アロハシャツ。

その歴史は意外にも日本と深い関わりがあると言われています。

もともとアメリカやヨーロッパからハワイに渡ってきた宣教師達が持ち込んだシャツが起源と言われていますが、そのカラフルな色どりは日系移民が持ち込んだ和服と関係があるようなのです。

1920年代に日本からハワイに渡った日系移民。ハワイに渡るときに当然ですが、和服や着物・浴衣などを着ていました。それらの衣服をハワイの気候にあわせるように仕立て直したのが今のアロハシャツの原型になたようです。

浴衣や着物などはカラフルなデザインが、和柄のアロハシャツにつながっていくのです。

アロハシャツという呼び名になったのは1930年代から。エルリー・チャンという方が自身が仕立てたシャツをアロハシャツと商標登録したことがきっかけです。

そしてアロハシャツの名前が一般的になるのは、1935年に日系人がオーナーの洋服店ムサシヤ商店が新聞で広告を出したことによります。この新聞広告をきっかけにアロハシャツの名前が急速に広がり始めました。
その後カラフルな柄シャツのアロハシャツが急速に人気が出始めるのです。

また人気のノレインズ(Reyn's)がビジネスシーンでも着れるようにと、プリントの色合いをおさえたアロハシャツを売り出しました。それによりアロハシャツはフォーマルな場所でも着用されるようになりました。

ここでも日本とハワイ、意外なつながりを発見です。

<ハワイの素晴らしい文化>

アロハシャツ(Aloha Shirts)
ムームー(Muu Muu)
ウクレレ(Ukulele)
サーフボード(Surf Board)
ハワイアンジュエリー(Hawaiian Jewelry)
コアウッド製のアイテム(Koa Goods)
ハワイアンキルト(Hawaiian Quilt)
レイ(Lei)