ハワイのデュークについて知っていますか?

ハワイの英雄デューク

ワイキキ近辺カラカウア通りを散歩していると、デューク・カハナモクの銅像に出会えます!

いつもたくさんの観光客がデュークとの記念写真を撮ろうと、順番待ちをする程の人気の観光スポットです。

青い空とまぶしいばかりのワイキキビーチ、そしてそこにあるデューク像が本当に絵になります。

デューク像の前はそれこそ数え切れないほど歩いていますが、いつも横目でデュークのことを確認しています。

そして何度でも記念撮影をしたくなる不思議な場所でもあります。

しかし、意外にも多くの人がデュークについて「何をした人なの?」といった感じでデュークのことを知らないらしいのです。

今回はぜひみなさんに覚えていてもらいたい、ハワイの英雄デュークについて紹介します。

デュークについてもっと知ろう!

デューク・カハナモクは1890年オアフ島に生まれたハワイアン。

1912年のオリンピック水泳100メートル自由形で金メダル、1920年のオリンピックでも100メートル自由形で金メダル、1924年オリンピックでは100メートル自由形で銀メダルを獲得するほどのアスリートだったのです。

これだけでもすごい偉業ですよね。

「近代サーフィンの父」としても有名で、サーフィンの楽しさを全世界に広めたのもデュークでした。

まさしく、ミスターウォーターマンといったところでしょう。

また、引退後はハワイの親善大使として活躍しました。

デューク像と記念写真!

1990年に「デューク生誕100年」を記念してワイキキビーチに銅像が建てられました。

意外に最近の話しなのですね。

そしてデューク像には、いつもレイが捧げられています。

デュークにレイがまた似合うんです!

ハワイの人々に尊敬され、愛され続けているスーパーヒーロー。

両手を広げた精悍な姿のデューク像は、今日もワイキキを温かく見守っています。

ツーリストの私達には「ワイキキへようこそ!」と言ってくれているようです。

ワイキキに着いたら、まずはデュークと記念写真を撮りましょう!

ここでの記念写真は鉄板コースではありますが、その価値はあります!