ヘザーブラウン!ハワイを代表するアートの魅力!

ヘザーブラウン。

その人柄とアート、両方に魅力が溢れる女性です。

一目でヘザーブラウンの世界と分かる魅力的なアート、今までに見たことのない世界観にハマりました。

ひょっとしたら彼女の名前を聞いても「だれ!?」と思った方がいるかもしれません。

しかし、どうでしょう?

作品を見たら、「あっ! 知ってる! 見たことある!」という人が多いのでは。

それは彼女のアートは一目見ただけで、ずっと印象に残るほど魅力があるという事なのでしょう。

ヘザーブラウンについて

ヘザーブラウン

生い立ち

 

ヘザーの生い立ちは1973年3月27日アメリカ本土での生まれ、幼少時代をカリフォルニア州で過ごした後、旅行で訪れたハワイに魅了されオアフ島へ移住することになります。

移住した後はハワイ大学に通い、その後サーフィンをしている最中に、アーティストでもある旦那様のクリスと出会いました。

出会いがサーフィンというところがステキです。

当時のヘザーはダイビングインストラクターとして生計を立てていたのですが、クリスの影響でもともと興味のあった絵を描き始めます。

 

ヘザーブラウンがアートに本格的にのめり込んだキッカケは今の旦那様のクリスさんの影響によるものなんですね。

今こうして彼女のアートを楽しめるのは、クリスさんのおかげでもあるわけです。

運命の出会い

 

そして絵を描き始めるようになるとその才能のが一気に爆発、すぐに注目を集めることとなります。

そしてその注目を集めるキッカケとなったのが、あの世界的に有名なハワイ出身のミュージシャンであるジャックジョンソンによるもの。

ジャックジョンソン主催の、ハワイ最大のミュージックフェスティバルでもある「コクアフェスティバル」のメインポスターを手掛けるチャンスを得たのです。

 

ジャックジョンソンといえば、世界的な有名なミュージシャンでたくさんの人に影響力のある人物です。

とくにサーフミュージックの第一人者とされているせいか、ヘザーブラウンの人気はまずはサーファー中心に広がったのです。

 

【ジャックジョンソンおすすめアルバム】

 

【ジャックジョンソン特集記事】

ジャック・ジョンソン!サーフミュージックの第一人者でプロ級のサーファー!!

そのポスターは大好評で、一気に「ヘザー・ブラウン」の名前が広く知れ渡ることとなったのです。

このような幸運な運命によって、彼女のアーティストとしての人生が順調にスタートしたのです。

下はコクアフェスティバルで、ヘザーブラウンのポスターの前でマイクパフォーマンスをしているジャックジョンソン。

ヘザーブラウン

ヘザーブラウンの世界

 

ヘザーブラウンのアートは「世界中のハワイを愛する人々」をはじめたくさんの人を魅了していきます。

部屋の片隅にヘザーブラウンのアート(作品)が飾ってあるだけで、その部屋全体の雰囲気を変えてしまうほどパワーを持っているように思えませんか。

南国の花であるハイビスカス、かわいらしいプルメリア、そしてビーチ、それらの風景がカラフルに彩られていて見ているだけで楽しくなってきます。

上のアート(作品)はいかがでしょう。

みなさんはどのようなイメージでしょうか。

カラフルなイメージだけでなく、たとえばブルー系のグラデーションで表現された波のアートからは、ハワイのマナを感じませんか。

ヘザーブラウンのアート(作品)には、そのステキなデザインとハワイの自然と文化をも感じてしまうのです。

メジャーアーティストに

 

しかし、ヘザーの活躍ぶりには本当に驚かされますよね。

たとえば2012年にはJALパックの協賛のもと、なんと2階建てバスをヘザーのアートでラッピングしてしまいました。

ジャルパックのツアーでハワイ旅行すれば、ヘザー・ブラウンの2階建てバス「レインボースカイ」を利用出来たようですね。

ヘザーブラウン

オアフ島でのラッピングされたトロリーバスは本当に印象的でしたし、ヘザーがメジャーなアーティストになったことを実感しました。

その活躍は「Rip Curl(リップカール)」とのコラボレーションをはじめ、ほかにも数えたらキリが無いほど多方面で活躍をしています。

ちなみに下のアートは2018年の「Rip Curl」とのコラボレーション作品です。

ヘザーブラウン

ハワイを代表するアーティスト

 

