ハワイアンジュエリー。

この写真のようにワイキキから見るサンセット、またはまだ乾いた空気の中見るサンライズ。そのような自然の美しさを彷彿とさせる魅惑のジュエリー、それがハワイアンジュエリー。

 

ハワイアンジュエリーのデザインはとっても魅力的ですよね。

プルメリア・ビーチサンダル・ナルー(波)・マイレなどなど。デザインが魅力的な上に、それぞれが意味をもちます。

たとえばマイレには「絆」、ナルー(波)は「永遠」、プルメリアは「神様に捧げる花」という意味があります。ちなみにプルメリアの花言葉は「新しい恋」「信頼」などの意味があります。また、これらのデザインに加えて最近では、ウクレレ・イルカ・サーフボードなどのモチーフもあります。

ハワイアンジュエリーの発祥にはいろいろな説がありますが有力な説は、リリウオカラニにまつわるエピソードと言われています。

イギリス王室と親交が深かったリリウオカラニは、 当時のイギリス王子に不幸があった際に「ホオマナオ・マウ(永遠の思い)」と 文字を刻みブレスレットを作ったそうです。

そしてリリウオカラニはこのブレスレットを一生涯身につけて故人を想ったそうです。

ちなみにハワイアンジュエリーに刻まれている文字が黒いのは、イギリス王子を追悼するために作ったハワイアンジュエリーの文字を黒色にしたことがきっかけになっているようです。

またリリウオカラニは大切な家族や友人に対して、その人たちに対する想い・アロハスピリッツを刻んだブレスレットをプレゼントしてたそうです。

そうしたことによって、ハワイアンジュエリーは大切な家族や友人に対する象徴となっていきました。

今では、家族への想い・アロハスピリットとともにハワイアンジュエリーは家族代々、親から子供(from generation to generation)に受け継ぐようになったそうです。ハワイの女性の多くが、ハワイアンジュエリーを身につけ、またハワイの女性なら必ず何かしらハワイアンジュエリーを持っているというのも納得です。こんな素敵なエピソードで、ハワイアンジュエリーが代々受け継がれてきたと聞くと、その魅力と人気が納得できます。

ゴールドなどに文字や草花を模様として彫り、そこに黒色のエナメルを流し込んで焼き付けるハワイアンジュエリー。
こんな素敵な話しを聞くと、ハワイアンジュエリーを身につけたくなりませんか?

 

<ハワイの素晴らしい文化>

アロハシャツ(Aloha Shirts)
ムームー(Muu Muu)
ウクレレ(Ukulele)
サーフボード(Surf Board)
ハワイアンジュエリー(Hawaiian Jewelry)
コアウッド製のアイテム(Koa Goods)
ハワイアンキルト(Hawaiian Quilt)
レイ(Lei)