【レンタカー大特集】ハワイ旅行を3倍楽しむためにはやっぱり「レンタカー」です!

ハワイでレンタカー

目次

オアフ島ってどんな島?

ハワイ・オアフ島。

日本人にとって一番人気のハワイの島。

はじめてのハワイ旅行では、ほとんどのツーリストがここオアフ島に向かうようです。

ちなみにオアフ島の広さをご存知でしょうか。

オアフ島の広さはナント「東京都の約70%」とけっこう大きな島なのです。

意外でしたでしょうか?

これだけ広い島なのですが、交通手段はバスのみで電車がありません。

そしてオアフ島の魅力は、多くの方が宿泊するワイキキ地区だけではありません。

ノースショアやカイルア、最近ではコオリナなど、島の東西南北に至る所にわたって魅力的なスポットが点在しているのです。

せっかくのハワイ旅行。

これらの観光スポットすべてとは言いませんが、少しでも多くを見れたら良いですよね。

しかしたとえばノーショア(ハレイワ)へバスで出かけるとなると、目的地に行くまでいろいろな停留所を経由しますので、思いのほか時間がかかります。

またバスもいろいろ種類がありますので、ツーリストにとってはどのバスに乗っていいのかちょっと分かりづらいです。

みなさん、または一緒に行かれる方の中で免許をお持ちならば、やはりレンタカーが良いのではと思うのです。

ここではレンタカーを利用するメリットから、レンタカーを借りる時の注意事項まで、「レンタカーについてのすべて」についてご紹介します。

ハワイ旅行が何倍も楽しくなります!

ハワイ旅行を何倍も楽しむ方法、それはレンタカーを利用することです。

ハワイはオアフ島をはじめハワイ島・マウイ島・カウアイ島も同じく、島のあちこちに名所があります。

レンタカーがあれば「バス」よりも「オプションツアー」よりも何倍も行きたい場所に行くことが出来ます。

たとえばこんな事も出来ます。

ハワイ到着後ホノルル空港でレンタカーを借りれば、念願の行きたかった場所に直行が可能です。

また、帰国の日も、空港に向かう直前まで行きたかった場所に立ち寄ってハワイをエンジョイすることが出来るのです。

これだけで最低2ヶ所行きたいところに行けるのです。

これは大きいですよ!

私の場合こんな感じで、到着直後・帰国ギリギリまで楽しんでいます!

それでは私のレンタカー活用術をお伝えします。

念願のハワイに到着すると、そのまま空港でレンタカーを借ります。

現地での面倒くさい手続きがイヤなので、予約は日本で済ませておきます。

ハワイ到着すぐは気持ちは高ぶっていても、長旅で疲れがあるはず。

「時差ボケ」「右側通行」などにも注意が必要です。

そんな事に注意しながらも、さっそくハワイをエンジョイします。

たとえばこんな感じです。

「ホノルル空港からマノアのカフェに直行」

あえてマノアのカフェに向かって、いきなりローカル気分にどっぷり浸かるのです。

最高ですよ。

その他にもこんな事も。

「ローカルしか来ない空港近くのパンケーキハウスでパンケーキとオムレツ!」

とくに特別な名所に行くわけではないのですが、私の場合これこそが「ハワイに来た~!」と実感できる瞬間なのです。

とうぜんですが、このような場所にはレンタカーでないと来れません。

こんな感じでハワイステイをいきなりエンジョイしています。

また帰国の日の私の行動はこんな感じです。

「ホテルを朝早くチェックアウト!お気に入りのシークレットビーチでテイクアウトした朝食」

ハワイステイを到着スグから帰国ギリギリまでエンジョイさせて頂いています。

ハワイでレンタカー、行動範囲も広がりますし、滞在時間中は目一杯楽しめます!

ハワイでレンタカー借りたときの給油方法が分からないです

レンタカーは日本で予約しておきましょう!

