ワイキキビーチ

ハワイで一番有名なビーチ、ワイキキビーチ。

ハワイで一番有名なビーチというよりも、日本人が「海外のビーチと言えば?」と聞かれたらまず一番に思い浮かべるビーチなのではないでしょうか。日本人にとっては「ワイキキビーチ」は「湘南」という言葉と同じくらいにメジャーなのかもしれません。

ワイキキビーチ

なんだかんだと言っても、オアフ島に来たら一度は訪れたい場所です。

実はワイキキビーチはその範囲が広く、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジからニューオータニ・カイマナビーチホテルまでをワイキキビーチと呼びます。

そしてその長いワイキキビーチの中で、例えば「クヒオビーチ」や「フォート・デ・ルッシー・ビーチ」、「クインズ・サーフ・ビーチ」等のように各々の場所にビーチ名がつけられています。約3kmにわたるビーチは8つのビーチの総称であり、この総称をワイキキビーチと呼ぶのが正式な定義になるのです。

ワイキキビーチから見るダイヤモンドヘッド

しかしワイキキビーチはハワイのアイコンのひとつだけあって、やはり雰囲気が違います。

そしてワイキキビーチから見るダイヤモンドヘッド。この景色を見ると「あ~、ハワイに来たんだな」という実感が湧いて、じゅうぶん満足な気分になります。

ワイキキビーチの透明に澄んだ水

ちなみにハレクラニの前のビーチは「カヴェヘヴェヘ(ハワイ語で「除去」の意味)」と呼び、パワースポットとしても大変有名な場所です。

カヴェヘヴェヘについてチェックする!

古代のハワイアンは、病気になってしまうのは過去に犯した罪が原因とされていました。そこでその過去に犯した罪の懺悔と身体の病を治すためにカヴェヘヴェヘの海に入って治癒したと言われています。

ワイキキビーチから見る夕日に染まるダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドに光る夕日。この美しい夕日をいつまでも見ていたいものです。

普段の日本の日常生活では味わえないこの雰囲気、これこそがハワイ旅行最大の魅力のひとつなのでしょうね。

ワイキキビーチから見る夕日

【場所】
ワイキキビーチを地図で見る

【ちょっとした小話】
「青い海」に「どこまでも続く水平線」、そしてビーチには白い砂浜!?。ここでワイキキビーチの砂についてのちょっとした小話です。面白ネタに知っておいても良いかもしれません。
ワイキキビーチの砂 を参照する

<オアフ島には魅惑のビーチがたくさん>

ワイキキ・ビーチ
ワイキキビーチ(Waikiki Beach)

ワイキキから近場のビーチ
ダイヤモンドヘッドビーチ(Diamond Head Beach)
アラモアナビーチパーク(Ala Moana Beach Park)
サンドアイランドビーチパーク(Sand Island Beach Park)
ワイアラエビーチパーク(Waialae Beach Park)
ケワロ・ベイシン・パーク(Kewalo Basin Park)

カイルア・タウンから近場のビーチ
カイルアビーチパーク(Kailua Beach Park)
ラニカイビーチ(Lanikai Beach)
カラマビーチパーク(Kalama Beach Park)

ノース・ショアおすすめビーチ
ハレイワビーチパーク(Haleiwa Beach Park)
ラニアケアビーチ (Laniakea Beach)
ププケアビーチパーク(Pupukea Beach Park)

オアフ島には魅力的なビーチがいっぱい
サンディビーチパーク(Sandy Beach Park)
ワイマナロビーチパーク(Waimanalo Beach Park)