ハワイを代表するアーティストとなったヘザーですが、このような活躍が目立つ一方で、じつは海をこよなく愛するなナチュラル指向のサーファーでもあります。

海や自然を愛し、サンゴ礁の自然保護活動にも積極的に参加しています。

日焼けした肌に飾り気のないフレンドリーな笑顔が魅了的なヘザーブラウン。

特に女性からの支持が高く、世界的なサーフカルチャームーブメントのど真ん中にいるヘザーにこれからも目が離せません。

1) LA紙によるハワイのベストアーティスト3年連続受賞 (2008-2012)

2) Woman’s Pipeline Pro デザイン担当 (2008-2011)

3) Van’s Triple Crown デザイン担当 (2008)

"Most of my inspiration comes from my love for the sea, nature, popular surf breaks,and the beauty of the Hawaiian Islands." - H.Brown

 

みんなの声「ヘザーブラウンのここが好き!」

 

みんなの思う「ヘザーのここが好き!」についての一言コメントを紹介します。

みんなの声・レビューについて

 

まるでステンドグラスのよう(23歳女性 ★★★★★)

「ステンドグラスのよう」という例えは、たしかにヘザーブラウンらしさをうまく比喩してますよね。
iphoneケースもヘザーにしてます!友達も興味あるみたい(17歳女性 ★★★★★)

部屋のフンイキがガラリと変わりました(26歳女性 ★★★★★)

このようなお声は本当に多かったですね。リビングだけでなくポーチやトイレなどにも飾っている人が多いようです。
一度目にすると忘れられない。すごいインパクトがありました(23歳女性 ★★★★★)

リビングにヘザーブラウンのジグレーがあるのですが、主人もすごく気に入ってます(31歳女性 ★★★★★)

ハワイのお土産に一枚買ってきたのですが、今でもとても大切にしていて部屋に飾っています(34歳女性 ★★★★★)

新宿の高島屋でヘザーに会いました。笑顔がかわいくてとてもチャーミングな方で、ますますファンになりました(28歳女性 ★★★★★)

ヘザーは何回も来日していますが、ヘザーに会った人はほぼ全員彼女の人柄に惹かれて、ますます大ファンになる方が多いようです。
友人から新築祝いに頂いたのがヘザーの絵。私も主人もすごく気に入ってます(26歳女性 ★★★★★)

ハワイで見た時、一瞬で惚れ込みすごく欲しかったのですが購入せずに帰国しました。帰国後、案の定大後悔です。どうしても欲しくてたまらなくなって、GREENROOM GALLERY Kamakuraで小さいのを一枚購入しました。大満足です(26歳男性 ★★★★★)

このような方もすごく多くいらっしゃいます。ハワイ旅行でふと見つけたヘザーの絵。すごく気になるのですが、なんとなく買いそびれて帰国。しかし、帰国後もどうしても忘れられなくて、ネットで購入!このようなケースの話しを本当によく聞きます。

私のヘザーブラウン体験談

 

ヘザーブラウンのアート、はじめて見たのはいつだったか思い出せません。

何度か見かけるようになって、そのたびにどんどんヘザーのアートが頭から離れなくなって行きました。

そしていつもヘザーを感じていたいと思い、部屋にハワイのお土産で買ってきたヘザーのアートを飾り始めました。

ヘザーの作品を飾った事で、驚くほどに部屋の雰囲気がガラリと変わって、明るくなったのです。

それ以来ハワイに出かけるたびに作品を集め始めました。

ぜひみなさんにも味わって欲しいと思います、お部屋の雰囲気がとっても明るくなりますよ。

日本でもアートは購入出来ますが、ハワイ旅行の計画がある方はぜひ現地でゲットしてみてはいかがでしょうか。

長く愛用出来る、最高の「ハワイ土産」になるはずです。

ちなみにこちらは、私が購入したヘザーブラウン・コレクションです。

Haleiwa Wa'a

ヘザーブラウン ハレイワ

Waikiki

ヘザーブラウンの代表作ワイキキ

Glassy Green

ヘザーブラウンのグラッシーグリーン

Hawaiian Winter

ヘザーブラウンの傑作ハワイアンウィンター

現在のヘザーブラウンの作品の全てが分かる「公式(英語版)」のヘザーブラウン・オフィシャルサイトです。

ぜひご参考にしてみてください!!

