サーファーのためのパドリングの基本

サーフィン初心者のためのパドリングの基本

とっても重要「パドリング」

サーフィンの基本でもあり、最も重要なのが「パドリング」。

このパドリング次第で、沖に出やすくなったり、波に乗りやすくなったりとするのです。

パドリングの正しいやり方をしっかりと身につけるのが、サーフィンの上達のコツになります。

はじめてサーフィンをする初心者の方は、けっしてこのパドリングをおそろかにしないように気をつけてください。

 

 

正しいパドリング

正しいパドリングは、まずはそのポジションが重要です。

そしてその次に重要なのが上体を反らせることです。

上体を反ることによってサーフボードに重心が押し付けられ、サーフボードの安定感が増していきます。

どうしても最初の頃はサーフボードが安定せず、「サーフボードにしがみつく」ような格好になってしまうのですが、これでは逆効果です。

サーフボードを安定させるためには、上体でサーフボードの重心付近を押し付けるイメージで乗ることです。

ちょうど胸のあたりから膝まででサーフボードに腹ばいになるといった感じでしょう。

そして上体を正しく反らすと、腕の回転がし易くなります。

そしてあまり力を入れ過ぎずにパドリングをします。

水を搔く手は、指がほんの軽く閉じるイメージです。指の隙間が開いていると、指の間から水が逃げてしまいますのでパドリングの効率が落ちてしまいます。

逆に閉じ過ぎると、余計な力が入っているはずなので非効率になってしまいます。

こんなパドリングはNG

その1)
波に乗ろうとパドリングしている時、どうしても恐怖感からかサーフボードに乗る位置が後ろにある人がいます。

ボードに乗る位置がテールに寄り過ぎると、ノーズが上がってしまいサーフボードはスピードに乗ることが出来ません。

これでは波にも乗れませんし、そもそも勢いをつけるはずのパドリングの速度もあがりません。

その2)
サーフボードに乗った時には、サーフボードの中心線から体がずれていると一気にバランスが崩れてしまいます。

特にこの左右のバランスが不安定ですと、余計な力が入りやすくなります。

最初は足を開いても構いませんので、この左右のバランスを取るように気をつけましょう。

​​それでは実際に自分が正しいポジションに乗っているかを、どのようにチェックすれば良いのでしょう。

こんな時に助かるのが、サーフィンスクールのインストラクターです。

ご自身のパドリングを見てもらい、まずは正しい位置に乗れているかをチェックしてもらいましょう。

友人や知人にサーフィン経験者がいれば、その方にチェックしてもらうのも良いですね。

またご自身でもチェックは出来ます。

ひとつの目安でしかありませんが、サーフボードに腹ばいになった時に、ノーズの先端が3センチから5センチ程度浮いているのが目安かもしれません(あくまで目安です)。

そもそもサーフボードの重心をチェックして、そこを目安に腹ばいになるのが早いのですが、これがなかなかロングボードでは難しいのです。

サーフボードを海に浮かべて、真上からサーフボードを押してみます。

その時一番安定感があり、ぐらつかないポイントがそのサーフボードの重心になるのですが、そもそもロングボードは浮力が高いのでけっこう色々な場所を押してみても不安定にならないからです。

最初は他の人にチェックしてもらい、ご利用のサーフボードがマイボードの場合は重心にステッカーを貼るなどして、その位置を覚えてしまいましょう。

サーフィン初心者サーフィン初心者必見!「はじめてのサーフィン」。お得なボード・スクール情報も!