ESTA(エスタ)についてのイロイロ!

ESTA。エスタと呼びます。

Electronic System for Travel Authorizationの頭文字からESTA(エスタ)と呼ばれます。

そもそもESTA(エスタ)とは、ハワイはじめアメリカに渡航する際に必要な渡航申請システム「電子渡航認証システム」のことを言います。

「9.11」以降テロ防止策として導入されました。

観光や短期の仕事などでアメリカ滞在日数が90日以下の場合にはビザは必要ありません。

そのようなビザを取得しない渡航者に対して導入されたシステムです。

2009年1月よりハワイまたはアメリカに入国する際に必要となりました。

ESTAの申請方法は、ESTA申請はインターネットのみで受け付けていて、ESTAのホームページからできます。

申請は10-15分程度で簡単に出来ます。

ESTAのホームページを参照ください → ESTA申請

申請に必要な料金は14ドル。

旅行代理店などで代理申請を受けつけていますが、おそらく5,000円以上料金がかかるはずですので、可能であればご自身での申請をおすすめします。

また、ご家族の分の代理申請をしても問題ないはずです。

ESTAの申請は、ハワイに渡航する72時間前までの申請が必要になります。

出発前にドタバタと申請するよりも、早めに登録をしておいた方が良いでしょうね。

ESTAの有効期限は認証許可を受けた日から2年間有効です。

有効期間内であれば渡航回数とは無関係なシステムです。

ESTAの有効期限が切れたとしても、ハワイ・アメリカ旅行の予定がしばらく無い場合には再申請の必要はありません。

次回ハワイ・アメリカに渡米するときに再申請してください。