ハワイは楽園と言っても、そこは日本と文化・習慣、そして言語も異なる外国。楽しみにしているハワイ旅行に水を差すようではありますが、念のため事前に知っておいても良いのではと思われる情報です。

最近のハワイを紹介しているガイドブックやWEBは、ハワイの楽しい情報ばかり。しかしハワイにも犯罪や危険な事はあるのです。

平和なイメージの強いハワイにも、以前起こった事件について知っておいた方が安全ですし、犯罪などにも巻き込まれなくなる可能性も高くなることでしょう。

ここでは外務省のホームページ情報を中心にお伝えします。

ハワイは安全と言われていますが、実は犯罪発生率は日本より高いというデータが出ています。特に観光客を狙った犯罪が多いようで、レンタカーを狙った車上荒らしやビーチなどで気を許した時の置き引きなどが多く発生しているようです。

またここハワイでもドラッグに絡んだ事件や、銃を使用した強盗事件等も発生しているのです。楽園ハワイのイメージとは大きくかけ離れていますよね。

また、これは犯罪とは違うのですがウェストサイドへドライブに行くと、たくさんのホームレスを見かける事もあります。普段私たち観光客があまり目にしないハワイのもうひとつの現実がある事は、まず認識しておかなければならないでしょう。

女性のツーリストをを狙った犯罪が多く報告されているようです。

たとえばハワイに行ったらグルメを楽しみたいですよね。ようやくガイドブックで調べたお店に行けるのですから、思い切り食事を楽しみたいところ。カタコトの日本語が出来るウェイターがサービスしてくれた時などは話しも弾むことでしょう。しかし「ウェイターがあまりにしつこくて、食事が終わったら一緒に出かけようといつもまでも誘われ続けた」といったせっかくのハワイ旅行に水を差すような事や、ひどい事件では「男性について行ったら暴行をされた」という大事件も報告されています。また「ビーチで知り合った感じの良い男性であったが、ちょっと目を離した瞬間にお財布と一緒にその人物が消えていた」という事もあるようです。

しかもこのような事件を起こすには、現地の人間では無い可能性もあるのです。こんな事件に巻き込まれてハワイやハワイアンが嫌いになって欲しくないものです。

また一般的には以下のような事件が発生しているようです。

「レストランで食事をしている際(ビュッフェの場合など)、椅子に置いておいたバッグが置き引きされた」
「ホテルの部屋のドアがノックされ扉を開けたら、複数の男性が室内に侵入し強盗被害に遭った」
「レンタカーのトランクを開けられ荷物を盗まれた」

また犯罪発生エリアとしては、郊外のファーストフード店での強盗事件、観光客が集まるホノルル市内、ハナウマ湾、ノースショア、ワイマナロのビーチなどが挙げられるようです。

そしてワイキキエリアで注意したいのは、夜の「クヒオ通り」と「アラワイ運河」。ワイキキエリアではありますが、このあたりは夜は気をつけてください。

 

ちなみにハワイの犯罪発生件数は年間で約45,000件。これはハワイ全島での数字ですが、1日平均で計算すると実に123件も事件が発生している計算になります。

そしてそのうち殺人や強姦などの悪質犯罪は3,690件。これも1日で計算してみると、10件もの犯罪件数になります。私たちツーリストがイメージする楽園ハワイからはまったくイメージが出来ませんよね。

しかしこれもハワイの現実。これらの事もしっかりと認識した上で、ハワイステイをエンジョイしましょう。

* ハワイの治安 も参照してみてください。