ワイキキのど真ん中にあるブレーカーズホテル。一度でいいので泊まってみたい憧れホテルです。

ブレーカーズホテル

ブレーカーズホテル。

ワイキキのほぼ中心部にあるこのホテルは、1950年に建てられた2階建てのホテル。

一見すると、「ここが本当にワイキキなの!?」と思ってしまうほど独特の雰囲気の小さなホテルです。

どちらかというと、ノースショアにあるホテルといった感じの雰囲気です。

ブレーカーズホテルの敷地内にあるプール

ホテルは2階建ての低層ホテル。

敷地も広くはありません。

ホテル内には、最近かなり有名になった和風レストラン「和さび」があります。

ちなみにこのブレーカーズホテル、芸能人の宿泊なども多いのですが、予約が1年先まで取りづらいほどの人気ぶりなのです。

 

Mr.ハワイ通

私も一度で良いので泊まってみたいのですが、なかなかスケジュールが合わず未だ宿泊出来ていません。

 

敷地は広くないのですが、この適度な広さが心地良かったりします。

ワイキキの巨大ホテルとは、まったく正反対の大きさなのです。

このこじんまりとした空間では、ワイキキの喧騒を忘れる緩やかな空気が流れています。

ブレーカーズホテルにある隠れた名店「和さび」

この写真のネコちゃん。

ブレーカーズホテルの受付にいる子です。

いかがですか。

受付ではネコちゃんがお出迎えです。

こんなゆる~い雰囲気のホテルが、ワイキキのど真ん中にあるのです。

 

Mr.ハワイ通

ホテルの受付に猫ちゃんがいるなんて最高ではないですか。受付の人もそうなのですが、全体的にフレンドリーな感じが最高なんです。ワイキキで一番泊まってみたい憧れのホテルです。

ブレーカーズホテルのネコちゃん!

【ブレーカーズホテルについて】

 

ワイキキビーチからすぐ、また街のほぼ中心地にありながらも、とても閑静はホテル。

そこが最大の魅力でもあるのでしょう。

 

1954年のオープン当初からまったく変わらない、宿泊客に対する愛情あふれるおもてなし。

そのホスピタリティーが気に入って、多くの宿泊客が次のハワイもブレーカーズでとリピーターになっていきます。

 

宿泊客のほとんどがアメリカの本土から来た米国人。

とくに1月から3月の時期は長期ステイの宿泊客でいっぱいで、予約が難しいそうです。

 

朝早起きして中庭にあるプールサイドで、ロビーでいただける無料のコーヒーをゆっくりと飲むだけで幸せな気分になれそう。

 

そこからは青い海は見えませんが、その空間に流れる空気はハワイそのものと実感できる不思議な空間でもあります。

ロケーション:カラカウア通りからすぐの場所、近くにはトランプタワーや高橋果実店など

オープン:1954年

客室数:64室

客室内設備:TV・冷蔵庫・キッチン・金庫・エアコン、(一部の部屋では)ラナイ

アメニティ:ソープ

ホテル内設備:プール・コインランドリー・駐車場(1日7$)

レストラン・バー:あの「和さび」があります。ぜひお立ち寄りを!

【場所】250 Beach Walk、Honolulu

 

【おすすめ特集記事】

ハワイ・オアフ島のホテル ハワイ大好き女子もナットク!120%満足のおすすめホテル特集!