ハワイのビーチ大特集

ハワイのビーチ

アラモアナビーチパーク

ハワイといえば、やっぱりビーチ。
超有名なワイキキ・ビーチをはじめ、ここオアフ島にはたくさんのビーチがあります。

ビーチ・パークなどもたくさんあるので、プレートランチを持って出かけてみては。
Enjoy Hawaii !!

ワイキキビーチ

ハワイで一番有名なビーチ、ワイキキビーチ。
ワイキキビーチは「ハワイで一番有名なビーチ」というよりも、「海外のビーチで有名なところと言えば?」と聞かれたらまず一番に思い浮かべるビーチなのではないでしょうか。
日本人にとっては「ワイキキビーチ」は「湘南」という言葉と同じくらいにメジャーなブランドなのかもしれません。
もちろん日本人だけではなく、世界中の人から愛されているビーチでもあります。
なんだかんだと言っても、オアフ島に来たら一度は訪れておきたい場所です。
ところで、あまり気にもせずワイキキのメインビーチの事を「ワイキキビーチ」と呼んでいますが、いったいどの辺りの事を指すのでしょうか?
実はワイキキビーチはその範囲が広く、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジからニューオータニ・カイマナビーチホテルまでをワイキキビーチと呼ぶのです。
その距離、実に約3キロにもおよびます。

ワイキキから近場のビーチ

ダイヤモンドヘッドビーチ

ワイキキからも歩いていける絶景ポイントがあるダイヤモンドヘッドビーチ。
ワイキキエリアからですと、カピオラニ公園をぬけて(途中カピオラニ公園内の噴水やニューオータニなどがあります)、海沿いの上り坂が続く道を歩きます。
ここで気をつけて欲しいのは住宅街に続く道を行くのではなく、ダイヤモンドヘッドロードという通りを歩いてください。
緩やかな上り坂になっている方向です。
ゆっくりと上り坂を歩くと進行方向右手に駐車場が見えます。
そこが今回の目的地のダイヤモンドヘッドビーチになります。
そして、このビーチへの入り口にある駐車場は、ワイキキから近い絶景ビューポイントとしても有名です。
しかしビーチの上からこの絶景の景色を楽しむ人は多いのですが、ビーチにもアクセス可能なことは知らない人も多いようです。
ここまで来たらせっかくなので、ビーチへとつづく道を下ってみましょう。
そこには別世界があるのですから。

アラモアナビーチパーク

アラモアナと聞いてみなさんがまず思い出すのは、やはりアラモアナ(ショッピング)センターでしょう。
アラモアナはショッピングセンターのイメージが強いのでしょうが、目の前にあるアラモアナビーチパーク、実はこちらも最高なのです。
場所はまさしくアラモアナセンターから見て通りの向こう側。
目の前の道を挟んですぐがビーチパークになっているのです。
すごく近い場所にあるのですが、ここではなぜか日本人を見かける機会が少ないですね。
週末になるとローカルがたくさん集まる、ワイキキエリアから近場の穴場ビーチパークなのです。
また、昼間もすごく雰囲気の良いビーチなのですが、サンセットの時間になると一生の思い出になるようなステキな夕日を見ることができます。

サンドアイランドビーチパーク

レンタカーがないと、アクセスが難しいサンドアイランドビーチパーク。
ワイキキから見た場合、カカアコ地区を少し過ぎたあたりに位置します。
サンドアイランドビーチパークは、ホノルル湾にある埋め立ての人工島です。
ビーチパーク内に入ると、正門から左手の方向にホノルルのダウンタウンを見ることが出来ます。
ここから眺めるダウンタウンの写真は、遠くにアロハタワーが見えてガイドブックなどにもよく掲載されています。
夜景はさぞキレイなんでしょうね(しかし夕方以降は犯罪なども多く危険ですので、アクセスしないようにしてください)。
ここは、ビーチ沿いから見る景色がなかなかのもの。
かなり良い景色なんですね。
遠くにダイヤモンドヘッドやダニエルイノウエ空港(旧ホノルル空港)が望め、飛行機の発着なんかも見る事が出来ます。

ワイアラエビーチパーク

秘密にしたいとっておきのビーチ
それこそが、ここワイアラエビーチパーク。
オアフ島のお気に入りビーチパーク、出来れば誰にも教えたくないビーチパークです。
ここワイアラエビーチパークは高級住宅街のカハラの一角にあります。
ビーチには近くの住民なのでしょうか、ワンちゃんをつれてビーチに散歩に来ています。
ビーチを走り回るワンちゃんが本当に嬉しそうです。
ワイキキビーチと違って、ほのぼのとした空気が流れるこの感じが良いんです。
このビーチもあまり日本人や観光客を見かけたことがありません。
ローカルが休日に楽しむ最高のビーチと言ったところでしょうか。

