カイナニ・カハウナエレ、あの名曲を作ったのも彼女です!

Kainani Kahaunaele(カイナニ・カハウナエレ)。

カウアイ島アナホラ出身。

カイナニのファミリーは音楽一家で(ハワイには結構多いですよね、このパターン)、幼い頃からその音楽的才能が輝いていたそう。

幼少時代はカウアイ島で過ごし、その後ハワイ大学ヒロ校に進学し学士号を取得。

ハワイ大学在学中にデビューアルバム「Na'u 'Oe」をリリース。

いきなり2004年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで「Female Vocalist of the Year」「Hawaiian Language Performance of the Year」を受賞しました。

 

 

そしてこのアルバムの収益は、自らも講師(ハワイ語講師)を務めるハワイ大学で行う「ハワイ語の研究費」に充てられていたそうです。

カイナニのハワイ文化に対する想いが伝わってきます。

ちなみに夫はハワイ文化活動家として有名なハレアロハ・アイアウ。

また、カイナニ・カハウナエレは作詞家としても有名。

Na Leo(ナレオ)にハワイ語の歌詞を提供しているのは有名な話し。

そして個人的に一番のお気に入りは、あのWeldon Kekauoha(ウェルドン・ケカウオハ)の名曲「Lei Ho`oheno」。

 



 

こちらの名曲もなんとカイナニ・カハウナエレの書き下ろし。

Weldon Kekauoha(ウェルドン・ケカウオハ)はあの歌声で日本のフラダンサーにも大人気ですので、フラをする方ならおそらく聴いたことがあるはず。

才能豊かなカイナニ・カハウナエレの活躍は今後も期待です。

 

ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞歴>

「Ohai Ula」

2011Haku Mele of the Year、2011Hawaiian Language Performance

「Na'u 'Oe」

2004Female Vocalist of the Year、2004Hawaiian Language Performance of the Year