ビーチで飲酒(ハワイでは違法)

ビーチでの飲酒。

これはあらゆるハワイガイドブックなどで明記されていますので、日本人観光客にもかなり理解されていると思います。

「ビーチでの飲酒」は違反になりますのでご注意ください。

ハワイでは日本と飲酒が認められる年齢も違います。

日本は20歳以上ですが、ハワイでは21歳以上。

アルコールの販売も日本より厳しく管理されています。

日本ではコンビニエンスストアなどで24時間アルコールを販売しているお店もありますが、ハワイではすべてのお店で朝6時から深夜0時までしかアルコールの販売は出来ません。

またアルコールを買う際も、26才以下の方は写真付きの身分証明書を提示しなければなりません。

ハワイではビーチだけでなく、公園などの公共の場所での飲酒は違法となりますし、そのような公共の場所での飲酒だけでなくお酒に酔った状態で公共の場所に行くことも禁じられています。

当然公共の場所での飲酒は逮捕されることもあります。

このようにハワイの飲酒に関する法律は日本より厳しいので充分注意ください。