サーフィンはロングボードから始めよう!

サーフィンはロングボードから始めよう!

ロングボードから始めよう!

ロングボード。

サーフィンはイメージと違って、いざ海に出てみるとその難しさにギャップを感じる人が多いようです。

頭の中のイメージでは、波をス~イスイと滑るような感じなのでしょうが、なかなかそううまくは行かないものです。

しかし実際一度でも波に乗る経験をすると世界観が変わるはず。

ぜひせっかくサーフィンに興味を持ったサーフィン初心者(はじめてのサーフィン)の方にも、いつかこの体験をしてもらいたく思います。

そのためにもロングボードをおススメします。

それではロングボードをおススメする理由について紹介していきます。

ロングボードは最高だ!

サーフィンはボードの長さによってライディングや難易度の種類が違います。

せっかく始めるサーフィン。

そんな時に思うのは「長く続くと良いですね!」といった気持ち。

やはり最初が肝心なのです。

そんな理由で一番オススメなのがやはり「ロングボード」。

ロングボードは浮力があるので、他のボードと比べて比較的に簡単に波をつかまえる事が出来ます。

サーフィン未経験者の方にとっては何を言ってるのか分かりづらいかもしれません。

しかしこの波をとらえるというサーフィンをする際の基本行動、これが他のボードだとなかなか難しいのです。

ロングボードとショートボード。ただ単純に波に乗るといった動作の難易度がまったく違うのです。

もちろんロングボードでもテクニカルなライディングとなると練習と経験が必要になってきます。
しかし波の乗ってまっすぐ波の上を滑る、といった事は浮力のあるロングボードではすぐに出来るようになるはず。

そしてただまっすぐに波に乗るだけのライディングなのですが、これだけでも結構楽しいのです。
この楽しさこそが重要なのです。

ひと昔前には「ロングはダサい」という人もいました。

しかし、ここで本物のサーファーとしての心構えをひとつ。

サーフィンを楽しいと思うサーファーこそが、ベストサーファーなのです。

ロングボードの選び方

初心者の方にはおすすめのロングボード。

しかしロングボードといってもいろいろな特性の違いがありますので、最初に買う一枚(のサーフボード)は初心者でも扱いやすいもの、浮力があってターンなどもし易いサーフボードが良いでしょう。

最初の一枚は何を買って良いか分からないでしょうから、買う前に何回かサーフショップに通ってオススメの一枚を見つけてもらうのも良いでしょう。

ロングボードの種類について

自分にあったサーフボード。

初心者の方にいきなりこんな事は答えられないですよね。

サーフボードはその時の波の種類によってもチョイスを変える事もありますが、まずは最初の一枚を選ぶ前に、ロングボードにも種類があることを覚えておきましょう。

まずロングボードには大きく3つのタイプに分ける事が出来ます。

□クラシックタイプ

 

幅が広くて、シングルフィンのクラシックタイプ。

このボードの良さはゆったりとした乗り方。

ボードを傾けながら大きなラインを描きながらターンをします。

ノーズライディングなども楽しみながら、ちょっと大人な感じのライディングスタイルですよね。

ボードの幅も広く浮力も充分ですので、比較的メローな波に向いていると言えるでしょう。

また直進安定性も高いので、初心者の方にとってオススメのボードとも言えます。

ひとつ難点をいうならばターンが少ししづらいという点があげられます。

 

□ハイパフォーマンスタイプ

 

ハイパフォーマンスタイプはノーズやテールが細くシングルスタビライザーが付いているタイプです。

シングルスタビライザーの特徴はサイドフィンが付いているおかげで、シャープなターンが可能です。

クラシックタイプよりもパワーのある波に向いていると言われています。

 

□オールラウンドタイプ

 

少しわかりづらいかもしれませんが、クラシックタイプとハイパフォーマンスタイプの中間のタイプをオールラウンドタイプと称しています。

 

<参考>
サーフボードの種類と初心者のためのボード選び! サーフィンを始めたい人のための、「はじめてのサーフボード」の選び方!