ショーン・ナアウアオ

ショーン・ナアウアオ

シンガーソングライターでありながら、プロデュースもこなすSean Na'auao(ショーン・ナアウアオ)。

ハワイアン・レゲエ界の大御所グループ、マナオ・カンパニーのオリジナル・メンバーとして活躍しました。
マナオ・カンパニーの大ヒット曲「Drop Baby Drop」を聞いたことのある方も多いものと思います。

ショーン・ナアウアオがソロとして発表したアルバム「Holomua」では、トラディショナルハワイアンの雰囲気が満載のCDをリリース。同アルバムは2002年のナ・ホク・ハノハノ・アワードでHaku Mele of the Year(ハワイ語チャントを含む楽曲賞)を受賞しました。また、「Holomua」の収録曲である彼独特のアレンジで奏でる「Aloha `Oe(アロハ・オエ)」はオススメの1曲でもあります。

2005年リリースの次作「Ka Eha Ke Aloha」はさらにハワイアンを追求した名盤となっているのでこちらも要チェックです。

また、こちらもナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞者であるビッグ・ネームであるロビ・カハカラウとのデュエット・アルバムも注目です。
トラディショナル・ソングにコンテンポラリー・ソングも挿入された本アルバムは、ロバータ・フラック "WHERE IS THE LOVE"のカヴァーなども披露していて聞き応えも存分にあります。

私生活では、有名なクムフラであるアロハ・デリレイの娘カウイ(メリー・モナーク・ミス・アロハ・フラ)と結婚をしています。

<ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞歴>
「Na`auao」Engineer of the Year — 2014

Na'auao

カ・エハ・ケ・アロハ

Holomua