ハレイワのハイウェイ沿いにある有名なサーファーの看板。

はじめてハレイワを訪れる観光客などを歓迎し、町の入り口を案内するためにできたものらしいです。

この看板、もともとは3つあったらしいのですが、盗難にあって今では2つ(2か所)になりました。

さびしい話ですね。

その後、看板のサーファーの部分が盗難にあい、まわりのフレームだけが残されるという悲しい出来事もありました。

そしてしばらくのあいだは、度重なる盗難に諦め、また修理をする予算もなくそのままの状態でした。

しかしその看板を500ドルを自費で払い、3日間通して手作業で直した人物がいました。

彼は心の底からハワイが大好きで、その大好きなハワイのために「クリスマスプレゼント」をあげたいとおもい、看板の修理をおこなったのです。

3日間の作業中に、彼に興味を持って話しかける人がいました。

「なんでそんなことをしているの?」

そんな様な事を聞いてきたそうです。

「聞いてきたそうです」というのは、実は彼は耳が不自由なのです。

しかし、雰囲気で何を聞いてきたかを察した彼は、黄色い紙に文字を書き始めました。

その紙には

「I LOVE HAWAII」

と書いてありました。

彼とは静岡に住む日本人、オオタ・タツロウさんという方です。