コニシキ(小錦)!ハワイを代表する有名人、その魅力に迫ります!

コニシキ(小錦)さん。

気が優しくて力持ち。そしてとっても明るいハワイアン。

コニシキ(小錦)さんは、どんなに辛い事があっても笑顔で乗り切れる強さを感じる一方で、まわりの人たちにはイヤな顔ひとつせずにサポートをしてくれそうです。

相撲では一時代を築いて、その後もタレントとして大活躍。ハワイアンを歌わせたら、まさしくあの広大な自然を思い起こさせるほどの歌唱力。

いつまでも、そんなコニシキ(小錦)さんを応援しています!

コニシキ(小錦)さん日本へ

 

コニシキさんとナナクリ

 

ハワイの有名人と聞かれたら、イチバンに思い出すのがコニシキ(小錦)さん。

コニシキ(小錦)さんは、ハワイ出身で有名ですが、じつはオアフ島のあまり裕福とはいえない地区「ナナクリ」の出身。

ハワイ好きな方でも「ナナクリ」と聞いても、どこにあるのかピンと来ないのでは。

ナナクリは、オアフ島のワイアナエ地区にあり、人口は約12,000人のエリア。オアフ島西岸のワイアナエ・コーストでは、最大の町です。

また、ネイティブ・ハワイアンの血を引く人が多く住む町としても知られていて、おそらくみなさんが知るハワイとはまったく雰囲気も違う場所かもしれません。

治安もあまり良くないので、ツーリストが気軽な気持ちで近寄るのは止めておいたほうが良いかもしれません。

とくに日が暮れた後ですとか、93号線というメイン通りから横道に入るですとか、公園などにもなるべく気をつけたほうが良いと思います。

ナナクリビーチというとてもすばらしいビーチもあるのですが、海岸線にはたくさんのテントを張って生活している人がいるので、やはりあまり近寄らないほうが良いかもしれません。

コニシキさん、ワイキキへ!

 

ナナクリで幼少から中学生になるまで過ごしたコニシキ(小錦)さんです。

じつは高校生になるまではコニシキ(小錦)さんは地元のナナクリを出たことがありませんでした。

高校は、ハワイ大学付属高校へ進学する事になり、それをきっかけにワイキキに通うようになります。

その時、はじめてワイキキに行き、ワイキキと地元のナナクリとのあまりの格差に

遠い外国に来たのかと思った

と驚いたと、当時を回想しています。

ワイキキエリアで見た高いビルに相当驚いたようです。

それはそうですよね、ナナクリにはいっさい高層ビルが無いのですから、驚いて当然かもしれません。

高校時代はアメリカンフットボールに熱中しながら、将来は弁護士になりたいという夢を持つ優秀な学生だったそうです。

そんなコニシキ(小錦)さんに転機が訪れます。

 

日本で相撲に挑戦!

来日当初

 

ハワイ出身の元力士・高見山にスカウトされたことがきっかけで、弁護士の夢を諦め相撲部屋に入門することとなります。

わざわざ見知らぬ国の日本へ来日して相撲部屋へ入門した理由は、

早くお金を稼いで両親を楽にしてあげたかった

からだそうです。

コニシキ(小錦)さんの人柄が出てますよね。

このような考え方が出来る人だからこそ、ファンのみなさんは魅了されてしまうのでしょう!

私も大好きです。

入門後しばらくは、同部屋の日本の力士達とうまく馴染めずかなり苦労されたそうです。

ほとんど泣き言は言わないコニシキ(小錦)さんが、「楽しかったが、苦労したかもしれない」と言うほどですから、相当大変だったものと思います。

ハワイと日本では文化も違いますし、何と言っても日本の相撲部屋は「超」の付くほどの上下社会。

日本語がうまく話せなかった来日当初はイジメにもあったそうです。

 

努力が報われた

 

しかし、その後努力に努力を重ね、何と

外国人では初の大関まで出世

します。

これは個人的な見解なのですが、小錦(コニシキ)さんは間違いなく横綱になれていたはずだと思います。

横綱にふさわしい成績も残していました。

しかし残念ながら横綱まで登りつめることはありませんでした。

 

間違いなく横綱級!

