ハワイでイルカと遊びたい!

太平洋のど真ん中に浮かぶ自然溢れるハワイでは、海の生き物を日常的に目にすることが出来ます。
たとえばホテルが立ち並ぶ都会のワイキキエリアのワイキキ・ビーチでも、冬には沖合でクジラが潮を吹くのを見かけることがあります。
またちょっとクルージングで沖に出れば、ウミカメ(Honu)が悠々と泳いでいるのを見ることも出来ます。
とくに12月から4 月にかけては船で沖に出るとホ工ール・ウォッチングを楽しむツーリストも大勢います。
またそんなクルージングの最中にとつぜんイルカが遊びに来て船と一緒に並んで泳いでくれるなんてこともあります。
こんな自然に恵まれたハワイ。
やっぱり魅惑の島ですよね。

愛らしい生き物(宝)たち

豊かな海に囲まれたハワイでは、イルカやウミガメに出会う事が出来ても、なかなか触れあうことまでは出来ません。
特にウミガメはビーチまで来て日光浴などをしている時もありますが、近くで観察することは出来ても直接触れることは禁止されています。
ウミガメの事を思うと、勝手に触るなんてたしかに論外です。
その愛らしい姿を眺められるだけで幸せなのですから。

そして一方のイルカやクジラも、展望台などから遠く沖合いで泳いでいるのを見つけたり、または船に乗っているときに見かけたりとなかなかスキンシップをするまでには至りません。当然といえば当然のことですよね。

それでももし可能なら、一度イルカに触れてみたい!一度イルカと一緒に泳いでみたい!そんな気持ちになることがあります。
そしてあるのです、そんな希望をかなえられる所が。
野生のこうしたハワイの海の生き物たちと直接触れあったり、近くで観察することができるのがオアフ島にあるシーライフ・バークなのです。

シーライフ・パークでイルカに遊んでもらう!ありがとう、イルカさん。

シーライフ・パーク・ハワイはハワイ最大のマリンパークです。
毎日イルカのショーやアシカのショーを見る事が出来て、体験プログラムではナント直接イルカに触れることも出来ます。
こちらではイルカとの触れあいを楽しめるプログラムを用意しており、ドルフィン・エンカウンターではイルカと同じプールに入って撫でたり、キスをしてもらったりすることも出来ます。
イルカに遊んでもらえるなんて、なんて幸せなことなのでしょう。
そんなイルカを超リスペクトして、ぜひ超絶貴重な体験をしてみるのも良いかもしれません。
そしてゼッタイに忘れて欲しく無いのは、イルカに対するリスペクトです。
相手は本来は人間などを相手に、つまらないパフォーマンスなどをする必要は無いのです。
そこを嫌がらずに、大きな気持ちで遊んでもらっているという感覚を持ちながら、イルカと触れ合う方が良いでしょう。

シーライフ・パークでの体験プログラム

○ドルフィン・ロイヤル・スイム
2頭のイルカとの握手やキスに続いて、背びれを持って一緒に泳ぎます。2頭のイルカが後ろからゲストの足裏を押してプールを横切ります。

○ドルフィン・スイム・アドベンチャー
イルカとキスをしたり、ベリーライド(腹部を付けて泳ぐ)したり、水中を泳いでイルカと一緒に遊びます。

○ドルフィン・エンカウンター
腰の深さの台から泳ぎ回るイルカを観察します。遊び好きのイルカはゲストにキスしたり踊ったり。小さいお子様にも参加しやすいプログラムです。

○ドルフィン・アロハ
園内裏のバックステージプールで、イルカに触れたり、餌付けをしたり、様々な行動を観察します。
水に入らず水着に着替える必要がないので、妊婦や身障者の方々の参加も可能です。(身障者の方はトレーナーの事前参加承認が必要です)