ライアテア・ヘルム。次世代のハワイの歌姫は、美しいファルセット・ヴォイスが魅力。

オアフ島出身のRaiatea Helm(ライアテア・ヘルム)。

3歳の頃からフラダンスを始め、ハワイ伝統文化に対して深くリスペクトをしています。

オアフ島生まれであるが、モロカイ島で育ちます。

ライアテア・ヘルムはハワイで最も注目される若き歌姫といえるのではないでしょうか。

ハワイの伝統文化とMele(歌)をこよなく愛し、フラダンサーで有名ミュージシャンでもある「ジョージ・ヘルム」が叔父にあたります。

 

【おすすめの記事】

ジョージ・ヘルム ジョージ・ヘルムとハワイ・カホオラヴェ島について

 

2000年、17歳でデビュー以来積極的な音楽活動を行っています。

透明感のある美しく伸びやかなファルセット・ヴォイスは一度聴いたら忘れられません。

 

2003年の「Far Away Heaven」でデビューし、同年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで最優秀女性ボーカリスト賞と新人賞を受賞。

Far Away Heaven

 

2005年にはセカンドアルバム「Sweet&Lovely」をリリース。

同アルバムにて2005年ナ・ホク・ハノハノ・アワードで4部門を受賞。

同作では、あのケアリイ・レイシェルとのデュエットも披露している。

ハワイアンとして魅力の1曲です。

Sweet & Lovely

 

ぜひ聴いてもらいたい1曲は「Alika 」。

ジェノア・ケアヴェを彷彿させるRaiatea Helm の「Alika 」。

これはおススメですし、このアルバムはイチ押しです。

 

また、スラッキーギターの名手のケオラ・ビーマーとのコラボレーション・アルバム。

こちらもおススメです。ケオラ・ビーマーはハワイ島ホノルル生まれであり、ビーマー・ファミリーはカメハメハ一世の血を引く名門なのです。

世界的にも有名な彼が奏でるギターの音色は優しくて美しいという素晴らしいものです。

そのケオラとライアテアの世代こそ違えど共通する点は、ハワイアンの伝統文化をとても大切にしているところでしょう。

ケオラ・ビーマーは、ギターは演奏をする時には「アロハの心を込めて弾くことが大事」と語っています。

そんなケオラが奏でるスラッキーギターとライアテアのファルセットヴォイスのコラボレーション。

これはぜひ聴いてみてください。

ライアテアヘルムの動画特集

 

Raiatea Helm / The Good Old Hoʻomalimali E



 

Raiatea Helm / Kimo Hula



 

Raiatea Helm / Ke Kani Hone O Na Manu



 

Raiatea Helm / The One They'd Call Hawaii



ライアテアヘルムのアルバム特集

 

Hawaiian Blossom

 

Sea of Love

ライアテアヘルムのバイオグラフィー

 

ハワイの歌姫、そんな言葉がぴったりのRaiatea Helm(ライアテア・ヘルム)。

オアフ島に生まれてモロカイ島で育ったライアテア・ヘルムは今までに5枚のオリジナルアルバムを発表していますが、どれもクオリティーが高くその音楽性の高さを物語っています。

前作「Sea Of Love(シー・オブ・ラヴ)」から5年ぶりとなる新作「He Leo Huali」を2016年に発表しましたが、こちらも要注目です(2017年時点)。

4曲のオリジナルを含む全12曲で構成されています。

「ハワイの文化を守り、伝えていくのがハワイアンとしての私の役割」と語るライアテア・ヘルムは日本でもたくさんのファンに支持されています。

17歳でファーストアルバム「Far Away Heaven」をリリースした後も積極的に活動を継続していて、ナ・ホク・ハノハノ・アワードの常連でもあります(2003年「Far Away Heaven」ではナ・ホク・ハノハノ・アワード「最優秀女性ボーカリスト賞」「新人賞」を受賞する快挙)。

Raiatea Helm が歌う「Alika 」。

透明感のある美しく伸びやかなファルセット・ヴォイスを披露している同曲は、ぜひ聴いて頂きたい1曲です。