ケアリイ・レイシェル!ハワイアンミュージックの第1人者



ハワイ・マウイ島出身のスーパースターである、ケアリイ・レイシェル。

ハワイの文化に深く興味を抱き、ハワイ大学でハワイ語などを専攻する。

17歳の頃からハワイの歴史と文化に興味を抱き、その後博物館のディレクターや地元のコミュニティ・カレッジの講師をしていました。

1995年にデビュー作「Kawaipunahele(カワイプナヘレ)」でミュージシャンとしてのキャリアをスタートすると同時に驚異的なセールスを記録します。

デビュー作「Kawaipunahele(カワイプナヘレ)」で、その年のナ・ホク・ハノハノ・アワード主要6部門での同時受賞を果たす快挙を成し遂げたのです。

また、ワイキキ・シェル・シアターでのライブは超満員になるほど注目される伝説のコンサートとして記憶に残ります。

続いての1996年発表のセカンド・アルバム「Lei Hali'a(レイ・ハリア)」は発売前から予約注文が殺到するほどの大人気。

同アルバムには名曲「Lei Hali'a」が収録されている。同年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで主要4部門を受賞、名実ともにハワイの英雄となりました。

記録的ヒットカワイプナヘレのケアリイレイシェル

スーパースターへの道

その後も順調にキャリアを積み重ね、アルバム「Eo Mai(エ・オマイ)」などをリリース。

ハワイのグラミー賞と呼ばれるナ・ホク・ハノハノ・アワードの常連です。

日本でもケアリイ・レイシェルの大ファンが多く、フラをやられる方はほとんどがその名前を存じているのではないでしょうか。

ハワイアンルネッサンスとしてハワイの伝統文化が注目を集める中、IZ(イズ)というスーパースターがこの世を去ってしまいました。

1997年のことです。ケアリイはハワイアン・ミュージックの代表として活躍をしていたIZの後を見事に引き継ぐかのごとく、その後もハワイアン音楽を盛り上げていった印象があります。

ハワイを代表するアーティスト、ケアリイレイシェル

ケアリイ・レイシェル、伝説になるであろうその偉業

そして偉業は続きました。

2015年、前作「ケアラオカマイレ」から10年ぶりに発表されたアルバム「Kawaiokalena(カワイオカレナ)」がナ・ホク・ハノハノ・アワードでなんと前人未到の7冠を達成した。

ケアリイ・レイシェルの名前を一躍スターに押し上げたデビュー作「カワイプナヘレ」から20年の月日がたっている。

これは言い換えれば20年間ハワイアン・ミュージックの中心にいたとも言えるでしょう。

まさしく彼こそが「ハワイアン・ミュージック」と呼んでも良いかもしれません。

これに留まらず、まだまだこの先も多くのキャリアを積み重ねていくことでしょう。

ケアリイレイシェル

華麗なる受賞遍歴

ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞歴(最新)


「Kawaiokalena」
Album of the Year
Engineer of the Year
Favorite Entertainer of the Year
Hawaiian Album of the Year

今までのキャリアまとめ(ナホクハノハノアワードでのキャリア)


「1995:“Kawaipunahele”」
Favorite Entertainer of the Year
Male Vocalist of the Year
Most Promising Artist of the Year
Album of the Year “Kawaipunahele”
Hawaiian Album of the Year “Kawaipunahele”


「1996: “Lei Hali'a”」
Favorite Entertainer of the Year
Male Vocalist of the Year
Hawaiian Album of the Year “


「1998:“E O Mai”」
Haku Mele (new Hawaiian language composition; award to the composer )
Nematoda (to Puakea Nogelmeier) “E O Mai”


「2000:“Melelana”」
Favorite Entertainer of the Year
Male Vocalist of the Year
Album of the Year
Hawaiian Album of the Year
Liner Notes Award
Engineer of the Year


「2004:“Ke'alaokamaile”」
Male Vocalist of the Year
Album of the Year “Ke'alaokamaile”
Hawaiian Album of the Year “Ke'alaokamaile”
Song of the Year “Ka Nohona Pili Kai”
Liner Notes Award “Ke'alaokamaile”
Engineer of the Year (to Jim Linkner) “Ke'alaokamaile”
Graphic (to Scott Johnson) “Ke'alaokamaile”


「2006:Kamahiwa・The Keali'i Reichel Collection Vol.1」
Anthology Album of the Year
Liner Notes Award

2007:Favorite Entertainer of the Year

2008:Music Video DVD of the Year “Kukahi-Live in Concert”


