ハワイで運転する際の注意事項

ハワイで運転する際の注意事項

レンタカーを借りる手続きが終わり次第、すぐにドライブへ出かけたいところでしょう。

しかしちょっと待ってください。

ハワイでの運転では、いくつか注意しなければならない事があります。それでも必要以上に心配することはありません。

最初からその違いに気づいていたら、問題にならないような事ばかりです。それではひとつずつ事例をチェックしていきましょう。

・ハワイ(アメリカ)では右側通行。日本とは逆になります。当然ですが日本の交通ルールに慣れているので、ぼんやりしていると車線の左側(日本のルール)を走っているなんて事はよく聞く話しです。慣れるまで、慣れてからもこの基本ルールには気をつけましょう。何回も日本人の運転する車が車線の左側を走行しているのに遭遇しています。いつ事故を起こしても不思議ではありません。

・ハワイは右側通行ですので、車も日本と違い「左ハンドル」になります。人によって差はあるのでしょうが、ある程度運転すると慣れてることが出来るものと思います。

・左ハンドルですので、ウインカーやワイパーなどの位置が逆になります。「道路を左折しようとしてウィンカーを出そうとしたら、ワイパーを動かしてしまい気が動転した」といった話しはたくさんあります。

・右側通行のハワイでは、赤信号でも右折が出来ます(禁止されている交差点もあります)。一時停止をしたあと、左からの車が来ない事をしっかり確認してから右折してください。車が来ないのに、赤信号だからと勘違いして車を進めないと、まわりのローカルの人に迷惑が掛かりますのでご注意ください。右折禁止の交差点には「NO TURN ON RED」の標識があります。

・車のスピードメーターや看板などに表記されている制限速度は「マイル表示」になります。1マイル=は約1.6キロメートルになりますので「SPEED LIMIT 35」の看板のあるところは制限速度が35マイル、キロ表示ですと約56キロとなります。
実は日本人の違反で多いのがスピード違反。広い道路をマイル表示で運転していると、スピードの感覚がなくなってしまうのでしょう。今何マイルで走っているのか、スピードメーターのチェックをいつも以上にするようにしましょう。

・ハワイにはクロスウォーク法(横断歩道法)という法律があります。歩行者が横断歩道を渡っている時には、歩行者が横断歩道の中央を過ぎるまでは停止していなければならないのです。違反した場合は当然罰金となりますのでご注意ください。

・スクールバス(黄色の車体に黒のラインが入っています)が停車している時は、車を動かしてはいけません。 同じ車線の前方にスクールバスが停車中には、絶対に追い越し禁止です。またスクールバスが対向車線に停車している場合でも、対向車線の車は停車しないといけません。

・ガソリンはほとんどのガソリンステーションでセルフサービスとなります。給油の方法が日本と少し違いますので、ここで覚えてしまいましょう。給油ポンプの前に車を止めたら、お店に入ってキャッシャーでデポジット(前金)を払います。自分の車の停めてある給油ポンプのナンバーを伝えてから、給油をスタートします。レンタカーに給油する場合は、レギュラー(Regular)ではなく無鉛(Unleaded)を入れるようにしましょう。

・クラクションを鳴らさないのがハワイのマナーです。危険な状況や緊急時には当然クラクションを鳴らしますが、逆に言うとそれ以外の場合は控えた方が良いでしょう。ハワイでドライブした時に、クラクションの音を何回聞いたことがありますか?日本に比べて驚くほど少ないことに気づかされるはずです。そのような状況ですので、日本の感覚でクラクションを鳴らすとトラブルの原因になりますのでご注意ください。

ハワイの人たちの車の運転を見ていると、(多くの人が)マナーの良いことに気づくことでしょう。ハワイは日本のように電車などがありませんので、完全なる車社会です。完全なる車社会ゆえに、日本に比べてもはるかにマナーやルールが成熟しているのかもしれません(渋滞の問題とかが解消されていませんが)。特にハワイの人達の運転マナーとルール順守の良さには驚きます。