ハワイの文化であるフラについて

フラ。
日本にもたくさんのファンがいるフラ。優雅でありながら時には力強いこのハワイ独特の文化に魅了されます。
ひとりでも多くの方に、このフラの魅力が伝わればと思います。

hula

フラとは?

古来ハワイには文字がありませんでしたので、伝統文化や習慣を「歌(mele)」や「踊り(hula)」によって伝承して来ました。

フラはカヒコと呼ばれる古典フラと、アウアナと呼ばれる現代フラがあります。またフラを学ぶ教室をハラウ、フラの先生をクムと呼びます。伝統文化のHulaの世界を楽しんでください。

hula(フラ)の魅力

魅惑のハワイアンミュージックとフラ!

有名ミュージシャンでのライブを優雅なフラとともに楽しめます。ハワイアンミュージックとフラ、最高の組み合わせです。

<Enjoy! Hula(フラ 動画)>

hula(フラ)の魅力

メリーモナーク・フェスティバル特集

フラ最大の祭典である「メリー・モナーク・フェスティバル(Merrie Monarch Festival)」。開催期間は毎年春の時期に約1週間の予定で行われます。

<メリー・モナーク・フェスティバル>

hula(フラ)の魅力

フラの歴史について

ハワイでは約200年前に、外国から来た宣教師によりフラを禁止されていた時代がありました。理由は野蛮だということだったそうです。
当時ハワイ王国で着々と権力を持ち始めていたキリスト教徒の白人にとって、布教のためにもハワイ文化を認めない考えだったようなのです。

しかしワイキキの通りの名前にもなっている「カラカウア」が国王になると、ハワイの伝統文化の復活に力をいれフラを解禁させたのです。

フラの復活は「デビッド・カラカウア」とハワイアンの強い想いによって叶ったものなのです。

<Hula(フラ)の歴史>

hula(フラ)の魅力

ハワイの州歌「ハワイポノイ」

ハワイの州歌はフラを復活させたカラカウアによる作詞「Hawaii Ponoi(ハワイ・ポノイ)」。

心に響く名曲です。

Hawaii Ponoi / Words by King David Kalākaua

Hawaiʻi ponoʻī
Nānā i kou mōʻī
Ka lani aliʻi,
Ke aliʻi

Makua lani ē,
Kamehameha ē,
Na kaua e pale,
Me ka ihe

Hawaiʻi ponoʻī
Nānā i nā aliʻi
Nā pua muli kou
Nā pōkiʻi

Hawaiʻi ponoʻī
E ka lāhui e
ʻO kāu hana nui
E uʻiē

hula(フラ)の魅力

ハワイの歴史とフラについて

フラ。

多くのファンを魅了する優雅でありながら時には力強い、「文化と歴史」を表現する至高のアートにも思えるフラ。

その素晴らしく偉大なフラはどのような背景により伝承されてきたのでしょう。

フラは古代よりハワイアンの日常生活と精神文化の拠り所でありました。
しかしヨーロッパからやって来た宣教師にとってはフラの存在は邪魔に思えたのです。
とくにチャントは島々の隅々に存在する神々や自然を崇拝するものであり、時には首長を称えるものであったので、キリスト教の宣教師はそれらを抑圧するように動き始めたのです。何とも横暴で野蛮で愚かな話しでもあります。

しかし宣教師たちの活動も空しく、フラはハワイアンに根付いたままで抑圧とはなりませんでした。そこで宣教師たちはさらに活動をエスカレートさせ、ついにはフラは「卑猥(ひわい)」であり、ハワイアンが崇拝する神々は偶像であると決め付けてハワイアンの伝統文化を根絶たせる動きを行うのです。またメレについても同じく「卑猥(ひわい)」と決めつけ抑圧し始めます。

このようにフラは一時期大変な危機的な状況にあったのです。

一時的に抑圧されていたフラですが、近代になり大きな復活を遂げます。しかも意外にもかなり最近の話しです。
それは1970年代から隆盛した、ハワイの伝統文化を復活させる運動「ハワイアン・ルネッサンス」がきっかけになっています。

その時代にハワイ語を歌詞にしたハワイアンミュージックが流行り出したり、フラの愛好家にとって有名なメリー・モナーク・フェスティバルがスタートします。メリー・モナーク・フェスティバルの始まりは1963年ですが、今のような形式になったのは1971年からです。

今でも旅行者向けに派手なパフォーマンスを披露するフラは、この1970年の「ハワイアン・ルネッサンス」の前までに良く見られたダンスでもあり、それはあくまで旅行者を意識したもので今でもワイキキ周辺で見ることもできます。

hula(フラ)の魅力

Hula!いろいろ

レイについて知りたい!