サーフィン初心者の不安、そもそも泳げないです!

サーフィン初心者の不安、そもそも泳げないです!

「じつは泳げないのですが、サーフィン出来ますか?」

サーフィンには興味があったのですが、泳げないのでずっとあきらめていた。

そんなお声もたまに聞きます。

さっそくなのですが、それでは泳げない人はサーフィンを始めない方が良いのでしょうか?

同じような内容の質問がインターネット上で見受けられます。

それらの記事を見ていると「海に落ちてもサーフボードにつかまれば大丈夫」ですとか「ウェットスーツを着ていれば浮力があるので大丈夫」といった感じの「泳げなくてもサーフィンは出来ますよ!」的なものがあります。

これはあくまで個人的な考えにもなってしまうのですが、「泳げない方にはサーフィンは勧めません」。

泳げない方といっても程度も違うものとは思います。

「泳げないといっても25メートルは無理ですよ!」「泳げないんです、平泳ぎなら大丈夫なのですが!」といった比較的泳げる派と「本当に無理なんです、せめて5メートルくらいです」といった本当に泳ぎが苦手派に分かれます。

前者については、比較的サーフィンにトライしても問題無いと思います。

ただし、泳ぎに自信が無い方はあくまで「足のつくところで練習する!」ことを心がけてください。

海は塩水で体が浮きやすい一方、場所によっては潮の流れがあるので危険なのです。プールで50メートル泳げても、潮の流れに抗って泳ぐことは不可能です。そういう意味でも、正しい海の知識なんかも必要になってきます。

そして問題は後者の方々です。

本当に泳ぎが苦手な方たちなのでしょう。

そもそも泳ぎの苦手な方のなかには、「(少し)水がこわい」と考えている傾向もあります。

このような方はサーフィンはやらない方が良いと思います。水に苦手意識があると、水中などでも必要以上に体に力が入ってさらに危険になります。

「サーフボードは浮くから大丈夫」
「ウェットスーツを着ていればおぼれない」
「無理しなくてもサーフボードに乗っていれば、いつの間にかビーチにたどり着く」

そんな記事を見かける事がありますが、ダメです。いい加減過ぎます。

泳げない人が海に落ちたとき、さらに足が届かなかったりしたら、それだけでパニックになります。

とくに泳げない方は、顔が水に浸かるだけでもあわてる傾向にあります。そのような方は、水中でそのまま呼吸をしてしまうので、鼻や口から水が入り窒息の状態になったりするのです。

水深が浅い場所でも溺れてしまうのは、このような理由も多いのです。

海で溺れると、当然ながらまわりの人にも迷惑がかかります。

泳ぎに自信がない方は、ここはきっぱりとサーフィンを諦めることをお勧めします。