ワイキキビーチの砂

ワイキキビーチの砂の秘密

ワイキキビーチ。

世界中の方が憧れるビーチ。

エメラルドグリーンの海、白い砂、そしてどこまでも広がる青い空。

いかがでしょう、ワイキキビーチに対してこんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

まさしく世界中の人を虜にする理想のビーチではないでしょうか。

しかしこの美しいビーチ。

実はピンチなのです。

「ピンチ!?」

何がピンチかと言いますと、実はワイキキビーチは毎年打ち寄せる波によってあの白い砂浜が侵食されているのです。

そして砂を足さないと、ビーチが無くなってしまうかもしれないのです。

もともとこのワイキキビーチに面するホテルが立ち並ぶ場所は湿地帯でした。

この辺り一帯は、タロイモの養殖などが行われていた地域なのです。

そもそもWaikiki(ワイキキ)とは「水の湧き出る場所」を意味します。

このあたり一帯はまさしく水が湧き出る湿地帯で、水田が広がっているような場所だったのです。

そのような土地だったのですが、ハワイ州はこの湿地帯であったワイキキをリゾート地にしようと計画します。

そしてまずはアラワイ運河が造られたのです。

アラワイ運河を造るときに掘った土を利用して、ワイキキ一帯を埋めたて、その流れで世界屈指のリゾート地「ワイキキ」が出来上がったのです。

ちなみに湿地帯だった頃のワイキキには、今のようなビーチ(砂浜)はありませんでした。

ワイキキビーチは、1920年代頃からオアフ島のノースショアやカリフォルニアのマンハッタンビーチから運んで来た砂で作られた人工の砂浜なのです。

そして今でも、波で砂が持っていかれてしまうので、定期的に白い砂を運んできて足しているのです(最近では環境などを意識して、流れ出てしまった砂をもう一度吸い上げてビーチに戻されています)。

あこがれのワイキキビーチ。

実はこんな裏話があったのですね。