ハワイとの時差について。時差ボケ解消方法や時差の計算式も紹介しています。

日本とハワイの時差について

日本とハワイの時差は19時間になります。

日本が真夜中の12時の時、ハワイでは早朝の5時になります(計算方法は1日戻りますので、日付は日本時間の前日になります)。

日本での1日が終わり就寝する頃に、ハワイでは新しい朝を迎える頃といった感じでしょうか。

例えば夜の8時くらいに日本を出発すると、約7時間かけてホノルル空港に着きますので、日本時間で計算すると到着時間は夜中の3時です。

一方、現地ハワイの時間は朝の8時で新しい朝のスタートとなるわけです。

ハワイと日本の時差

日本とハワイの時差は19時間。

日本が深夜の24時には、ハワイでは朝の5時で日付も1日戻ります。

もう少し簡単な日付の換算は、日本時間を5時間進めてから日付を1日戻るとハワイ時間になります(日本時間+5時間ー1日=ハワイ時間)。

日本からハワイへのフライト時間は約7時間程度(帰国の便は偏西風の影響で8時間を越えるフライト時間になります)。

ハワイへの旅行はこのフライト時間と時差が体調に影響をします。

日本から19時から22時頃の間に出発したハワイ行きの便は、約7時間後にホノルル空港に到着します。

ハワイの現地時間は朝の7時から10時くらいなのでしょうが、日本時間で考えると深夜の2時から朝方の5時ということになります。

機内で一睡も出来ないのは、徹夜をしたのと一緒です。

それに加えて7時間ものフライトです。

気圧も違うので体への負担がかかり疲れが溜まってしまうのです。

日本とハワイの時差、その計算方法は!

日本とハワイの時差、その計算方法をお伝えします。

計算方法はいたってシンプル!

一度覚えてしまえば、すぐに日本とハワイの時差が分かります。

それではさっそくその計算式です。

日本にいてハワイの時間を知りたいとき

「日本時間+5時間」。

これだけす。

ちなみに日にちは1日前に戻します。

さらに日時を知りたいときの計算式は以下の通りです。

「日本時間+5時間」+「1日戻す」。

以上です。

ハワイにいて日本の時間を知りたいとき

「ハワイ時間-5時間」。

そして日時を知りたいときには、今度は1日進めます。

日時の計算式は以下の通りです。

「ハワイ時間-5時間」+「1日進める」。

以上が日本とハワイの時差の計算方法です。

現地時間から5時間プラスまたはマイナスすれば簡単に計算出きるのです。

「3泊5日」!?「4泊6日」!?

ところで、ハワイ旅行のパンフレットなどを見ていると「3泊5日」ですとか「4泊6日」という表記がされています。

このような旅行日程を見ていると、1日分の宿泊が少ないのでは?と思ってしまうかもしれません。

実はこれも時差が原因なのです。

 

1月1日の成田空港出発の3泊5日のオアフ島旅行で考えてみましょう。

たとえば成田空港を夜に出発すると、ホノルル空港に到着するのが時差の関係で日本時間の出発当日の朝になります。

ここでは、1日分得した気持ちになりますよね。

ここではハワイ時間は1月1日。しかし日本時間は1月2日です。

 

次に帰国です。

帰国の日はハワイを4日目に出発します。

この時ハワイの現時は1月4日で日本は1月5日。

ホノルル空港を午前中から昼くらいの飛行機に乗りますが、この時日本時間は1月5日の深夜から早朝になります。

そして8時間ほどのフライト中に日付変更線を通過しますので飛行機内で機中1泊となり、3泊5日のハワイツアーとなるのです。

そして成田空港への到着が夕方から夜になっているわけです。

 

少しややこしいですね。

ハワイにサマータイムはありますか。

ハワイにサマータイムはありますか。

たまにそんな質問を頂きます。

 

たしかに米国本土には「サマータイム」があります。

 

まずアメリカは国土が広いため、米国本土内で時差があるほど。東海岸と西海岸では3時間の時差があります。

そんな国土の広いアメリカですが、サマータイムは春から秋まで続きます。

そしてそもそもサマータイムとは何かというと、時計を1時間進めることです。

 

この時計の針を1時間進めることにより、日照時間を最大限利用して省エネルギーにつなげましょうという考えから始まったものなのです。

毎年4月の第1日曜日からスタートして、10月の最終日曜日まで続きます。

 

そして本題の「ハワイにサマータイムはありますか!?」という点ですが、ハワイにはサマータイムはありません。

 

なぜ時差ボケになるの?

