ナタリー・アイ・カマウウ。ミュージシャン、そしてフラダンサーとして大活躍!

ナタリー・アイ・カマウウ

ハワイでは人気と実力がともなうアーティストであり、特にフラダンスが好きな方からの支持が厚いNatalie Ai Kamauu(ナタリー・アイ・カマウウ)。

大人気ですよね。

ファースト・ソロ・アルバムの「E」で2006年のナ・ホク・ハノハノ・アワード「最優秀女性ボーカリスト賞」を受賞。

2009年には「'I」で、2012年には「A」でナ・ホク・ハノハノ・アワード「最優秀女性ボーカリスト賞」を受賞しています。

名実ともにハワイを代表するアーティストとなります。

ちなみにナタリーは、あのハワードとオラナ・アイの娘。

ハワード・アイはクムフラとしてだけでなく、ミュージシャンとしても有名。
その柔らかい歌声が多くのフラダンサーに大人気。
ミュージシャンとしては、2枚のアルバムを発表しています。
長女のナタリー・アイ・カマウウとのデュエット曲も必聴ですよ。

1990年にはメリー・モナーク・フラ・コンペティションでMiss Aloha Hulaになったほどのフラダンサーでもあるのです。

ルックスと歌声を兼ね備えハワイでも大人気のアーティストなのです。

ご主人であるイオラニ・カマウウと共に、サンランドのメンバーとして活躍した後、2005年にソロデビュー。

イオラニとのデュエットも心地よくて最高でした。

2005年のソロデビュー作「E」では、その声質の素晴らしさに圧倒されます。

デビュー作はすぐにフラダンサーの間で話題になり、今でもロングセラーの名盤です。

フランク・ヒューイットの曲をはじめトラディショナル・ソングのカバー、そして自らが作曲した曲の集合体であるこのアルバムはナ・ホク・アワードを受賞するのに充分に値するものと思われます。

2007年のセカンド・アルバム。こちらは自ら作曲した曲の構成が増え、あらためてシンガー・ソング・ライターとしての魅力が開花されています。

3曲目の「カウラナ・モロカイ」はフラの定番曲になっています。

フラの指導と音楽活動に積極的なナタリー。

ご主人のイオラニも、現在ナタリーと共に音楽活動をしながらケイキ(子ども)フラの指導に力を入れ、ハワイで開催されるフラ・コンペティションにも積極的に参加したくさんの実績を残しています。

これまで3枚のオリジナルアルバムについては、すべてナホク・ハノハノ・アワードの最優秀ヴォーカリスト賞を獲得しています。

そして、2015年にはアルバム「ラ・ラ・ラ・ラ」をリリースしました。

このアルバムも見事な傑作で、ナタリーの実力を感じます。

「ラ・ラ・ラ・ラ」は2016年ナ・ホク・ハノハノ・アワードで見事に「Female Vocalist of the Year」「Engineer of the Year」そしてシングル部門で「Shower Tree」が「Single of the Year」を受賞しました。

そして2019年には3年振りに待望のニューアルバム「21° N 158° W」を発表しました。

こちらのアルバムも最高の仕上がりになっています。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード常連のナタリー。

今では誰もが認める、ハワイを代表するディーバと言えるでしょう。

<ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞歴>
「La La La La」Engineer of the Year — 2016、Female Vocalist of the Year — 2016
「Shower Tree (SINGLE)」Single of the Year — 2016
「Eia」Anthology Album of the Year — 2014
「`A」Female Vocalist of the Year — 2012

【おすすめの特集記事】
ウェルドン・ケカウオハ。奥様のために制作したアルバム「Ka Lehua Ula」はフラダンサーに人気の名盤です。

Natalie Ai Kamauu / A He Nani Ke Ao Nei



ナタリー・アイ・カマウウの動画特集 ナタリー・アイ・カマウウの動画特集

ナタリー・アイ・カマウウのアルバム

 

21° N 158° W

Eia

I

A

E