マーク・ヤマナカ



ハワイ島ヒロ出身のMark Yamanaka(マーク・ヤマナカ)。

 
1980年オアフ島ホノルルに生まれるが、両親の実家であるハワイ島ヒロにて育ったマーク。あの伝説的なスーパーバンド「ナ・パラパライ」のバンド・メンバーとして活躍した時期もありました。メリー・モナーク・フラ・コンペティションの常連のハラウのバンドメンバーとして活躍し、そのときから歌声が注目されるようになった。そしてクムフラであるジョニー・ラム・ホーにその才能を見出されました。
 

マークのデビューアルバムである「Lei Pua Kenikeni(レイ・プア・ケニケニ)」でナ・ホク・ハノハノ・アワード2011にて4部門で受賞をする快挙を達成。

ナ・パラパライのバックバンドを務めて、そしてナ・パラパライのリーダーであったクアナ・トレス・カヘレ(Kuana Torres Kahele)が参加している本アルバムにはナ・パラパライの影響を感じるところがあります。1曲目からナ・パラパライを思い浮かばせる高く美しい声の高音ファルセットボイスが聴けます。
 

そして2014年のナ・ホク・ハノハノ・アワードでも「Lei Maile(レイ・マイレ)」でアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞します。

今ではハワイを代表するミュージシャンの一人といって過言でないでしょう。

<ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞歴>
「A Gift of the Heart」Christmas Album of the Year — 2016
「Lei Maile」Album of the Year — 2014、Hawaiian Album of the Year — 2014
「Lei Pua Kenikeni」Album of the Year — 2011、Male Vocalist of the Year — 2011

Lei Maile

Lei Pua Kenikeni