なぜ時差ボケになるの?

ちょっとした素朴な疑問ですよね。

楽しみなハワイ旅行なのですが、この時差ボケがキツイ人にとっては少し憂鬱な気分になるかもしれませんね。

 

それではこの「時差ボケのメカニズム」について簡単に説明します。

 

まずそもそもの「時差ボケの定義」ですが、「時差ボケ」とはおおよそ3~5時間以上の時差がある地域へジェット機で移動した時に起こる「眠気」「頭痛」「食欲不振」などの体調不良のことを指します。

 

普段ある程度の規則正しい生活をしていると大丈夫なのですが、たとえば一睡もしないで朝方まで起きていた時体調が悪くなったりしませんか?

時差ボケはまさしくこのような状態なのです。

さらに飛行機での移動となると気圧の影響も受けやすく、体調不良が加速するのです。

 

ちなみに「日本→ハワイ」と「ハワイ→日本」では時差ボケの影響が違うと思われませんか?

 

時差ボケは東回り、つまり「日本→ハワイ」の方がツライと言われます。

西回りへの移動は、時差によりいつもより夜が「長く」なります。逆に東回りへの移動は夜が「短く」なります。

 

そのため東回りの移動は時差ボケ症状が若干重くなる傾向があるようです。

 

ツライ!時差ボケ

時差ボケ。

うらやましい事に、まったく時差ボケにならない方もいらっしゃるようです。

一方、時差ボケがキツイ方は、せっかくハワイに到着してもしばらくぼーっとしてしまうといった具合。

 

せっかくですから、ハワイに到着した瞬間から思いっきりエンジョイしたいものです。

 

それでは、少しでもこの時差ボケを防止する方法はないものでしょうか。

 

一番の時差ボケ解消方法は、機内に搭乗したらすぐに寝てしまうことです。

 

もちろん機内食なども全てキャンセルです。

ひたすら眠ります。

成田空港などで事前に食事は済ませておいて、機内では睡眠に集中する。

 

これが出来たら苦労しないのですが。ちなみに私はほとんど寝れません。

 

そもそも、時差ボケは時差が3時間以上の場合におきると言われます。

日本とハワイの時差は19時間(5時間)。当然時差ボケになる可能性は高いのです。

個人的な時差ボケ解消方法

個人的に試してみた時差ボケ解消方法として、飛行機に搭乗する前に、おなかいっぱいに食事をしたりビールを飲んだりしましたがダメでした。

相当重症ですよね。

 

飛行機に乗ってから、軽い睡眠作用のある薬を試してもみたのですが、これもダメでした。

 

せっかくのフライトですし、開き直って「るるぶ」を見ながらハワイ旅行をイメージしたりもしていましたが、やっぱり到着後がキツイ。

 

本当に機内で眠れないのです。

 

いろいろと試した結果なのですが、比較的機内で睡眠をとれたのは、ハワイ出発の前夜に睡眠時間を思いっきり減らす方法でした。

 

これが私の唯一の時差ボケ解消方法です。

 

そうしますとホノルル便が出発する夕方くらいから、良い感じで睡魔が襲ってくるのです。

 

それでもアドレナリンが出ているせいか、機内で熟睡とまでは行きませんでしたが、少しでも眠ることが出来てハワイステイが楽になりました。

 

個人的な時差ボケ解消対策としてはこの方法しかないようです。

 

そして気をつけて頂きたい点がもうひとつ。

ハワイに到着したら、初日はどんなに眠くても夜まで寝ないようにがんばって下さい。

二日目以降の体調に影響しますので一日目はがんばって夜まで起きておきましょう。

オトナ女子旅 in Hawaii (1st Day)