ウェルドン・ケカウオハ



2000年に「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」で最優秀新人賞を受賞したWeldon Kekauoha (ウェルドン・ケカウオハ)。

2007年リリースされた「Ka Lehua Ula(カ・レフア・ウラ)」は名盤と言えるアルバムとなっています。

このアルバムはウェルドンが奥様に向けて作ったアルバムでもあり、とくにフラダンサーに人気がある一枚です。

ウェルドン・ケカウオハは2000年にナ・ホク・ハノハノ・アワードにて最優秀新人賞を受賞した後も発表する作品が次々に高く評価されています。今ではハワイを代表するアーティストの一人ではないでしょうか。

日本では特にフラダンサーを中心に人気が高く、彼独特の甘い声で歌われるスローバラード最高です。

幼い頃から音楽に強い関心をもっていたウェルドン。4歳のころからウクレレに親しみ、またホノルル少年合唱団の聖歌隊の一員として米国本土をはじめ、メキシコやカナダまで遠征も行いました。

1998年あたりからハワイのミュージックシーンでマルチプレーヤーとして活躍。2000年以降の活躍は上に記したとおりですが、最近では、Keali’i Reichel やNatalie Ai-Kamau’uといったハワイを代表するアーティストと共演したりしています。

<ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞歴>
「Pilialoha」Favorite Entertainer of the Year — 2013

ウェルドン・ケカウオハの動画

ウェルドン・ケカウオハのアルバム一覧

Ka Lehua Ula

Pilialoha

Hawaiian Man

Kanaka Maoli