Heather Brown Official (英語版)

 

うれしい偶然「えっ!ヘザーがいる!」

 

じつはハワイ旅行でハレイワを訪れたときに

偶然にもヘザーブランと会えた

のです。

ハワイでは意外にも色々な場所で有名な方と出くわすので、あまりいつもは驚かないのですが、今回は嬉しさとオドロキがかさなり、ちょっとハイテンションにもなりました。

ちなみに今まで驚いた有名人との出会いは、マウイ島からオアフ島へ向かうハワイアンエアラインの機内でした。

偶然にも

通路を挟んでケアリイ・レイシェルが座っていた時

でしょうか。

 

ケアリイレイシェル ケアリイ・レイシェル!ハワイアンミュージックの第1人者

ケアリイレイシェル

その時のケアリイは、この写真にあるのとまったく同じの最高の笑顔で一緒に記念撮影をしてくれました。

マウイからホノルルまでの短いフライトでしたが、そのあいだ色々と気さくに話しをしてくれました。

ますますファンになってしまいました。

もともとハワイアンミュージックに興味を持ったのは、ケアリイレイシェルの「アカカフオールズ」がキッカケでした。

それからドップリとハワイアンミュージックにハマったのですが、そのキッカケになった憧れのミュージシャン。

本当に偶然に感謝しました。

 

そして今回のヘザーとの出会い。

本当にうれしかったです!

そのときの模様をブログで紹介してありますので、ちょっと紹介させてください。

 

感激!ヘザーブラウンに会えた!

ハレイワ・ビーチ・パークに到着!

 

本日は毎年7月の第7土曜・日曜にオアフ島のノースショアで開催される「ハレイワ・アート・フェスティバル」へやってきました。

ローカル、ツーリストの人達がたくさん遊びにきています。

ハレイワの地元アーティストなどのクラフト・販売などが行われ、フラなどのイベントやフードブースも盛りだくさん。

ハレイワ・アート・フェスティバルが開催されている土日はハレイワビーチパークやアリィビーチなど、ハレイワタウンがかなり賑わいを見せます。

そして今回このフェスティバルにやって来た一番の目的は、昔からの友人に再会する事。

じつはこのフェスティバルのステージに、

昔からの友人であるハワイアン・ミュージシャン、ケアレが出演する

と聞き楽しみにやってきたのでした。

 

ケアレ(Walt Keale) ケアレ(Walt Keale)。伝説的ミュージシャンのIZ(イズ)、Skippy(スキッピー)が親せきの音楽ファミリー!

ヘザーブラウンの絵にチョ~感動!

 

そして今回ハレイワ・ビーチ・パークに来たもうひとつの目的は、ヘザーブラウンのギャラリーが出店していたから。

ハワイのお土産に、大好きなヘザーブラウンの絵を何枚か購入する予定だったのです。

日本にいる時から、「あの絵が欲しい!」「あれはジグレーであったら欲しいな」とあれこれと楽しみにしていたのです。

お店は小さなテントでの出店ですが、「1枚しか存在しない手書きのアート」から「人気のジクレー」まで種類が豊富で、めちゃくちゃテンションが上がっていました。

ヘザーブラウン

お手頃価格のアートプリントは、種類も枚数もかなり豊富に用意されていました。

「やっぱり、来てよかった!」

まずはお手頃価格のアートプリントを数枚選ぼうとテントを一周。

すると、ナント!

ヘザーブラウンがレジに座っている

ではないですか!!

ゴールドのヘアにキャップ帽、日焼けした肌にフレンドリーな笑顔はまぎれもなくヘザーブラウン。

驚きと感動でした!

受付のスタッフによると、購入したアートには直筆のサイン、そして記念写真まで一緒にとってもらえると聞き、ますますテンションがMAXまで上がってしまいました。

そして気に入ったアートプリントを2枚購入。

しかしリビングに飾る予定のジクレー版画が気に入った作品、サイズがありません。

「どうしよう。どうしても欲しかったのに。」

そのことをスタッフにたずねると、欲しかった新作ジグレーがノースショア・マーケットプレイスのワイランド・ギャラリーにあるとのこと。

ここは迷わず車を飛ばして、ワイランド・ギャラリーに移動。一目見て気に入りました!