ハワイでレンタカーを借りるには、まずは事前予約をしておいてください。

現地での予約では、お目当ての車が空いていないことが多々あります。

また借りたい車は決まっても、その後に保険はどうするのかといった面倒くさい手続きがあります。

現地のスタッフのほとんどは英語しか喋りませんので、なんだか訳の分からない契約(とくに保険)をしてしまう事もあります。

このような事にならないためにも、レンタカー予約はハワイへの出発前、日本で済ませるべきです。

日本で旅行の予約をする時に、それと同じタイミングでレンタカーも予約しておくべきです。

ハワイ旅行でレンタカーを予約するには ハワイ旅行でレンタカーを予約するには

【厳選6社】ハワイでおすすめのレンタカー会社!

ハワイオアフ島には、複数のレンタカー会社があります。

それでは、それらのレンタカー会社からどこを選んだらよいのでしょう。

はじめてのハワイ旅行だとまったく検討がつきませんよね。

そこでズバリ、注意する点はふたつ「価格」と「営業所の場所」です。

まず最初の「価格」ですが、これは「コンパクトサイズ」「セダンサイズ」「オープンカー」といった車のサイズなどによって決まっているのですが、各社でさほどの値段の差はありません。

「それじゃ、何で価格に注意するの?」と思われるでしょう。

この「価格」で気をつけて頂きたいのは各社が行う「キャンペーン」なのです。

各社のホームページをチェックしてみると、いろいろなキャンペーンがあります。

予約の前にぜひチェックしてみてください。

そして次にチェックするのは「営業所の場所」です。

空港で借りる場合は問題無いのですが、たとえばワイキキ地区の営業所で予約する場合、思いのほか宿泊ホテルから遠くて歩いて行くのにすごく苦労したといった話しもあります。

「価格」と「営業所の場所」、このふたつだけは注意しましょう。

ハワイのおすすめレンタカー会社 ハワイのおすすめレンタカー会社

レンタカーを借りた時のトータル費用について!

レンタカー料金には、「車を借りる契約日数分の料金」やそのほか「保険料金・税金」などがかかります。

契約の期間などは「1日単位」での計算になります。

1日レンタカーを借りる契約をした場合、たとえば午前中の10時に車を借りたら、その翌日の10時までに返却をしなければなりません。

みなさんの滞在中のご予定に併せて、一番都合の良い時間をお選びください。

気になる料金は、このレンタカー料金と保険がメインとなりますが、このほかガソリン料金などもかかります。、

そして何日も借りる場合に意外とお金がかかるのが「駐車料金」なのです。

みなさんが宿泊する予定の駐車料金はぜひ事前に調べておくべきです。

意外の高さにビックリするかもしれません。

そのような場合には、ワイキキ地区でもリーズナブルな駐車場がありますので、そちらをご利用することをおすすめします。

ハワイ旅行でレンタカーにかかる料金 ハワイ旅行でレンタカーにかかる料金

レンタカーの車種(サイズ)について。車種ごとの違いを覚えておきましょう!

レンタカーの車種(サイズ)は、料金の違いはもちろんのこと、搭乗の際に大きな違いがあります。

この車種ごとの違いについて、日本人が一番安心できる(!?)「ニッポンレンタカー」を例にとって紹介します。

ニッポンレンタカーがハワイで提供している車種は9種類。

けっこう種類が充実していますよね。

それではそれぞれの車種とその特徴について紹介します。

小型車

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Nissan Versa、その他
【料金】満タン返し $109  
    満タン不要 $119  
【定員数】4名
【荷物】大0 小1

少人数での旅行でしたら、一番コスパが良いのがこのコンパクトサイズ。
その名の通り車体がコンパクトですので、はじめての道でも安心です。

中型車

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Toyota Callora その他
【料金】満タン返し $119  
    満タン不要 $129
【定員数】4~5名
【荷物】大1 小2

