ハワイのBYOB!?

ハワイのレストランではアルコールを提供していないお店があります。

グルメ本で見つけたお目当のお店。さっそく冷たいビールでもとメニューを見ても見当たらない。
こんな経験はございませんか?

実はハワイでお店を開いても、アルコールを販売するライセンスの取得がかなり面倒と言うことで、アルコールの販売をしていないケースがあるのです。

それでは「せっかくの美味しい料理をビール抜きで食べるの?」と残念に思うビール党の方もいらっしゃるでしょうが、ご安心ください。

大抵そのようなお店がでは「BYOB」がOKなのです。

BYOB!?

日本では聞きなれない言葉ですよね。

これは「Bring your own Bottle」の略で、お酒の持ち込みOKという意味なのです。

お店に入って後に「えっ!ビールが飲めないの!?」と気づいたとしても、近くのコンビニなどでアルコールをゲットして持ち込めば良いのです。
考えようによっては、ハワイのスーパーなどではビールがとってもリーズナブルな値段で販売されているので、手間を考えなければ「お得」かもしれません(ちょっと面倒ですし、せっかくのハワイ旅行でBYOBもどうかという気もしますが)。

そして注意点をひとつ。

コンビニなどでアルコールを購入する際には、身分証明書の提示などを求められますの注意しましよう。

例えば「俺はもう30歳だぞ!なんでわざわざ身分証明書を出さなければいけないんだ。」と文句をいってみたところで、万が一未成年にアルコールを販売したらお店の方が大変なペナルティーを受けますので、そこはしっかりとハワイのルールに従いましょう。