そしてお目当てのジグレーを購入した後、ナント「38×110センチ」の大きなジクレー版画を車でまたハレイワ・ビーチパークへ運びました。

そして、その場でヘザーにサインをしてもらい、購入したばかりのジグレーを手に記念写真をとってもらいました。

写真撮影のあと、それをまたワイランドギャラリーに運び、日本への配送手続きを終えたのです。

苦労して手に入れたサイン入りのアートは、購入から一か月後に我が家のリビングルームをアロハな空間へと変身させてくれました。

大変面倒なことをしましたが、素敵な思い出とおみやげになりました。

オアフ島満喫!4泊6日のハワイ旅行 二日目2 オアフ島満喫!4泊6日のハワイ旅行 二日目2

 

ヘザーブラウンの今

ヘザーブラウン

オアフ島からカイルア島へ

 

2016年の3月から拠点をオアフ島ノースショアからカウアイ島のプリンスヴィルへ引っ越しをされました。

ハワイ主要8島の中で最も歴史が古く、手つかずの雄大な自然が溢れているのが、ここカウアイ島。

そしてここカウアイ島での暮らしは、毎日暗いうちに起きて1日がスタート。

まずは近所のビクラムヨガに通って、そのあとは波次第でハナレイ・ベイでサーフィンをしたりするそうです。サーフィンの後にはアートの制作に取り掛かるそうです。

なんて素晴らしい毎日なんでしょう。

「ガーデン・アイランド(庭園の島)」と呼ばれるカウアイ島とヘザーブラウン。

この組み合わせ、どこか最強の「マナ」を感じませんか?

ヘザーブラウン

カウアイ島は最愛の夫であるクリスが20年以上暮らしていたらしく、かつてヘザーもクリスと付き合っているときに1年ほど暮らした想い出の島。

ワイキキのポップスでサーフィンをしているときに出会った二人。

やはり自然に溢れた環境がピッタリと似合いますね。

オアフ島にいた時も、もちろんステキな作品をたくさん輩出されてきました。

そして今は、ここカウアイ島で感じる自然のエネルギーによって、今後のヘザーブラウン・アートにどのような影響を与えていくのか今から楽しみで仕方ありません。

新しい「ヘザーブラウンの世界観」を見る事があるかもしれませんね。

ヘザーブラウン

ヘザーブラウン・インタビュー

 

さて、ヘザーブラウンの作品についてはみなさんご存知でしょうが、この素晴らしいアートを創り上げているご本人の人柄はどんな感じなのでしょうか。

ここではインタビュー動画をいくつか紹介させて頂きます。

みなさんの想う通りのステキな人柄を感じることが出来る事と思います。









 

ハワイでヘザーブラウンを買いたい

ヘザーブラウン・アート

せっかくヘザーブラウンを買うなら、今度のハワイ旅行でゲットしたい!

私もその考えに大賛成です。

もしハワイに行く機会があったなら、ぜひ現地のかつてヘザーが住んでいたノースショア・ハレイワのお店で買ってみたらいかがでしょう。

一生のハワイの思い出として残るのではないでしょうか。

おすすめのお店は、ハレイワにあるノースショア・マーケットプレイスにあるワイランド・ギャラリー

店名にギャラリーとついていますが、もちろん購入も出来ます。

店内には多くのローカル・アーティストたちの作品が展示されていて、

ヘザーブラウンやクラークリトルの作品に出会える!

のです。

 

クラークリトル クラークリトルの世界、臨場感のあるパワフルな波を感じられます!

ヘザーブラウン・アート

たくさんのアーティストの作品はどれもステキで、いろいろ欲しくなります。

ちょっとお値段が張る作品が多いですが、一生ものの宝物になるはず。

じっくりと考えて、お宝をゲットしてみるのも良いですよね。

またこちらで購入した商品は、日本へ空輸をしてくれますので、持ち帰りを心配することはありません。

またノースショアまで行けない場合でも、ワイキキでヘザーブラウンを取り扱っているお店はあるので、そちらも是非チェックしてみてはいかがでしょう。

 

Wyland Galleries(ワイランド・ギャラリー)

ヘザーブラウン

66-250 Kamehameha Hwy. Haleiwa(ノースショアマーケットプレイス内)
電話 (808)637-7498
営業時間 10:00AM-7:00PM

ヘザーブラウン

ハワイ8島でヘザーブラウンを買えるお店(英語)

