マカナ(Makana)

マカナ(Makana)

Makana(マカナ)、本名はMatt Swalinkavich。

スラックキーギター(またはスラッキー・ギター、Slack-key guitar)の名手と呼ばれるMakana(マカナ)。そもそもスラックキーギターとはギターの種類ではありません。たとえばエレキギターのように「スラックキーギター」というギターがあるわけではなく、「ギターの弾き方」の種類なのです。
そしてチューニングも独特で、その種類は無数に存在すると言われています。面白いところでは「タロパッチ」というチューニングがありますが、この名前はみなさんご存知のハワイの主食「タロイモ」から命名されたと言われています。音楽にあわせて自由な演奏をするのがスラックキーギターの最大の特徴になります。それゆえプレイヤーにはセンスが問われます。

またSlack-key guitarの「slack」とは「ゆるい・たるんだ」という意味であり、そのゆるんだ音の響きがまたスラッキー・ギターの最大の特徴でもあります。

スラックキーギターはハワイアンミュージックでよく使われ、ウクレレよりも歴史が古いといわれています。

そしてスラックキーギタリストで若手注目株がMakana (マカナ)です。

9歳で初めてウクレレを手にし、その後スラック・キーを習い始めます。幼少のころからスラックキーギターに親しみ、11歳で「ハワイアン・スラック・キーの3巨人」と言われる巨匠、サニー・チリンワースからスラックキーギターを学び、若干14歳にはプロとして活動するようになりました。

そしてその頃からステージ名としてMakana(「贈り物」の意味)という名前でプレイし始めたのです。そして2001年にはアルバム「Makana」でメジャーデビュー。その後も着々とアルバムをリリースしていきます。

2004年に発表されたアルバム「Ki Ho'Alu」はマカナの傑作のひとつと言えるでしょう。「Ho'oilina」や「As The World Tunes」といったオリジナル曲も収録されています。


Makana(マカナ)のアルバム一覧へ

Makana / Napo'o Ka Lā



Makana / Blue Water Dolphin Song



Makana / 'Ihiuka



Makana / You Are So Beautiful