ショーン・ナアウアオ。ハワイアン・レゲエ界の大御所「マナオ・カンパニー」のオリジナル・メンバー!

ショーン・ナアウアオ

Sean Na'auao(ショーン・ナアウアオ)。

シンガーソングライターでありながら、プロデュースもこなす多才ぶり。

ショーンは、ハワイアン・レゲエ界の大御所グループ「マナオ・カンパニー」のオリジナル・メンバーとして活躍しました。

ナ・ホク・ハノハノ・アワードを7回も受賞した、ハワイを代表するレゲエバンドです。

マナオ・カンパニーの大ヒット曲である「Drop Baby Drop」は、ひょっとしたら聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

【おすすめの特集記事】

マナオ・カンパニー(Mana'o Company) マナオ・カンパニー。ハワイを代表するレゲエ・グループ。あのショーンとウェルドンも在籍したスーパーバンド。

 

ショーン・ナアウアオ、ソロデビュー

 

ショーン・ナアウアオがソロとして発表したアルバム「Holomua」では、トラディショナルハワイアンの雰囲気が満載のCDをリリース。

同アルバムは2002年のナ・ホク・ハノハノ・アワードでHaku Mele of the Year(ハワイ語チャントを含む楽曲賞)を受賞しました。

また、「Holomua」の収録曲である彼独特のアレンジで奏でる「Aloha `Oe(アロハ・オエ)」はオススメの1曲です。

残念ながら「Holomua」は今ではなかなか手に入らないみたいですが、もし機会があったらぜひ聞いてみて下さい。

 

Holomua

 

Mr.ハワイ通

「Aloha oe」はたくさんの人に歌われていますが、私の中ではショーンの「Aloha oe」がベストです。

 

【おすすめの特集記事】
リリウオカラニ リリウオカラニ。ハワイ王朝最後のハワイアンを愛し続けた女王!

 

2005年リリースの次作「Ka Eha Ke Aloha」はさらに、トラディショナルハワイアンを追求した名盤となっているのでこちらも要チェックです。

ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞の常連である、ロビ・カハカラウとのデュエットも注目です。

トラディショナル・ソングにコンテンポラリー・ソングも挿入された本アルバム。

ロバータ・フラック "WHERE IS THE LOVE"のカヴァーなども披露していて聞き応えも存分です。

 

Ka Eha Ke Aloha

 

Mr.ハワイ通

ハワイアンのCDは、それこそ何枚も聴いて来ましたが、一時期はいつもこのアルバムを聴いていたほどのお気に入りです。下にAMAZONのユーザーレビューを紹介していますが、まさにこの通りです。

 

★★★★★seanの声が大好き

彼の声の大ファンです

早いテンポの曲もしっとりの曲もどれも素敵

中でもKa Ipo Lei Manu が特にお気に入り

ギターをコンコン叩いているような音が効果的

 

 

そして名作「Ka Eha Ke Aloha」の発表から8年が経過。

久々のニューアルバム「Na'auao」は、これまた前作を超えるほどの名盤。

 

現在の活動は

 

私生活では、有名なクムフラであるアロハ・デリレイの娘カウイ(メリー・モナーク・ミス・アロハ・フラ)と結婚。

また、オアフ島パールシティ出身のショーンは地元の高校のフットボールのコーチもしています。

そしてさらに朗報です。

アウトリガーリーフホテルのカニカピーラグリルでは、不定期ライブも行っています。

ショーンのパフォーマンスを目と鼻の先で堪能できるのです。

ドリンク一杯、おつまみ一品だけでステキな生演奏を味わえるのです。

しかもドリンク・フードもとてもリーズナブル。

これはめちゃくちゃお得ですよ。

 

ハワイに行ったら、カニカピラグリルをチェック!

ワイキキのほぼ中心地、アウトリガーホテルをご存知でしょうか?
このホテルにあるプールサイドのカジュアルレストラン&バーの「カニカピラグリル」。

 

【おすすめ特集記事】

カニカピラグリルで最高の本場ハワイアンミュージックを! カニカピラグリルで最高の本場ハワイアンミュージックを!

おすすめのアルバム一覧

 

Na'auao

Ka Eha Ke Aloha

Holomua