ウクレレの魅力。4本の弦からなる小ぶりの楽器。一見するとおもちゃのようで、これはちゃんとした楽器なの?と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかしこの小さな4本弦の楽器は、弦を弾くだけでハワイの青い海や山脈を思い浮かばせるような音色が広がるから不思議です。
比較的シンプルなコードを抑えながら弦を弾くと十分ハワイアン音楽を楽しめます。そして他の楽器に比べても、比較的簡単に弾くことが出来るものと思います。もちろんテクニックを極めようとすると奥の深い楽器ですが、気軽に始めることが出来るのがウクレレの魅力でもあります。

ウクレレの歴史は1800年後半から。ポルトガルからやってきた人が持ってきた楽器、ブラギーニアを改良して作られたものがウクレレなのです。

当時のハワイでは、ほら貝や太鼓などの楽器のみでありました。そこにウクレレが現れ、ハワイにメロディーが誕生したのでしょう。今やハワイでは、ウクレレが各家庭にひとつはあると言われるほど身近な楽器となっています。

ウクレレを愛するハワイでは、毎年盛大にウクレレ・フェスティバルが開催されます。その日はたくさんの家族や仲間たちが、朝早くからイベントを楽しみます。椅子やテーブルを用意して、そこにお弁当や飲み物などが並べられます。1日かけてゆっくりとフェスティバルを楽しむのでしょう。たまたま旅行中にこれらのイベントに遭遇したら、ぜひ一緒になって楽しんでしまいましょう。

たくさんの人の笑顔に出会えるウクレレ・フェスティバルを見ていると、あらためてウクレレがハワイアンにとって生活の一部になっているのを感じます。