Oahu

Greenroom Gallery - Sheraton - Waikiki, HI
Wyland Gallery - Waikiki, HI
Island Treasures - Kailua, HI
Wyland Gallery - North Shore Marketplace - Hale'iwa, HI
Global Creations - Hale'iwa, HI
Surf Garage - Honolulu, HI
Martin & MacArthur - Ward Center - Honolulu, HI
Martin & MacArthur - Hilton Hawaiian Village - Waikiki, HI
Martin & MacArthur - Moana Surfrider - Waikiki, HI
Martin & MacArthur - Outrigger Reef Waikiki, HI
Global Village - Kailua, HI
Hale'iwa Surf N Sea - Hale'iwa, HI
North Shore Watershed - Turtle Bay, Oahu
Magnolia - Honolulu, HI
Down to Earth - Kapolei, HI
Down to Earth - Kakaako, HI

Maui

Maui’s Beach House - Lahaina, HI
By the Bay - Paia, HI
Nectar Creations - Paia, HI
Nahiku Ti Gallery - Hana, Maui
Martin & MacArthur - Wailea, HI
Martin & MacArthur - Whalers Village, HI
Down to Earth - Kahului, HI
Second Wind Maui - Kahului, HI
Kaukini Gallery - Wailuku, HI

Big Island

Kona Oceanfront Gallery - Kailua-Kona, HI
Genesis Gallery - Waikoloa, HI
Aesthetic Hawaii - King Shops - Waikoloa, HI
Jams World Mauna Lani - Kamuela, HI
Martin & MacArthur - King's Shops, Waikoloa Village, HI
Treasure Island Gallery - Kona Shopping Village, Kailua-Kona, HI
Persimmon - Queens' Market Place, Waikoloa, HI
Aloha Man - Hawi, HI
Kona Coffee Cafe - Kailua-Kona, HI

Kauai

A.EII Atelier - Kapaa, HI
The Bright Side Gallery - Hanapepe, HI
Martin & MacArthur - Grand Hyatt - Koloa (Poipu),HI
Martin & MacArthur - Kukui'ula Village Shopping Center
Pualani Hanalei - Hanalei, HI
The Collection at the Cafe - Kalaheo, HI

 

FAQ ヘザーブラウン作品について(英語)

Q) What is a Giclee?

A) "Giclee" print is a high quality, fade resistant, archival-grade reproduction of an original artwork. Giclees can be printed on various media such as canvas and paper.

Q) What is a Matted Print on paper?

A) matted print on paper is an open edition reproduction of an original painting on 100% recycled sugar cane paper and printed with high quality inks. These prints are then mounted on a firm backing and held in place by a mat board and include Heather Brown's signature on the mat.

Q)What is a “Limited Edition” print?

A) “Limited Edition” print, also known as an "LE," is a reproduction that is restricted in the number of copies produced. These editions are regulated under state consumer protection laws in order to ensure each print in its edition is accounted for.

Q)What is an “Artist Proof” print?

A) “Artist Proof” print, also known as an "AP," is an exclusive giclee print that is numbered outside of the original edition size, where traditionally only 25 Artist Proof canvases are offered per title. Each AP is signed and numbered (front and back) by the artist, gallery wrapped, and hand highlighted to give the canvas a special luster and texture similar to that on the original painting. It also comes with a Certificate of Authenticity (COA) that give the details of the piece.

 

日本で買えるヘザーブラウンのお店

 

ハワイに行きたいのだけど、しばらく行けない!でもヘザーが欲しい。

そしてどうせ買うなら、やっぱり実物を見てから買いたい。

そんな方のために、日本でヘザーが買えるお店を紹介します。

Greenroom Gallery

 

日本でヘザーブラウンを買うなら、まずおすすめしたいのが「Greenroom Gallery」。

ワイキキ、アラモアナにも店舗があるGreenroom Galleryは、日本国内にもいろいろと店舗がありますので紹介します。

 

GREENROOM GALLERY Yokohama

神奈川県横浜市中区新港1-3-1 MARINE & WALK YOKOHAMA 1F
Tel.045-319-4703
Open.11:00 - 20:00

 

GREENROOM GALLERY Kamakura

神奈川県鎌倉市長谷1-15-3
Tel.0467-33-5026
Open.10:00 - 18:00

GREENROOM GALLERY Daiba

東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ5F
Tel.03-6426-0565
Open.10:00 - 21:00

GREENROOM GALLERY Hiratsuka

神奈川県平塚市天沼10-1 ららぽーと湘南平塚2F
Tel.0463-79-5023
Open.10:00 - 21:00

GREENROOM GALLERY Fukuoka

福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1 MARK IS 福岡ももち 2F
Tel.092-836-6350
Open.10:00 - 21:00