横綱への昇進は土俵での成績だけではなく、委員会の多数決で決まります。

当時は外国人の横綱がまだいなかった時代です。

外国人が、国技である相撲の最高峰である横綱になるのはふさわしくない」と考えられていたようです。

コニシキ(小錦)さんが外国人というだけの理由で、すんなりと昇進が出来なかった事に対しての悔しさや葛藤が容易に想像できます。

また一時期、なぜかマスコミに意味も無く「品格がない」と叩かれていたこともありました。

個人的には、この時のメディアの姿勢に対して疑問が残ります。

力士を引退した後はタレントとして幅広く活躍し、そして現役の頃から熱心だったボランティアなどを積極的に行っております。

1997年には「KONISHIKI基金(ファンデーション)」を設立し、ハワイの子どもに無限の夢を与えるために学費の援助なども始めました。

これこそまさしく

横綱級の品格

ではないでしょうか。

 

ヘザーブラウン!ハワイを代表するアートの魅力!

KONISHIKI(コニシキ)さんのいろいろエピソード

入門伝説

 

相撲部屋の入門前から、体がとても大きかったコニシキさん。

新弟子検査で行う体重測定では、体重計の目盛を振り切ってしまったそう。

それでもなんとか体重を量らないといけないと検査にならないという事で、急遽もう一台の体重計を用意して、片足づつ2つの体重計に乗って計測したそうです。

また、腕が太すぎて血圧計も使えなかったそうです。

まさしく規格外ですよね。

 

酒豪伝説

 

これは、コニシキさんの親友でもある元舞の海関の話し。

力士の中でイチバンの酒豪は誰?と聞かれてコニシキさんの名前をあげていました。

その時のコメントは「やはりイチバンは小錦関でしょうね。

本当に強かった。

3軒ハシゴして1本ずつウオッカのボトルを空けていましたから。」とのこと。

本当に桁外れです。

 

コニシキさん、最大のピンチ

 

力士時代は、いつも怪我に苦しんでいたコニシキさん。

あれだけの大きな体を支えながら、取り組みをするのですから、ひざをはじめあらゆる所をいつも怪我してようです。

そのため痛み止め薬を毎日10錠以上も飲んでいたそうです。

しかし、この大量の痛み止めの摂取が災いして、巡業先のホテルで大量に出血。

その大量の出血のおかげで本人も気を失ってしまったほど。

そこにたまたま友人が訪ねてきてなんとか一命を取り留めたものの、体内の血液を40%も失う大変危険な状態であったそうです。

 

コニシキさん、やっぱり器が違う

 

相撲界では、優勝経験が無くても横綱に昇進する力士が出始めました。

そのことを問われた時のコニシキさんの反応です。

僕は通算3回優勝したけど、横綱になれなかった。

基準は時代で変わるもの。

僕の夢は叶わなかったけど、素晴らしい相撲人生だったよ。

 

プロフィール
小錦 八十吉(こにしき やそきち)、KONISHIKI
1963年12月31日生まれ。愛称はサリー、コニちゃん。コニちゃんの芸名を使用することも。10人兄弟姉妹の8番目。
オアフ島の出身で現在は日本国籍を取得。元大相撲力士(高砂部屋所属)であり、大関まで昇りつめる。初めて外国人で大関となったため、その後の外国人力士の評価を高めることに大きく貢献をした。各界を引退後にはタレントとして活躍。

 

クラークリトル クラークリトルの世界、臨場感のあるパワフルな波を感じられます!

名曲「No Rain No Rainbow」

コニシキさんのアルバムである「LOCO STYLE」の中に「No Rain No Rainbow」という虹に関連した曲が入っています。

CMにも使われていた曲ですが、これが気分が明るくなる良い曲なんです。

♪No Rain No Rainbow~雨が降らなきゃ、虹もない~♪

一度聴けばきっとこのメロディを口ずさんでしまうはず!

「No Rain No Rainbow 」

「くよくよしないで、なんとかなるよ!」

嫌なこともいつか終わって、次にはきっと良いことがあるはずだから。

「だから頑張れ!」とメッセージを送ってくれています。



No Rain No Rainbow
雨の降らない 虹はない
No Rain No Rainbow
朝日のでない 夜はない

No Rain No Rainbow
「辛くはない」って 嘘つかない
No Rain No Rainbow
「寂しくない」って 強がらない

泣きたい時は 泣けばいい
いつだって どこだって
くたびれて 海が渇くまで

No Rain No Rainbow
「好き」じゃないなら つまらない
No Rain No Rainbow
「終わりがない」って なやまない

泣きたい時は 泣けばいい
その涙 集まって 降り出して
橋を掛けるまで

No Rain No Rainbow
ずーっと「負けない」 人はいない
No Rain No Rainbow
「悲しくない」って 頑張らない

No Rain No Rainbow
明日のこない 今日はない
No Rain No Rainbow
「楽しむ」事を 諦めない

 

【コニシキさんのおすすめアルバム】

ナナクリ

PAINA

コニシキさんの動画ピックアップ!