理想はこのサイズでしょうか。
例え少人数であっても、このくらい大きさに余裕があった方が、運転に慣れ始めると楽に感じ始めると思います。

フルサイズ

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Hyundai Sonata その他
【料金】満タン返し $139  
    満タン不要 $149 
【定員数】5名
【荷物】大2 小1

こちらのサイズは同乗者が5人いる場合にはおすすめです。
例えば大人4人、子供1人なら快適なドライブを楽しめると思います。

ジープ

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Jeep Wrangler
【料金】満タン返し $159  
    満タン不要 $169  
【定員数】4名
【荷物】大2 小2

憧れますね!ハワイでJeepに乗るなんて!
しかし意外にも、この車。外から眺めているとスゴク大きく見えますが、車内はとてもコンパクトなのです。
大人5人以上の場合には、ゼッタイにおすすめ出来ません。

オープンカー

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Ford Mustang その他
【料金】満タン返し $149  
    満タン不要 $159  
【定員数】4名
【荷物】大0 小2

こちらは2人まで。
定員数は4名となっていますが、3名でも無理です。
後部座席は市内を数百メートル程度移動するだけならOKでしょうが、それ以上のドライブはキツイ!
ワイキキエリアのホテルからアラモアナショッピングセンターまででも、相当ツライ思いをすると思います。

プレミアム

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Toyota Avalon その他
【料金】満タン返し $149  
    満タン不要 $159  
【定員数】5名
【荷物】大2 小1

SUV

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Buick Enclave その他
【料金】満タン返し $159  
    満タン不要 $169  
【定員数】5名
【荷物】大2 小3

ラグジュアリー

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Cadillac XTS その他
【料金】満タン返し $169  
    満タン不要 $179  
【定員数】5名
【荷物】大2 小2

良いですね。
キャデラックなんて最高に憧れます。
ちょっとドレスアップをして、ハワイカイあたりのレストランまでキャデラックでお出かけ。
う~ん、最高です。

ミニバン

ハワイで格安でレンタカーを借りる方法

【車種】Dodge Caravan その他
【料金】満タン返し $169  
    満タン不要 $179  
【定員数】7名
【荷物】大3 小1

5人以上の乗車人数の場合は、セダンタイプよりこのミニバンの方が楽でしょう。
マイナスポイントは、それなりに料金が高いところ。

ニッポンレンタカーの6つの特徴

01 フルカバー保険/補償

対人保険100万ドル(SLI)、運転契約者・搭乗者(PAI)、車両事故補償制度(LDW)

02 満タン分のガソリン代無料!

初回時満タン分ガソリン無料。返却の際、満タン返し不要!(※満タン返し不要プランの場合)

03 幼児専用シート無料!

1台まで無料。8歳未満は法律で着用を義務付けられています。

04 追加ドライバー無料!

1名まで無料、ただし25歳未満の方は別途ヤングレンター料金がかかります

05 乗捨て料金無料!

ホノルル空港⇔ハイアットセントリック内ナショナル社駐車場、

06 各種税金も含まれています!

州税、レンタカー利用税、ライセンスフィー

ニッポンレンタカーの営業所はココ!

◆ワイキキ地区

①ワイキキTギャラリアDFS営業所

営業時間:朝7時30分から18時30分 年中無休
電話番号:(808)922-0882

②ワイキキ・ディスカバリーベイ内日本語カウンター

営業時間:朝7時から14時まで 年中無休
電話番号:(808)943-1560 

③ワイキキビーチマリオット・リゾート&スパホテル内日本語カウンター

営業時間:朝8時から午後12時、土・日休業
電話番号:(808)921-2749

◆ホノルル空港

④ホノルル空港カウンター
 営業時間:朝7時から午前11時 年中無休
 電話番号:(808)922-0882

オープンカーに乗ってみよう!

ハワイをオープンカーで颯爽と走る!

想像しただけで「気持ちいい!」ですよね。

ハワイ旅行は「非日常」を感じながら思いっきりエンジョイするためのもの、その演出のために「颯爽とオープンカーでハワイを走る!」なんて最高ですよね!