「2009:Kamalei - Collection Two」
Liner Notes Award

ケアリイレイシェルの動画一覧

ケアリイレイシェルの動画一覧になります。

ケアリイの良さをあらためて実感出来ます。
ケアリイ・レイシェルの動画

ケアリイレイシェルのアルバム一覧

ケアリイレイシェルのアルバム一覧。

ケアリイの音楽が流れてくるだけで、ハワイアンなムード一色になります。

リラックスしたいときなどにはケアリイの曲はおすすめです。
ケアリイ・レイシェルのアルバム一覧

ケアリイレイシェル DVD特集

ケアリイのコンサートに行きたいけど機会が無い。

そんな方におすすめなのがこちらのDVD。

本場のハワイアンミュージックを体感してみましょう。
ケアリイレイシェル DVD特集

ケアリイレイシェルの伝説ライヴコンサート@ワイキキシェル

涙そうそう「Ka Nohona Pili Kai(邦訳;海辺の家)」

「涙そうそう」をルーツとしたケアリイ・レイシェルのオリジナル曲である「Ka Nohona Pili Kai」。

今ではケアリイ・レイシェルの代表曲と言えるかもしれません。

ケアリイが日本に滞在中、偶然耳にしたのがBEGINの「涙そうそう」。

ケアリイには日本語の歌詞は分かりませんでしたが、幼い頃に過ごした海辺の家と大好きだったおばあちゃんを想い出させたのだそうです。

その時はとても深く感動したそうなのですが、結局その曲が誰の歌なのか分からなかったそうです。

そして残念ながら深く気がかりを残す形で帰国するようになったのです。

しかし偶然、というよりか奇跡のような事がおこります。

ハワイへ帰国する際の飛行機で、偶然BIGINの涙そうそうを聴くことが出来たのです。

そこでようやくその曲名が「涙そうそう」である事とグループ名が「BEGIN」である事を知ることになったのです。

帰国後、ケアリイは原曲をフラソングとしてアレンジして、涙そうそうの良さを残しつつ、まったく新しいオリジナル曲である「Ka Nohona Pili Kai」を完成させたのです。

森山良子作詞、BEGIN作曲による「涙そうそう」。

この名曲をルーツとして完成した「Ka Nohona Pili Kai」。ともに沖縄とハワイを代表する名曲になりました。

そして、2004年ハワイのグラミー賞と言われるナ・ホク・ハノハノ・アワードで、「Ka Nohona Pili Kai」を含むアルバム「Keʻalaokamaile」が7部門を受賞する快挙となりました。

また収録曲である「Ka Nohona Pili Kai」はSong of the Yearに輝きました。

涙そうそう「Ka Nohona Pili Kai」歌詞

Pā hanu mai ka pua 'ehu o ke kai
E holunape ana i ka lau kī
Me he leo 'a'ala i māpu mai
E heahea mau nei

Aloha e, aloha nō
Aloha ka hāli'ali'a mau
He nani e, he nani nō
He nani ka nohona pili kai

Lauele ka mana'o i ke aumoe
Hia'ā i ka 'ulaleo o ke kai
Ka'iawe ka hā'upu aloha
E ho'omālie mau nei

He pilikana ka malu ulu niu
Hei mai ana me ka pohuehue
A he wehi ho'i ko hi'ikua e
E kahiko mau nei

Puana 'ia no ka 'ehu o ke kai
Ia hanu 'a'ala o ke aumoe
Moe a'e ke ala e 'alo ai
E ho'olale mau nei

「Ka Nohona Pili Kai」収録アルバム
Ke'alaokamaile

ケアリイレイシェルその他おすすめのアルバム

こちらにピックアップしたケアリイレイシェルのアルバム一覧。

これらのアルバムは買って損しないと思える作品ばかりです。

「Kawaiokalena」「Kawaipunahele」のこちらの2枚のアルバムはオリジナルアルバムで、超おすすめの2枚です。

今から20年前、Kawaipunaheleをはじめて聴いたときの衝撃は未だに忘れられませんし、今でも個人的なベストハワイアンアルバムの一枚になっています。

上記の2枚以外のアルバムは「ベスト・アルバム」となっています。

どれを選んでも間違いは無いはずです。

「Kawaiokalena」「Kawaipunahele」とベストアルバム1枚、これら計3枚で見事にケアリイ通になれるものと思います。

Kawaiokalena

クカヒ・イン・ジャパン~10th アニヴァーサリー・ベスト・コレクション~

Kawaipunahele

カマレイ~ベスト・コレクション2

セント・オブ・ジ・アイランド,セント・オブ・メモリー

涙そうそう/BEGIN



ケアリイの代表曲のひとつ「Ka Nohona Pili Kai」のルーツとなったBEGINの名曲。

作詞が森山良子さん、作曲がBEGINによる楽曲。

作詞を担当した森山さんは若くして残念ながら亡くなってしまったお兄さんを思って詩を作りました。

ちなみにタイトルの「涙(なだ)そうそう」。

これは沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味です。