シリル・パヒヌイ(Cyril Pahinui)

Cyril Pahinui(シリル・パヒヌイ)。

イーストショアのワイマナロの出身。モダンスラックキーギターの象徴といわれる「Gabby Pahinui(ギャビー・パヒヌイ)」 の次男。ギターを弾き始めたのは8才から。とくに父親であるギャビー・パヒヌイからギターの弾き方を教わったわけではなく、父親の姿を見ながら自然と演奏方法を覚えていったそうです。1967年に17歳で"Meet Palani Vaughan And The Sunday Manoa"でデビュー。1969年にはベトナム戦争で戦地に赴き、その後1971年に帰国。帰国後は「ピーター・ムーンバンド」「ギャビーバンド」で活躍し、今ではハワイアン音楽の重鎮となっています。

Cyril Pahinui / Hi`ilawe



Cyril Pahinui / He'eia



Cyril Pahinui / Kowali



Cyril Pahinui / Ulili E



Cyril Pahinui / Sanoe