サーフィン始めたなら知っておきましょう!波の名称について

サーフィン初心者講座!波の名称について

ボトム
波の最下部のエリアです。トップからフェイスを滑り降りてこのボトムエリアでターンをするアクションをボトムターンと呼びます。

フェイス
波の斜面を上下左右にボードコントロールできる場所であり、サーフィンをする際のメインの場所とも言えます。

リップ
波が崩れかかる最上部、つまり波が崩れ始める部分をリップと呼びます。最もパワーのあるゾーンとなっています。

トップ
波の上部になります。リップに向かって水が流れるゾーンとなっていまして、波が「これから」崩れようとする部分をトップと呼びます。

スープ
崩れた後の波を言い、白い泡状の波。幼少の頃遊んだあの白い波です。初心者方の練習には最適な場所です。まずはスープで練習しましょう。ただしボードコントロールが効きませんので周りの人に注意して練習してみて下さい。

ショルダー
進行方向先の波のフェイスの部分、ちょっと分かりづらいでしょうか。トップから少し離れたまだうねりの部分をショルダーと呼びます。ここでターンしてフェイスに戻るテクニックをカットバックと呼びます。

パワーゾーン
サーフィン中にキープするパワーのある場所

ピーク
波が一番最初に崩れ始める箇所

うねり
はるか遠くの沖合いで吹く風によりさざ波が立ちます。そしてその小さなさざ波がいくつも集まってウネリとなってビーチに押し寄せます。うねりはビーチに近づくと、みなさんがよく目にする「波」になります。

セット
うねりは通常、いくつかまとまってビーチにやってきます。これをセットと呼びます。セットの最後の波が終わるとしばらく穏やかな状態が続きます。そしてしばらくすると次のセットがやってきます。

ブレイク
波が割れる状態の事。

レギュラーブレイク
海に向かって右から左に崩れる波。

グーフィーブレイク
海に向かって左から右に崩れる波。

サーフィン初心者サーフィン初心者必見!「はじめてのサーフィン」。お得なボード・スクール情報も!