ヘザーブラウン・ギャラリー

 

ヘザーブラウン・ギャラリー(東京)

〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13-6
Tel. 03-6809-0834 Fax. 03-6809-0834
平日/12:00~20:00 土日/11:00~19:00
※定休日:年中無休 (夏季・年末年始を除く)
アクセス/東急東横線「代官山」徒歩3分、JR山手線「恵比寿」徒歩8分

代官山店・閉店のお知らせ
ヘザーブラウンギャラリーが2018年8月を持ちまして閉店することになりました。
とても残念です。
ヘザーブラウン・ギャラリー(大阪)については、お店はそのまま運営されるようなので、ちょっとひと安心です。
以下がヘザーブラウンギャラリー「blog」からのお知らせになります。

 

ヘザーブラウン・ギャラリー(大阪)

〒530-0043 大阪市北区天満3-1-2 TSビル1F&B1F
Tel. 06-6809-3034 Fax. 06-6809-3034
平日/12:00~20:00 土日/11:00~19:00
※定休日:年中無休 (夏季・年末年始を除く)
アクセス/谷町線「天満橋」徒歩6分、京阪本線「天満橋」徒歩6分

全国の取り扱い店舗

 

その他にも全国のいろいろなお店でヘザーブラウンを取り扱っています。

主だったお店を紹介しますが、商品の在庫などについては直接各店舗へお問い合わせください。

WTW AOYAMA
〒107-0062 東京都港区南青山6-3-15
Tel.03-5468-2560

WTW FUTAKOTAMAGAWA
〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1
二子玉川RISEショッピングセンターステーションマーケット1F
Tel.03-5797-5025

WTW MOTOMACHI
〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通2-4-13-1F
Tel.078-335-2360

BALS TOKYO NAKAMEGURO in shop WTW
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-10-21 BALS STORE1F・2F
Tel.03-5773-5500

BALS TOKYO SHINJUKU in shop WTW
〒151-8580東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ8F
Tel.03-5919-0588

カリフォルニア工務店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-24-1
Tel.03-6459-5071

DEAR BY ARK
〒320-0035 栃木県宇都宮市伝馬町3-24
Tel.028-633-6039

Pier Lounge by ARK 越谷店
〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン4丁目2番地2 Kaze(店舗No:224)
Tel.048-940-6675

DEAD・KOOKS SHONAN
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬5-13-19
Tel.0466-65-1222

湘南T-SITE
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1湘南T-SITE2号館1F 蔦屋書店
Tel.0466-31-1510

株式会社フォーサイト
〒136-0075 東京都江東区新砂1-12-39 日本通運新砂支店 新砂2号倉庫3F
Tel.03-6666-4415

Charlotte 渋谷店
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-12-8
Tel.03-3462-1001

Charlotte 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-18-2
Tel.03-5363-3181

Chalrotte 横浜店
〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1−25−1−2F
Tel.045-914-7602

Chalrotte 千葉店
〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町1000番地オーロラモールジュンヌ1F
Tel.043-238-2022

Chalrotte 金沢店
〒920-0849 石川県金沢市堀川新町3-1金沢フォーラス3F
Tel.076-231-8604

Charlotte 名古屋店
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-15-13 セントラルパーク内
Tel.052-957-5377

Chalrotte 大阪店
〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3-1-3
Tel.06-6151-1451

Charlotte天神店
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-11天神コアB2F
Tel.092-738-7122

surf & cafe Wave Lunch
〒933-0133 富山県高岡市太田4764-4 松太枝浜海水浴場内
Tel.0766-44-1173

GENERAL STORE by PORT
〒980-0211 仙台市青葉区中央1-1-1 S-PAL 3階
Tel.022-797-7970

BARREL SURF
〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町1-1-6シティヒルズ朝倉103
Tel. 027-261-6141

