飛行機に搭乗した時の注意事項

飛行機に搭乗した時の注意事項

飛行機に搭乗した時、注意して頂きたい事、それは「手荷物」についてです。

飛行機に搭乗したら、大きめの荷物は座席上の棚にいれておきます。

そして小さめのバッグの場合は座席下に置いておけぼOKです。

ここでひとつ注意を。

知らないと面倒くさいトラブルになるかもしれませんのでご注意ください。

それは手荷物を座席上の棚に入れるときです。

じつはこの際にうっかりと荷物を落としてしまい、それが他の搭乗客の頭の上等に落としてしまうといったケースがあるようです。

その際、その搭乗客とトラブルになってしまっても、基本的には航空会社は補償をしてくれません。

荷物を棚にしまう時にはその近くに搭乗客がいないか、または近くに搭乗客がいて棚に荷物をおきづらい時などはキャビンアテンダントにお願いしてしまったほうが得策です。

せっかくの楽しい旅行です。

荷物を落とした方も、落とされた方も嫌な気分になるのは避けたいところです。

そして場合によっては損害賠償を請求されたケースもあるようですのでご注意を。