ハワイのツアー料金

ハワイのツアー料金

ハワイ旅行の費用のうち、ツアー料金が一番お金がかかる部分です。

ハワイ旅行の費用を節約するためには、このツアー料金の費用をどのように抑えるかがポイントになります。

ハワイのツアー料金は、季節によって、または出発曜日などによって大きく違ってきます。

旅行代理店に置いてあるパンフレットを見てみると、出発日に準じた旅行代金が明記してありますが、出発する時期によって1年間を通して大きくツアー料金に差があることが分かります。

スケジュールに余裕がある方でしたら、せっかくなので割安にハワイ旅行を楽しめる時期を選ぶのもひとつでしょう。

また旅行会社によってもツアー料金が違ってきますので、インターネットの比較サイトや旅行代理店のパンフレットなどを参考に、じっくり比較検討することをおすすめします。

またツアー料金だけで格安ツアーを選ぶ時、「てるみくらぶ(2017年3月にてるみくらぶが破産申請)」の一件から「ただ単に安いから」という理由だけでツアーを選ぶことにも抵抗感がある人がいるかもしれません。

今までは「格安ツアー」で探せばよかったのかもしれませんが、今後は同時に「そのツアーはどこの主催か」という点も考えさせられます。

まずは大手の旅行会社から価格のチェックを始めてみるのが良いかもしれません。

そこで探したツアーがどうしても値段の折り合いがつかないという事でしたら、中小の旅行会社で選ぶといった順番でツアーを探してみてはいかがでしょうか。

まずはJTBのホームページでチェック → JTB
まずはHISのホームページでチェック → HIS

季節ごとのツアー料金について

それでは簡単に季節ごとのツアー料金について紹介します。

ここではあくまで概略を記しますので、詳細なツアー料金についてはしっかりと調べてみてください。

1月から3月までは、年間を通しての平均価格より安い傾向にあります。

しかし1月にはハワイでニューイヤー・セールなども行っていますので、買い物などするときは思わぬ良い掘り出し物に出会えるかもしれません。

ただしこの時期はハワイは雨季。朝方や夕方以降は気温も下がりますので着るものには注意が必要です。

また2月あたりからは卒業旅行に出かけられる学生の方も多いので、この時期を検討するときには早めの予約をオススメします。

4月から6月まではハワイの気候も最高です。

しかし意外にもツアー料金は安い時期になります。ただしゴールデンウィークだけは別格です。ツアー料金の価格もこの時期の平均価格より5万円程度値上がりします。

7月から8月にかけては年間を通して最もツアー料金が高くなる時期です。

夏休みが始まる7月中旬から一気に値段が上がっていきます。

なかでもお盆シーズンが最もツアー料金が跳ね上げり、ハワイ旅行でも年滅年始以上にもっとも価格が高い時期になります。

9月から年末の12月にかけて、お盆を過ぎたあたりから価格は下がっていく傾向にあります(年末年始を除く)。

それでも4月から6月にかけての平均価格より割高です。

この時期に一番安い11月でも4月から6月のツアー料金より若干高めです。

9月にはハワイ州最大のイベント「アロハ・フェスティバル」があったり、12月には「ホノルル・マラソン」などの人気イベントがある影響かもしれません。

また年末に近づくと「ホエール・ウォッチング」なども楽しめる季節になりますので魅力的なシーズンであることは間違いありません。

また11月末の感謝祭から年末にかけてはセールなどもありますので、ショッピングには最適なシーズンになります。

ハワイのイベント 年間スケジュールについて

高い時期と安い時期

季節によるハワイ旅行のツアー料金をざっくりとまとめます。

こんな時期に行くと比較的得ですよ、といったまとめになります。

比較的に安い時期は
1月中旬~1月末
4月上旬~中旬
5月GW明け~7月中旬
10月~12月中旬
といったところでしょうか。

そして割高な時期、出来れば避けた方が良いような時期は
年末年始
ゴールデンウィーク
夏休みシーズン(特にお盆の時期が割高)
といったところでしょう。

それでもどうしてもお休みが取れないといった際は仕方がないですし、多くの方が割高な時期にしか休めないといった感じなのでしょう。

番外編「ここでも差がつくツアー料金」

最後に、休みが自由に取れない方へ、少しでもお役に立てたらと思える情報をお伝えします。

「えっ!?こんなことで料金が変わってくるの?」と驚かれるかもしれません。

知っておいて損の無いツアー料金、さらにお教えします。

<その1>「出発する曜日によっても金額が違う!?」

意外に思われるかもしれませんが、出発する曜日によってもツアー料金は変わってきます。
それなら、予定さえあえば出来るだけ安い料金で申し込みをしたくなります。

そしてズバリ安い曜日とは「月・火・水」曜日なのです。特に「火曜日」は年間を通しても特に安い傾向にあるようです。

反対に高いのは「金・土」曜日での出発でになりますのでご留意ください。

<その2>「東京からの出発の場合は、羽田空港より成田空港!?」

東京および東京近郊にお住まいの方、またはハワイ旅行に羽田か成田をご利用の方へ。

東京発の航空券は成田より羽田が高い傾向にあります。
ただし羽田の方が便利だからという方も多いと思いますので、羽田空港までのアクセスの利便性や料金、または成田空港までのアクセスの利便性や料金なども加味してどちらの空港を選ぶかを決めるのも良いかもしれません。