ハワイの人口と観光客数はどのくらい?さすがハワイは魅惑の島です!

ハワイの人口と観光客数

ハワイ州の人口はどのくらい

 

いきなりですか、「ハワイの人口ってどのくらい?」と思われますか。

えっ、ハワイの人口ですか?

Aさん


考えた事もないので、ちょっと想像出来ないですね。

Bくん


オアフ島だけじゃなくて、他にも島がありますからね。何人くらいなんですか?

Aさん


Mr.ハワイ通

そうですよね。ちょっとイメージが湧かないですよね。ハワイ州全体での人口は、約128万人と言われています。

 

いきなり「128万人」と聞いてもイメージが湧きづらいですよね。

この人数は、だいたい沖縄に住んでいる方と同じくらいの人口になります。

 

ちなみに日本の都道県別の人口を参照してみましょう。

1. 東京都 約1,400万人
2. 神奈川県 約900万人
3. 大阪府 約880万人
4. 愛知県 約755万人
5. 埼玉県 約730万人

以上がベスト5となっています。

ちなみに長崎県が約132万人、青森県が約125万人、岩手県が約122万人となっています。

 

ハワイの人口全体128万人のうち、約90万人の方々がオアフ島に住んでいます。

割合でいうと全体の70%以上、オアフ島に集中しているのです。

オアフ島に続いて多くの人が住むのがハワイ島で、約17万人の人口となっております。

オアフ島とハワイ島に約8割以上のローカルが住んでいるんですね。

ハワイ島の土地面積は、日本で言うと岐阜県と同じくらいです。
そしてちなみに岐阜県には約200万人弱の人口ですので、ハワイ島の10倍以上の人が住んでいるのです。

 

ハワイへの渡航者数はどのくらい

 

ハワイは観光立国。

そんなハワイに訪れる観光客の人数は、ナント1,000万人を突破したそうです(2019年度)。

日本だけでなく世界中の人を魅了するハワイ、さすがですね。

 

リーマンショックによって不況になった時、2008年と2009年のハワイの観光客数は700万人を割りこんでいました。

しかしその後順調にツーリストが戻って来て、毎年観光客数は伸びていきました。

 

人口128万人に対して1,000万人以上の観光客数なので、ハワイにはいつも観光客で溢れているということになります。

ちなみに最近では日本からの観光客数は約160万人だそうです(リピーターも含める述べ人数:2017年)。

この日本からの旅行客数、ハワイ州に住む人の数よりも多いのですね。

Mr.ハワイ通

コロナの影響でしばらくは厳しいのでしょうが、それでもハワイには魅力が溢れているのでまたツーリストは戻ってくることでしょう。

 

国別渡航者数

 

ハワイへの国別渡航者数の割合を紹介します(2017年)。

 

アメリカ西部 40%
アメリカ東部 20%
日本 17%
カナダ 6%
韓国 3%
中国 2%

データ出典:ハワイ州政府観光局

 

アメリカ国内でも、西部と東部ではまったく違うのですね。

また、おそらく直近のデータでは、中国の割合は増加しているものと思います。

 

国別の一人あたりの消費金額

 

続けて各国渡航者の1日あたりの消費金額についても紹介します。

 

【一人あたり消費額】
1位 中国 約365ドル
2位 韓国 約295ドル
3位 オセアニア 約275ドル
4位 日本 約240ドル
5位  アメリカ東部 約200ドル
6位  アメリカ西部 約167ドル
7位  カナダ 約158ドル

データ出典:ハワイ州政府観光局

 

さすが中国、消費金額はダントツナンバー1です。

そして約365ドルの内訳は、「ショッピング126ドル」となっていました。

ちなみに日本人のショッピングは、68.5ドルだそうです。

中国のちょうど半分程度、チャイナパワーを感じますね。

 

かつてのハワイの人口は?

 

今みなさんがオアフ島に行くとき、ほとんどの人が「ダニエル・イノウエ空港」に到着しますよね。

ネイバーアイランドに立ち寄ってからオアフ島に行く人もいるのでしょうが、そんなに多くは無いと思われます。

今は飛行機での旅が当たり前の時代になっていますが、かつては船で旅をしていました。

その時代のオアフ島の玄関口と言われたのが「ホノルル港」です。

ホノルル港と聞いてもピンと来ないかもしれません。

アロハタワーがある場所と言った方が分かりやすいかもしれません。

 

Mr.ハワイ通

アロハタワーもかつては賑やかだったのですが。かつてはチャイズ・アイランド・ビストロという名店もありましたね!

 

このホノルル港が完成したのが1921年ですが、完成の翌年の観光客数は約1万人でした。

そしてこの時代のハワイの人口は約15万人だったそうです。

今とはまったく比較にならないくらい、のんびりした雰囲気だったのではないでしょうか。

しかし、さすがハワイ。

ハワイの魅力に惹かれて観光客だけでなく、人口も急激に増えていったのですね。

 

かつてのハワイの観光客数が1万人だったなんて、ちょっと信じられません。

Aさん


Mr.ハワイ通

そうですよね。まだジャンボジェット機が就航する前でしたので、世界を旅するというには一部のお金持ちのものだったのです。

そう考えると、私たちって恵まれているんですね!

Aさん

ハワイのホテル あこがれのハワイ旅行。かつてのハワイは遠かった!
アロハタワー アロハタワー。かつてのオアフ島の玄関口はホノルル空港では無く、ここアロハタワーでした!