人気のダイヤモンドヘッド、その名前の由来は?

ハワイの雑学

 

オアフ島のアイコンともいえるダイヤモンドヘッド。

ハワイに行ったらぜひ登ってみて下さい。

頂上からはワイキキビーチを一望できる素敵な景色を楽しめます。

それではさっそく質問です。

ツーリストにも大人気のダイヤモンドヘッド、その名前の由来は何でしょう?

 

答えは

 

Mr.ハワイ通

ハワイに来た白人が、キラキラ輝く山を見て、そこにダイヤモンドがあるに違いないと思い命名したそうです。

 

そもそもダイヤモンドヘッドは英語ですよね。

ここからおわかりの通り、この名前は地元のハワイアンが名付けた名前ではありません。

ダイヤモンドヘッドはハワイにやって来た当時の外国人(白人)がつけた名前です。

山の頂が夕日に照らされて、ダイヤモンドのように光っていたことが語源のようです。

一方、ローカルのハワイアンは「レアヒ」と呼んでいました。

「レアヒ」の意味は、マグロの頭に似ているという意味であったり、海に出るカヌーを見守るためのかがり火という意味であり、それらが語源になっているのではとも言われています。

また、フラダンスをやる人には馴染みがあるものと思いますが、ダイヤモンドヘッドは「カイマナヒラ」とも呼ばれます。

これは、「DIAMONDHEAD」をハワイ語読みしたものになります。

みなさんなら、どの語源が一番しっくりきますか。

「ダイヤモンドヘッド」ですか、「レアヒ」ですか、「カイマナヒラ」ですか?

 

【おすすめの特集記事】

ダイヤモンドヘッドトレイル 早朝!ダイヤモンドヘッドトレイル