「小錦」対「曙」ハワイアン同士の名勝負です。



No rain no rainbow



Ka Makani Ka Ili Aloha



Waikiki



ハワイのKONISHIKI HOUSE(小錦邸)で特別な想い出つくりはいかがでしょう?

コニシキ邸

ハワイのKONISHIKI HOUSE(小錦邸)でプライベートパーティーをしよう!

コニシキさんの出身地であるオアフ島ナナクリにある、まさしくこれこそがオーシャンフロントと言えるコニシキさんの大豪邸。

ナナクリはワイキキから車で西に向かって約50分程度(1時間弱くらい)にあるエリア。

この大豪邸、テレビで紹介されていたりとかなり有名ですよね。

どこか日本の家屋をもイメージさせる大豪邸には、家のすぐ目の前にどこまでも続くハワイの海、そして庭にはステキなプールもあります。

テレビでこの大豪邸を見たとき、一度で良いからこんなステキな場所でノンビリしてみたいものだと思ったほどです。

さてここで朗報です!

ナント、この夢のような豪邸でプライベートな貸切パーティーが出来るそうなのです。
夢のような話しですよね!

この大豪邸の利用法としては、「ガーデンバーベキュー」「ランチバーベキュー」「アフタヌーンバーベキュー」「ウェディング」、そしてなんと「宿泊(3泊~、定員~15名)」が出来るようなのです。

こんな大豪邸でウェディングパーティーをしたら、きっとセレブな気分になるのでしょうね。

ハワイのKONISHIKI HOUSE(小錦邸)について!

<Infomation>

宿泊利用は6~9名までOK
リビング・パーティールーム・畳の間
ベッドルーム(1階 クイーンサイズベッド 1つ、2階クイーンサイズベッド 2つ、計3つ)
キッチン(フルサイズキッチン、冷蔵庫、食器洗い機、オーブン、電子レンジ、トースター、コーヒーメーカー、炊飯器、食器一式)
トイレ3つ
中庭・プール・BBQスペース
パーキング(複数台の駐車可)

ハワイのKONISHIKI HOUSE(小錦邸)でBBQ!

道具や材料は全て現地スタッフが用意してくれるので、手ぶらでBBQが楽しめるという旅行者にとってはうれしいプラン!。

個人でハワイで食材の用意などは大変ですので、このようなサービスはうれしいかぎりです。

そしてここKONISHIKI HOUSE(小錦邸)は、当然のことながらプライベートな空間。

ハワイのビーチで禁止されているアルコール類なども楽しめるのです。

そしてさらにうれしい特典として、KONISHIKI HOUSE(小錦邸)でガーデン・バーベキューを申し込むと、なんとKONISHIKI HOUSE(小錦邸)の屋内の見学や記念撮影も出来て、さらに「プール」の利用も出来るそうなのです。

これは本当に魅力的!

 

<バーベキュープラン>

・ランチ・バーベキュー)月・水・金、11am - 2pm、20名ぐらいまで

・アフタヌーン・バーベキュー)月・水・金、2:30pm - 5:30pm、20名ぐらいまで

・食材・飲み物)カルビ、チキン、ポキ、ホットドッグ、ライス、サラダ、ビール、ソーダ類、お茶、水

ハワイのKONISHIKI HOUSE(小錦邸)へのお問い合わせは?

ご利用方法、お時間、金額など、詳しくはお問い合わせ先までお願い致します。
 ※お問合せ先→株式会社KP (info@kp-inc.jp)

<Infomation>
・駐車場料金は無料です。
・レンタル料に毎日のメイドサービスは含まれません。
・施設内は禁煙です。
・ペット同伴は不可です。

<More Infomation>
※その他ご希望があればサービスもご利用頂けます。(有料)
・リムジン
・パーティーのお食事、バンド演奏、エンターテインメント、音響などがご用意できます。
・KONISHIKI HOUSE~空港までの送迎(往復)
・ケータリング

<その他>
・住所:87-579 Farrington Highway, Waianae, HI 96792 (Maili Cove Hotel 左隣)
・料金/規定:まずはお問い合わせ下さい。