Zippy's ジッピーズ

オアフ島内をドライブしていると、いろんな場所で見かける「Zippy's(ジッピーズ)」の看板。

ワイキキエリアのみで遊んでいると見かける機会が少ないこのお店、Zippy's(ジッピーズ)はオアフ島に20店舗以上あるローカルに大人気のローカル・ファミリーレストランです。ほとんどの店舗が年中無休の24時間営業で、レストラン・コーナーとテイクアウト・カウンターに分かれています。

ところで、この大人気レストランの「Zippy's」ですが、実はオアフ島以外にはお店がないのです。(正確に言いますと、かつては無かったのです)

Zippy's(ジッピーズ)は45年以上の歴史があり、ローカルにも絶大なる支持を得ているにも関わらずなぜ他の島に出店していないのだろうと疑問に思う方もいたはずです。

オアフ島以外に出店しない、または出来ない理由があるのでしょうか。とくにオアフ島に次ぎ人口の多いハワイ島に出店しない理由とは何なのでしょう。

その理由は、ハワイ島にCafe100があるからなのです。ロコモコが有名なお店で、最近は日本人にも人気のお店です(ロコモコについてはこちらをどうぞ)。

「Zippy's」の創業者は、日系2世のCharles Higa(チャールズ・ヒガ)、また「Cafe100」の創業者も同じく日系2世のRichard Miyashiro(リチャード・ミヤシロ)で、ともに沖縄出身のオキナワン(オキナワンについてはこちらをどうぞ)。

そしてこの二人、同郷の日系2世という関係だけではなく、第二次世界大戦中に日系人部隊である第100歩兵大隊に配属されていました。
第2次世界大戦の際、日系2世達は所詮日本人だろうとアメリカ人から差別を受けていました。アメリカに生まれ育った彼らにしてみると、それはとても辛いことです。そんな環境の中、日系2世達は両親の祖国である日本を相手に戦争をしなければならなかったのです。厳しい戦火をくぐり抜け生き残った二人には、現代人の私達には想像の出来ない思いがあったのではないでしょうか・・・。

終戦後、ハワイへ戻った両名はレストランを開業します。
「Zippy's」はオアフ島で大成功を収めて、店舗数を伸ばしていきます。オアフ島内に多数の店舗を構え、いよいよ他島にも出店という勢いでした。周囲の人達も、もっと店舗数を増やした方が良いのではとアドバイスをしてくるようになりました。

しかし創業者のHiga(ヒガ)はCafe100のことを思い、「戦友のいるハワイ島には店を出さない」という信念により出店をしなかったのです。

彼らの私達には想像出来ないほどの熱い友情は、私達日本人にとっての誇りです。

*現在ジッピーズは、ハワイ島やマウイ島にも出店をしています。
*Cafe100の店名の由来は、第100歩兵大隊から来ています。