機内食!

 

成田空港→ホノルル空港まで約7時間超のフライト。

 

ワイキキに向かう機内は本当に気分がワクワクします。

ガイドブックをみたり、おしゃべりしたり、機内誌のお土産をチェックしたりと楽しいことばかりです。

 

そしてやはり機内食も気になります。

 

メニューを見る限りだと、とてもおいしそうでチキンにしようか、ビーフにしようか、はたまたビールも
たのんじゃおうかな!などと楽しい想像もふくらんできますが・・・。

 

この機内食、いったいどのくらいのコスト(原価)がかかっているのでしょう。

 

最近はやりのLCC(格安航空会社)ですと、機内食は有料でお弁当などを700円程度で販売してますが、ハワイ便ですと機内食の値段と言われてもピンと来ませんよね。

 

あくまで想定ですが、ビジネスクラスの機内食には約3,000円程度のコストがかかっているそうです。
(この食事代のコストには運送費なども含まれているはずです)

 

一方、エコノミークラスの機内食ではどの程度のコストがかかっているのでしょうか。

 

こちらは約1,000円くらいのコストだそうです。

 

以前アメリカ系の航空会社で、エコノミークラスの機内食のコストで約500円程度という会社もあったそうです。ちなみにその某航空会社の機内食はおいしくないと評判でした。

 

もちろん航空会社によって、コストは違うのでしょうがおおよその相場では、エコノミークラスで1,000円程度、ビジネスクラスで3,000円程度といったところでしょう。

 

デパ地下で1,000円のお弁当といったら、かなり豪華な食事になりますが、空の上の食事、しかもエコノミークラスの食事となると、これが精一杯なんですかね?

 

10年くらい前、アメリカ系航空会社のホノルル行きの便の機内食でビーフを頼むと、ピンクのフリスビーにハンバーガーがのっていたことがあります。
ヤシの木があるビーチのデザインのフリスビーは、ワイキキのビーチであそべるという優れもの!そのフリスビー、実際ビーチで楽しく遊びました。

 

その航空会社は、今は合併されたノースウエスト航空です。

 

行きの飛行機から、ワイキキビーチで遊ぶことを連想させてくれるフリスビーのアイディア、素晴らしいサービスでした。