ハワイで乗るオープンカーの魅力、また一方でオープンカーを乗る時に注意しておきたい事、オープンカーのすべてについて紹介します。

せっかくのハワイ、オープンカーを借りてみよう せっかくのハワイ、オープンカーを借りてみよう

保険はとっても重要!まずは保険の基本について知りましょう!

ハワイでレンタカーを借りる際には、保険の種類を理解しましょう。

でも、これってちょっとめんどうなんですよね。

保険は種類もたくさんありますし、どの保険を選んでおくべきか迷ってしまいます。

また、保険内容が同じだとしても保険名称がレンタカー会社によって違ったりするので、正直ほんとうに面倒です。

そうは言っても保険について少しは理解しておかないと、いざ事故になった時にも大変です。

ここでは少なくとも覚えておいた方が良いと思う「保険の基礎知識」について紹介します。

ちょっと分かりづらい!?レンタカーの保険 ちょっと分かりづらい!?レンタカーの保険

持っていたら何かと良い!国際免許証!

ハワイでレンタカーを借りる際には、国際運転免許は必要ありません。

日本の運転免許証だけでもレンタカーを借りることができますのでご安心を。

しかしそれでも国際免許証を持っていた方が便利な場合があります。

いざという時に国際免許証が役立つケースについて紹介します。

ハワイでレンタカー!国際免許証は? ハワイでレンタカー!国際免許証は?

ハワイのおすすめドライブコース

オアフ島に到着!

さっそく行きたいところがたくさんですよね。

レンタカーでたくさんの想い出を作りに行きましょう!

ハワイのおすすめドライブコース

日本とハワイの交通ルールの違い、ハワイで運転する時の注意事項

ハワイで運転する際には、いくつか注意しなければならない事があります。

それでも必要以上に心配することはありませんが、出来れば事前に覚えておきたい事があります。

せっかくのハワイ旅行です。

交通ルールを知らないせいで、違反や事故などを起こしてしまったらせっかくの旅行が台無しです。

そのような事にならないように、覚えておきたいルールや事例をチェックしておきましょう。

ハワイで運転する際の注意事項 ハワイで運転する際の注意事項

日本とは違う、ハワイでのガソリン給油について

ハワイでレンタカーを借りた時に、どうしてもしなければならないのが「駐車」と「給油」。

そして今回は「給油」についての方法を紹介します。

じつはこの給油方法、日本とハワイではビミョーにやり方に違いがあります。

はじめて給油する時、ほとんどの人が戸惑うようです。

私の場合は、事前に「ハワイでの給油方法」を勉強しておいたのですが、それでもいざガソリンスタンドに向かうと、すごく緊張したことを思い出します。

さてそこで今回は、多くの方が戸惑う「給油方法」についてお知らせします。

ハワイでのガソリン給油のやり方

ハワイに行ったら真っ赤なジープをレンタカーしてみたい

ハワイはやっぱりレンタカーが良い!

オアフ島内に点在する観光スポット。

ここオアフ島には、南エリア(ワイキキなど)・東エリア(カイルアなど)・北エリア(ハレイワなど)・西エリア(アウラニ・リゾートなど)、各地区ごとに魅力的な観光エリアがあります。

