ハワイはビーチサンダル!そのビーチサンダルの誕生秘話について。

ハワイが好きな理由のひとつに、ビーチサンダルで過ごせる気楽さがあります。

 

Mr.ハワイ通

日本では6月くらいから数か月しかビーサンで過ごせないですが、この間は本当にリラックス出来ます。みなさんはいかがですか?

 

ちなみにホノルル空港到着後、一番最初にやる事。

それは、スーツケースからビーチサンダルを取り出すことです。

靴下を脱ぎ、靴も脱ぎ捨て、急いでビーチサンダルに履き替えた瞬間。

解放感でいっぱいになって最高な気分になるのです。

ハワイで履くビーチサンダルは、だいたいがABCストアで買った安いもの。

前回のハワイ旅行で買っておいたABCのビーチサンダルを、次のハワイ旅行でも履いています。

値段は安いし、履き心地も良いですし、私のとっては最高のビーチサンダルです。

ところでこのビーチサンダル。

ハワイでは、Slippers(スリッパー)・Zoris(ゾーリ・草履のことです)と呼ばれているようです。

 

Mr.ハワイ通

Zoris(ゾーリ)というと、やはり日系移民とかが関係しているのですかね?

 

そして、そもそもこのビーチサンダル。

戦後に、日本の草履をゴムで作ったことが始まりのようです。

ビーチサンダルは日本が発明したのですね。

日本人ってスゴイですよね。

その後ドイツの有名メーカー「ビルケンシュトック」がビーチサンダルを発売。

そしてこのビルケンシュトックのビーチサンダルが、ハワイのサーファーに注目されます。

サーフィンに出かけるとき、またはビーチでの履き心地が最高だったそうです。

サーファーの間でビルケンシュトックがブームになったのです。

それをきっかけに、やがてはハワイでビーチサンダルが広がっていったそうです。

 

Mr.ハワイ通

ビルケンシュトックからハワイのサーファーへ。そして多くのハワイアンに広がっていったようです。

 

毎日ビーチサンダルで過ごせるハワイが本当にウラヤマシイです。