身分証明書を求められるのです。

ここはしっかりとハワイのルールに従いましょうね。