レンタカーがあれば「行きたい場所にいつでも行ける!」、これは魅力ですよね。

レンタカーが無いと「オプションツアー」で出かけたり、「バス」を利用したり、または「タクシー」を利用するようになります。

しっかりと交通ルールを守り安全運転をすれば、たとえはじめてのハワイでも心配することはありません。

行きたい場所へ気軽にドライブが出来れば、ハワイ旅行の満足度が一気に上がることでしょう。

レンタカーがあれば「今日はカイルア!明日はノースショア!」といった感じです。

また「ショッピングセンターへちょっとお出かけ」というときにもレンタカーがあると大変便利です。

交通ルールを守り、安全運転を心掛けてハワイ・ドライブをエンジョイしてみてください。

ハワイでドライブ

【徹底比較】ハワイのレンタカー会社について

「ハワイのレンタカー会社」の特徴を徹底比較します。

「ハーツレンタカー」「ダラーレンタカー」「バジェットレンタカー」「アラモレンタカー」等々、ハワイでとても有名なレンタカー会社。

またハワイには日本人に安心(!?)の「ニッポンレンタカー」などもありますので、ぜひ事前に徹底比較をしてみて下さい。

ハーツレンタカーについて

ハーツレンタカーは、空港の営業所は個人出口をでて割とすぐの場所にありますので、空港から車を借りたい方にはとても便利。

「ハーツゴールドプラス・リワーズ」に加入すれば、メンバー専用のカウンターで免許証を掲示するだけで、レンタル契約書と車のカギを受け取れますので、これまた大変便利です。

ダラーレンタカーについて

ダラーレンタカーはマルチアイランドプランという複数の島でレンタカーをする場合にとてもお得なパッケージプランを用意しています。

ハワイ島、マウイ島、カウアイ島に行かれる方はレンタカーはほぼ必須なので、こういったパッケージプランはとてもお得です。

バジェットレンタカーについて

空港から市内、市内から空港のワンウェイレンタルをしたい場合は大体20~30ドルの乗り捨て料金がかかるのが相場です。

しかし、バジェットレンタカーでコンパクト以上の車を借りればこの乗り捨て料金が無料でできます。

ワンウェイレンタルは空港と市内を行き来する交通手段として1日の利用をする場合が多く、そういった時にこの20~30ドルの違いはとても大きいです。

アラモレンタカーについて

アラモレンタカーでは日本語が通じるといった宣伝もあったようですが、実際のところは英語オンリーの対応がほとんどです。

主な営業所は空港とハイアットリージェンシーになります。

ハワイでオープンカーを借りてみるのはいかがでしょう

ハワイレンタカー「Q&A」

チャイルドシートは必要ですか?

ハワイだけでなくアメリカでは、子供を同乗させる時にはチャイルドシートの設置が義務付けられています。
しかも子供の年齢や体格によって細かく規定されているのです。またチャイルドシートはその年齢に関わらず後部座席に設置するようにルールが決まっています。

違反をすると講習と最大500ドルの罰金がありますのでご注意ください。

運転中の携帯電話の使用は禁止されていますか?

禁止されています。運転中だけでなく交差点などで一時停止している場合にも携帯電話の使用は禁止されています。また通話だけでなくWEBサイトの閲覧やアプリの操作も禁止されていますのでご注意ください。

レンタカーの予約は現地ハワイでするのと日本でするのではどちらがおススメですか?

日本での予約をおすすめします。いざ現地に着いてからの予約ですと、ご自身の希望に沿った車種が借りられない可能性があります。

日本の免許証で車を借りることはできますか?

ハワイでは日本の免許証のみで車を借りる事が可能です。

英語に自信がありません。現地のスタッフは日本語を話せますか?

基本、英語での対応と考えておいてください。ただし日本語の説明書を用意している営業所も多くあります。心配ならば事前に車種・保険を日本で予約しておく方が無難でしょう。

飛行機の到着が遅れた場合、予約時間の変更は可能ですか?

事情を伝えればほぼ100%予約開始時間の変更が可能です。

ハワイにはジープが似合います。

<まとめ>ハワイのレンタカーのすべて

ハワイ旅行を思い切り楽しむために、やはりオススメしたいのがレンタカーです。
ハワイに滞在出来る時間は限られていますので、みなさんのご都合にあわせて自由に早く移動することにより行きたい場所、行ける場所が格段に増えるのです。
たとえば、夕食の時間までにちょっと時間がるので、アラモアナセンターにショッピングに行くなんてことも出来ます。
しかし、そうは言ってもハワイでの運転は日本とはルールが違いますので、十分に注意してドライブを楽しんでください。