ケワロ・ベイシン・パーク

アラモアナ・ビーチからもすぐのケワロ・ベイシン・パーク。
ここはローカル密度の高いパーク、出現頻度の高い日本人をはじめ観光客の姿はほぼ見かけません。
またここは、すこし場所がわかりづらいかもしれません。
ここケワロ・ベイシン・パークには、「ビーチ・パーク」という名前が付けられていない事からお分かりの通りビーチはありません。
ビーチは無いですが、緑地がきれいに整備されているパークです。
またこのパーク内からは、ダイヤモンドヘッドとワイキキの絶景ポイントでもあり、インスタ映えすること間違いありません。

カイルア・タウンから近場のビーチ

カイルアビーチパーク

さすが!全米ナンバー1のビーチ!
カイルア・タウンまで行ったら、ぜひ訪れてほしいのがカイルア・ビーチ・パーク。
オアフ島を代表するビーチパークです。
カイルアタウンからは車ですぐ。
広めの駐車場があるのですが、休日はすぐに満車になってしまいます。
スケジュールの都合が合うなら平日に出かけた方がベター。
駐車場に車を停めた後は、パークを歩いてビーチへと向かいます。
ここ駐車場からビーチまでは公園を挟んでアップダウンとなっているので、車を停めてすぐにはビーチをのぞむことが出来ません。
公園が少し小高くなっているのでビーチを見る事が出来ないのです。
そしてこれがまた良いんです。
小高い丘を登った先にエメラルドグリーンの海が広がっているのです。
思わず「これは演出なのか?」と考えてしまうほどです。

ラニカイビーチ

ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海を意味します。
まさしくここは「天国の海」と呼ぶにふさわしいビーチ。
カイルアの街からは、車ですぐ。
レンタカーが無い場合などは、レンタサイクルが便利かもしれません。
自転車を借りればカイルアビーチやラニカイビーチを十分満喫することができます。(観光客のレンタサイクルは地元の人から危ないということで問題にもなっています。充分に気をつけてください。)
そしてここラニカイビーチは、ビーチパークではありませんのでシャワーやトイレなどの施設はありませんし、駐車場もありません。
車はビーチ沿いに立ち並ぶ高級住宅街で路上駐車になります(ラニカイビーチの近くにあるラニカイパークでは沿道に路上駐車できます。アアラパパドライブとカイオレナドライブの交差するところに公園はあります。)。
いざビーチに入るには、住宅と住宅の間にあるいくつもの小道のどれかを抜けるように歩くとビーチへ出ることが出来ます(住宅と住宅の間の小道は全部で11あります。おすすめは6)。

カラマビーチパーク

カイルアビーチからほど近い場所にあるカラマビーチパーク。
ここは別名オバマビーチと呼ばれています。
オバマ大統領が小さい頃によく遊んだビーチらしくそのような呼ばれ方もしているのです。
場所はレンタカーがあればカイルアタウンからすぐ。
カイルアビーチパークに行くのと変わらない距離にあります。
しかしここカラマビーチパークは、最近観光客を見かけるようになったとはいえ、カイルアビーチやラニカイビーチほど知られていません。
さほど人が多いという印象もありませんのでリラックスできます。
駐車場が小さいので、車を停めるのに苦労するかもしれません。
無事車を停めれたら、いざパーク内を抜けてビーチに向かって歩きます。
白い砂の上を歩いてのビーチへのアクセスは、「さすがハワイのビーチ」といった趣きで雰囲気がありステキです。

ノース・ショアおすすめビーチ

ハレイワビーチパーク

ハレイワビーチパーク。
ハレイワの町から車ならすぐの場所。
徒歩でのアクセスも可能です。
ノースショアに住むローカルにとって憩いのパーク。
休日にはたくさんのローカルでにぎわいます。
ちなみにここのビーチは場所によっては岩が多く海水浴には向きません。
海に向かって左手方向に見えるにオアフ島の最西端であるカエナの景色を楽しむこともできます。
そして、実はこのあたり、運がよければウミガメと遭遇する事が出来るのです。
ハレイワビーチパークの近くにはハレイワアリイビーチパークもあります。
ちょっとややこしいですよね。
ハレイワの町からハレイワ・レインボーブリッジの手前を左折するとあるのが「ハレイワアリイビーチパーク」。
そしてハレイワ・レインボーブリッジを通り過ぎて左手にあるのが「ハレイワビーチパーク」です。

ラニアケアビーチ

ラニアケアビーチ

ラニアケアビーチ。
ウミガメに出会えるビーチとして大人気。
このビーチにウミガメが上陸し始めたのが1999年頃ですが、以前に比べると本当に人が増えたなと感じます。
日本の観光客の方をはじめたくさんのツーリストが癒しを求めてこのビーチにやって来ています。
このラニアケアビーチ、1月から3月までの波が高いときにはサーフィンが出来るビーチです。
冬場は波も高くウミガメがビーチに近寄れなくて、その姿を見られない時もあるようです。
しかし冬場の波の高い日以外については、かなりの高い確率で出会えますのでご安心を。
幸運を運んでくるといわれるHONU(ウミガメ)に会いに行き、自然を感じてみてはいかがでしょう。