EARTH
〒240-0023 神奈川県横浜市保土ヶ谷区岩井町86-15
Tel.045-713-2767

ジャックオーシャンスポーツ
〒421-0422 静岡県 牧之原市 静波 2308-4
Tel.0548-22-1563

エビンサーフ
〒465-0018 愛知県 名古屋市名東区八前1-801ライオンビル1F
Tel.052-772-2904

ハニー珈琲糸島
〒819-1303 福岡県糸島市志摩野北2186-1
Tel.092-327-2567

Café& Surf CASA9
〒802-0061 福岡県北九州市小倉北区三郎丸3-16-1
Tel.093-922-3212

Sleeping Beauty
〒600-8032 京都府京都市下京区寺町通綾小路下る中之町573
Tel.075-351-0816

Café Paani
〒517-0506 三重県志摩市阿児町国府1716-1
Tel.0599-47-5233

LanaiKulani
〒790-0004 愛媛県松山市大街道3-8-25
Tel.089-968-1607

DESLIE
〒906-0013 沖縄県宮古島市平良字下里572
Tel.0980-73-4076

Café Casa
〒904-2162 沖縄県沖縄市海邦2-7-12
Tel.098-939-2457

一枚は欲しくなる魅惑のアート

ヘザーのプリントが部屋に一枚あるだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わります。

ぜひヘザーのアートに少しでも興味を持って頂いた方には、一枚はゲットして頂きたいところです。

そして購入したらすぐに部屋に飾ってみてください。

部屋のフンイキがガラリと変わって一気に明るくなります。気持ちまで明るくなってくるから不思議です。

それほどまでにインパクトがあるのがヘザーのアートなのです。

この1枚のアートで、一年を通して明るい気分になれるなんて、本当にすばらしい。

ヘザーの魅力を再認識しましたら、いろいろな場所に飾ると良いかもしれません。

おそらくまず最初の一枚は、リビングやみなさん専用の部屋に飾ることでしょう。

そしてその魅力に取りつかれたなら、次の一枚を玄関、またはダイニング、はたまたトイレなんかも良いかもしれません。

このようにみなさんが気になるところにヘザー作品が溢れていたら、それこそ家の中は一年中ハワイを感じられるのではないでしょうか。

 

みんなの声
ある時体調を崩し病院に出かけたのですが、待合室でぼーっとしているとナントそこにはヘザーのプリントが。
具合いが悪かったのですが、なぜかその時はホッとした気持ちにさせてもらったのを覚えています。
ヘザーのパワーを実感しました。

フレームで何倍もステキになります

ヘザーの絵を何倍にも素敵にするのがフレーム。お部屋の雰囲気にあわせてお選びください。

ヘザー作品の魅力を何倍にも際立たせるのが、このフレームではないでしょうか。

じつはこのフレーム、ヘザーの旦那様のクリスの作品なのです。

クリスはヘザーのアートにベストなフレームをリサイクルの原料から手作りしているのです。

ヘザーブラウン

そしてクリスさんはマルチな才能を発揮していて、なんとハワイ初のスケートボードの会社を立ち上げたりもしました。

スケートボードのデザインも様々で、もちろんその中にはヘザーのプリント柄のボードもありました。この会社の立ち上げが2013年ですので、今どのような活動を行っているかは定かではありませんので、スケボーに興味がある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

やさしさが滲み出ているような素敵な方ですよね。

そしてヘザーのアートにクリスのフレーム、実生活と同じようにまさしく最高の相性です。

 

みんなの声
絵の雰囲気にあわせての額選びが最高に楽しみです。どんな組み合わせがインテリアに合うのだろう!?考えているだけでも楽しくなります。

iphoneケースも魅力です

人気のがiphoneケース。こちらも大人気のアイテムとなっています。

電車の中などで、「おっ、おしゃれな感じのケースだな!」と思うと「ヘザーブラウンのiphoneケースだった!」なんてことがあります。

しかしこれは個人的な見解なのですが、ヘザーのiphoneケースをしている女性って(ほとんど100%女性です)、どこかアクティブな感じと健康的なイメージでステキな女性に見えるのですが、これは気のせいでしょうか。

これは私自信がヘザーブラウン本人のライフスタイルや人柄を知っているから、勝手にそう思ってしまうのでしょうか。

それともiphoneケースをお持ちの女性の方々も、そのヘザーの人柄やライフスタイルに魅了、または共感しているので、自然とステキな生き方をしているので魅力的に見えてしまうのでしょうか?

