ダニエル・K・イノウエ空港の滑走路はある乗り物が利用するためのもの。それは何?

ハワイ雑学

ダニエル・K・イノウエ空港のある滑走路は、かつ、ある乗り物が利用するためのものでした。

それでは、その乗り物とは何でしょう?

 

答えは

Mr.ハワイ通

その乗り物とは、ナントあのスペースシャトルの緊急着陸に利用するためのものだったのです。

 

ダニエル・K・イノウエ空港は数年前まではホノルル空港と呼ばれていました。

そしてこの空港の開港は1927年、当時の空港名はジョン・ロジャーズ・エアポート。

このように何回か名前が変わったのですね。

そして主要滑走路は4本。

そのうちの一本はリーフランウェイと呼ばれ、1977年に造られました。

利用の目的は隣接する空軍基地の滑走路として利用したり、ナントあのスペースシャトルの緊急着陸用だったそうなのです。

スペースシャトルの緊急着陸用とはオドロキですよね。