マカナ(makana)ハワイを代表するスラックキーギターの名手

マカナ(Makana)

Makana(マカナ)、本名はMatt Swalinkavich。

「マカナ」と読み、ハワイ語で「大切な贈り物」という意味があります。

マカナと言えば、スラックキーギター。

ハワイを代表するスラックキーギター(またはスラッキー・ギター)の名手と呼ばれています。

 

そもそもスラックキーギターというのは、ハワイのギターの事です?普通のギターとは何が違うのですか?

Aさん


Mr.ハワイ通

それではまずは、スラックキーギターについて説明します。

 

そもそもスラックキーギターとは

 

そもそもスラックキーギターとは、ギターの種類ではありません。

アコースティックギターやエレキギターのように、「スラックキーギター」というギターがあるわけではないのです。

 

えっ、それではスラックキーギターはギターの事では無いのですか?

Aさん

 

スラックキーギターとはギターそのものではなく、「ギターの弾き方」の種類を言うのです。

音楽にあわせて自由な演奏をするのが、スラックキーギターの最大の特徴なのです。

それゆえプレイヤーにはセンスが問われるのです。

スラックキーギターの名手が、最高のギタープレイヤーと言われる所以(ゆえん)です。

そしてチューニングも独特で、その種類は無数に存在すると言われています。

面白いところでは「タロパッチ」というチューニングがあります。

この名前はみなさんご存知のハワイの主食「タロイモ」から命名されたと言われています。

またSlack-key guitarの「slack」とは「ゆるい・たるんだ」という意味であり、そのゆるんだ音の響きがまたスラッキー・ギターの最大の特徴でもあります。

スラックキーギターはハワイアンミュージックでよく使われ、ウクレレよりも歴史が古いといわれています。

そしてスラックキーギタリストで若手注目株がMakana (マカナ)です。

 

スラックキーギターの名手、マカナ

 

それではスラックキーギターの名手マカナのキャリアについて紹介します。

9歳で初めてウクレレを手にし、その後スラック・キーを習い始めます。

幼少のころからスラックキーギターに親しんでいたマカナ。

11歳で「ハワイアン・スラック・キーの3巨人」と言われる巨匠、サニー・チリンワースからスラックキーギターを学びます。

そして、ナント若干14歳でプロとして活動するようになっていたのです。

そしてその頃からステージ名を「Makana(「贈り物」の意味)」としてプレイし始めたのです。

 

ファーストアルバムを発表

 

そして2001年、ついに待望のファーストアルバム「Makana」でメジャーデビューをします。

その後も着々と活躍をし、アルバムをリリースしていきます。

2004年に発表された3rdアルバム「Ki Ho'Alu」はマカナの傑作のひとつと言えるでしょう。

「Ho'oilina」や「As The World Tunes」といったオリジナル曲も収録されています。

 

「Ki Ho'Alu」

 

傑作「Ki Ho'Alu」に続いて発表したアルバム「ディファレント・ゲーム」。

よりスラック・キーをロックのフィールドに広げたアルバムに仕上がっています。

本作は、ビルボード誌等でも高い評価を得ている傑作になっています。

 

マカナのおすすめアルバム

 

「Ki Ho'Alu」

「DIFFERENT GAME」

「UNDER THE SURFACE」

Makana / Napo'o Ka Lā



Makana / 'Ihiuka