ハワイアン・ミュージック(音楽)の歴史

 

Hawaii(ハワイ)にはもともと文字がなかったそうです。

 

ですから、いろいろな文化や習慣などを歌(mele)や踊り(hula)によって代々伝えてきたようです。

 

う~~ん、素敵な文化ですよね。

 

ところが、この素敵なハワイアン文化なのですが、少し状況が変わってきます。

 

1800年代に、地元のハワイアンより欧米から来た白人方がどんどん勢力をつけてきて、立場が逆転し始めた頃の話しです。
欧米からハワイに渡って来た宣教師の白人たちが、フラダンスを見て卑猥と感じたそうです。

 

そしてフラを踊ることを禁止しました。

 

これってどうなんでしょう???

 

しかしカラカウアは国王になるとすぐに、ハワイの文化を想いフラを解禁させたそうなんです。

そこでようやくフラダンスが復活しました。

 

また、カラカウアは外国からの楽器(ウクレレなどですね)を積極的に取り入れ、現在のハワイアンミュージックの基礎を作った偉大な王様だったのです。

特に最近よく聞くことが出来る(私たちにおなじみの)ハワイアンミュージックは1970年代頃から復活しはじめたようです。
Gappy Pahinui(ギャビー・パヒヌイ)やThe Makaha Sons of Niユihau (ザ・マカハ・サンズ・オブ・ニイハウ)といった方々が活躍しはじめたようですね。
ハワイアンが自らのアイデンティティやルーツに高い関心を持ち始めた時代(ハワイアンルネッサンス)にマッチして、現在のハワイアンミュージックにつながってるわけですね。

ハワイアンミュージック・ファンとしては、先代の方々または現役で活躍している方々に感謝です。

 

癒しの処方箋ですね、ハワイアンミュージックは・・・。