なんとも不思議な現象です。

 

みんなの声
ヘザーブラウンのiPhoneケース。
それがとっても素敵で印象的に見えたことがありました。
場所はカカアコ。カフェでくつろいでいたのですが、たまたま目に入った女の子、ローカルの学生でした。
カフェでiPhoneをじっと見つめていたのですが、その時のケースがヘザーブラウン。
笑顔でスマホとにらめっこをしていたのですが、その表情とヘザーのアートがとてもマッチして、ほんの一瞬の出来事でしたが、とても印象的でした。

 

【まとめ】ヘザーブラウンの魅力について考える

 

いかがでしたでしょうか、ヘザーブラウンの特集をして来ましたが、最後にまとめとしてあらためてヘザーの魅力について考えてみました。

ヘザーブラウン ハワイ 絵画

いつまでも色褪せない魅力

 

ヘザーの魅力に取りつかれ始めたときには、正直に言って「いつか飽きるのかな!?」と考えたりもしていました。

そんな考えもあったものですから、毎年恒例のハワイ旅行でも毎回ヘザーの作品を買っていたわけでは無いのです。

「ひょっとしたらすぐに飾らなくなるかもしれないし!」

こんな感じで購入を控えていた時期もありました。

しかし不思議となかなかヘザーに対する興味が失せるどころか、毎年毎年興味が膨らんでいるのです。

これって自分の「飽きっぽい性格」からすると、相当稀なパターンです。

つまりこの飽きっぽい自分の性格さえも上回るヘザーの作品はホンモノ中のホンモノと言えるのかもしれません(すみません、偉そうに)。

 

ヘザーブラウンと葛飾北斎

 

そこで長い歴史において、人々の心に残り続ける芸術とヘザーブラウンを比較してみたのですが、そこで意外な発見をしたのです。

これはあくまで自分だけの感覚かもしれません。

しかしあの名芸術家である江戸時代後期の浮世絵師「葛飾北斎」とヘザーのアートってどことなく似た雰囲気を感じませんか?(すみません、私自身は本当に芸術について語る資格は無い者です)

ちょっと見比べてみましょう。

下は神奈川沖を描いた「冨嶽三十六景」。

さすがゴッホ・セザンヌ・モネといった大物画家やドピュッシーのような大物音楽家に多大なる影響を与えた人物だけあります。

そして次がヘザーの作品。

いかがでしょう。

はるか400年前の作品と現代芸術を比較すること自体に無理がありますが、現世に当時の江戸時代の女性浮世絵師が蘇ったとしたら、ヘザーのような大胆な色合いの作品に仕上げたのではないでしょうか。

作品のテーマとなる題材や作品にみなぎる躍動感、またその躍動感を際立たせるような色使い、どうしても二人の作品に共通項のようなものがあるような気がしています。

みなさんはいかがお考えでしょう。

いづれにせよ、ヘザーの作品が奥深い魅力があることについては間違いありません。

これからもヘザーブラウンを応援していきたく思います!

 

"Most of my inspiration comes from my love for the sea, nature, popular surf breaks,
and the beauty of the Hawaiian Islands." - H.Brown

Growing up in a family of artists and artisans in Southern California, Heather Brown found her passions in both art and nature at a very early age. Later, working as a boat captain and dive master to put herself through the Bachelors of Fine Arts program at The University of Hawaiʻi gave Heather Brown the perfect vantage point to fill her head with the beautiful imagery of the Hawaiian Islands. Heather Brown honed her artistic skills as a student at the University, focusing primarily on the "lost arts" of intaglio printmaking, silkscreen printing, linocuts, woodcuts, and etchings which explains where her iconic style was born and bred.

Heather Brown has made it her life's work to capture the true essence of the most beautiful beaches, surf breaks, and locales in Hawaiʻi and around the world. She has been coined the "Godmother of Modern Surf Art" by the Los Angeles Times. Heather Brown’s art has become a benchmark in the global surf art market, finding its way into collector’s homes around the world.

Throughout Heather Brown’s career she’s been named "Best Artist In Hawaiʻi" for four consecutive years, and chosen as Rip Curl’s "Artist of the Search" for the past five years now garnering her own clothing line "Heather Brown for Rip Curl." She has created art for The Vans Triple Crown of Surfing, Jack Johnson’s Kōkua Festival, The Surfrider Foundation and many more as well as opening up Heather Brown Galleries in Tokyo, and Osaka Japan. She continues to work with numerous non-profits around the world, always keeping "giving back" extremely close to her heart.

"I have always only had one goal in mind when creating art since I was very young and it has never changed, I just want to make art that brings smiles to peoples faces and Aloha to their hearts." - H. Brown

Heather Brown’s art can be seen in galleries around the world, as well as in some of the most elite private collections of fellow artists, musicians, professional athletes, Hollywood’s finest, and happy homes in every corner of the globe. All pieces are painted and printed in the paradise of Hawai’i!

ヘザーブラウン・アート