ハワイの歴史を足早に勉強してみましょう!


  • BC300年
    古代ポリネシア人がハワイに!
    はじめて古代ポリネシア人がカヌーに乗ってハワイに到着。それをキッカケにタヒチ諸島からたくさんの移住者がハワイに渡ってきて、各島で生活を始めました。

  • 1778年
    キャプテンクックがハワイに上陸
    1778年に冒険家のクック船長がオアフ島とカウアイ島を発見します。その際はワイメアベイに上陸したと言われています。

  • 1810年
    カメハメハ大王がハワイを統一
    ハワイ諸島を統一したカメハメハ大王がハワイ王国を建国。初代国王に就任します。イギリスやアメリカとも友好関係を築き、ハワイの独立を守り続けました。カメハメハ大王のそのような尽力により、ハワイの文化が守られ繁栄し続けたのです。

  • 1845年
    首都がホノルルに!
    ハワイ王国の首都はマウイ島のラハイナにあったのですが、オアフ島のホノルルに移りました。

  • 1882年
    イオラニ宮殿が完成
    カラカウア王によって、当時の最先端の技術と贅を尽くして建設されたイオラニ宮殿。またこの時代には、一時期禁止されていたハワイの伝統文化である「フラ」が復活しています。

  • 1893年
    ハワイ王国が崩壊
    最後の女王、リリウオカラニが1891年に即位しましたが、その頃にはすでに衰退に向かっていたハワイ王国。なんとかハワイ王国を守ろうとリリウオカラニは尽力しますが、その努力も叶わずに退位します。そして翌年1894年にハワイ共和国が成立しました。

  • 1898年
    アメリカの属州国に!
    米西戦争によってアメリカがハワイを軍事拠点として利用します。その時にあらためてハワイが軍事拠点として最適であると認識したアメリカがハワイを準州としてアメリカ領土としました。

  • 1901年
    モアナホテルが完成
    ワイキキ初のホテルとなるモアナホテルが完成します。現在もワイキキのファースレディとして大人気のホテルがです。

  • 1935年
    パンアメリカン航空が就航
    アメリカ本土からパンアメリカン航空が就航します、これをキッカケに今まで船でハワイに渡っていたのが空路が発展していきます。かつてはアロハタワーがオアフ島の玄関口でしたが、それがだんだんとホノルル空港(ダニエルイノウエ空港)にその座を奪われていきました。

  • 1959年
    ついにハワイがアメリカに
    アメリカ合衆国大統領のアイゼンハワーの時代についにハワイがアメリカの50番目の州としてハワイ州となりました。

その後は世界屈指のリゾート地としてホノルルを中心に発展していきます。