ププケアビーチパーク

ハレイワまで来たら、もう少し車を走らせて行ってもらいたいのが、ここププケアビーチパーク。
ワイメアベイビーチパークの少し先になります。ハレイワからは車で約20分程度で到着です。
ここもビーチの脇に駐車場があります。進行方向に対して左手です。目印はフードランド。
フードランドのほぼ正面一帯に車を停めることが出来ます。
ここププケアビーチは1983年ハナウマ湾に続いて、オアフ島の海洋生物保護区に指定された場所です。
ププケアビーチの真中のタイドプールの水深は約1メートル程度。
ゴーグルをして、水の中を覗き込むとたくさんの魚に出会えます。
ここにいる魚はスズメダイなどが多いようです。

オアフ島には魅力的なビーチがいっぱい

サンディービーチパーク

オアフ島を東海岸経由でドライブすると、ハナウマ湾を超えた絶景の先にあるのがサンディービーチパーク。
ワイキキから車で約30分の場所にあります。
白いビーチに青い海、そして波打ち際の白い波と青い空。
ビーチからはるか遠くの水平線まで広がるこれら青と白の彩りが美しく、思わず写真に収めたくなる光景が広がっています。
それがここサンディービーチ。
波打ち際でブレイクするパワーのある波に、果敢にも多くのボディーボーダーが挑戦しています。
ここはまさしくボディーボーダーの聖地ですね。
とてもきれいなビーチですが、ケガや事故の多いビーチとしても知られるため注意してください。

ワイマナロビーチパーク

オアフ島の東側にあるワイマナロビーチパーク。
はじめてこの場所を訪れたとき、天気が最高に良くて人もいなかったので「本当にキレイなビーチだなぁ」とため息が出たのを思い出します。
そしてなんとここワイマナロビーチは見事2015年の全米ナンバー1ビーチに選ばれたのです。
今後人気急上昇のビーチとなることでしょう。
ワイマナロビーチパークへの行き方は意外とカンタン。
カラニアナオレ・ハイウェイ(72号線)をひたすらまっすぐに走り、マカプウ灯台を通り越してシーライフパークを越えたあたりから車で約15分程度到着。
ワイキキからですと約40分程度のドライブでこんな天国のようなビーチに到着。
しかし入り口に注意してください。
ドライブしていても、しっかりと注意していないとワイマナロビーチパーク入り口の看板に気づかないかもしれません。

オアフ島ビーチランキング

オアフ島のおすすめビーチ、ベスト3のランキングです。
ガイドブックではどのビーチもすごくきれいな写真が掲載されていたりするので、どのビーチに遊びに行ったら良いのか迷ってしまいますよね。
ハワイ・オアフ島のおすすめビーチランキング

覚えておきたいビーチでの過ごし方

ビーチでの貴重品の管理

大人数でビーチに遊びに行くときは誰かに貴重品を見ていてもらって、順番に海に入って遊ぶ事も出来ますでしょうが、少人数の時はそれも出来ません。
お金などの貴重品はホテルに置いておくのが一番安全ですが、何かを買いたい時など、そのたびにホテルに戻るのもしんどいです。
そこでここでは私たち編集部員がビーチに出かける際にどのように貴重品を管理しているかをご紹介します。

ビーチで飲酒(ハワイでは違法)

ビーチでの飲酒。
これはあらゆるハワイガイドブックなどで明記されていますので、日本人観光客にもかなり理解されていると思います。
「ビーチでの飲酒」は違反になりますのでご注意ください。
ハワイでは日本と飲酒が認められる年齢も違います。
日本は20歳以上ですが、ハワイでは21歳以上。
アルコールの販売も日本より厳しく管理されています。

ハワイのビーチについて

はじめてハワイに旅行した時、当時は右も左も分からなかったのですが、「ワイキキビーチ」という有名なビーチ名だけはかろうじて知っていました。

そしていざはじめてのハワイ。当然ながら、ワイキキビーチに直行したのです。

カラカウア通りを歩いてデューク像方面へ歩きました。モアナサーフライダーの前を通り、交番を抜けようとする辺りから、やけに光がまぶしく感じたのを覚えております。

その時、期待がMAXだったのですが、いざビーチに到着した時の感想は「せ、せまい」でした。

はじめてのビーチは想像以上にせまく感じたのです。

当時は当然、ワイキキビーチの砂は定期的に補充していたりだとか、常に侵食されているなども知らなかったので、もっと広いビーチを想像していたのです(たしかに横には長いのですが)。

しかしそのせまいビーチから海に出たとき、時間はもう夕方くらいだったのですが、ダイヤモンドヘッドが夕日に照らされている風景に感動したのを覚えています。

そしてその後、何回かのハワイ旅行でワイキキビーチをはじめ他にもたくさんの魅力的なビーチがあることを発見していきました。

まだまだ未知の穴場的なビーチがたくさんあるのだろうと想像すると、次のハワイ旅行が待ちきれません。