ハワイの文化を知ろう!(基本編)

2015年メリー・モナーク・フェスティバル

アロハスピリットを身にまとうハワイのフォーマルウェア。
大胆な柄と鮮やかな色使いで有名なアロハシャツ。
日系移民の仕立て屋によって1930年頃に生み出されたとされています。

レイ

感謝や敬愛の念を込めて作られるレイ。
頭や首などにかける装飾品で、ハワイでは古代より魔除けや地位の象徴に使われてきました。
今では家族や友人知人への歓迎の意味で贈られることが多くなっています。

ハワイアンジュエリー

大切な人への大事な贈り物
リリウオカラニ女王が愛用していたハワイアンジュエリー。
母から子供へと親族で代々に受け継いでいることも多く、その意味合いもデザインによって様々です。

フラ

世代を問わず踊り継がれる伝統文化
古代ハワイアンが儀式で踊っていたとされているフラ。
現在ではフラには古代フラであるカヒコと現代フラであるアウアナといった2種類があります。

ハワイアンキルト

植物をモチーフとしたハワイアンテキスタイル
1800年代に宣教師の妻たちのパッチワークがキッカケで広がったハワイアンキルト。
ひと針ひと針丁寧に手縫いされるはハワイの植物のデザイン。
長い時間をかけて完成した作品はまさしくアートです。

ウクレレ

優しい音色が魅力のハワイを代表する楽器。
19世紀のこうはんにポルトガル移民たちが持ち込んだ民族楽器がルーツと言われています。
その優しい音色に魅せられてか、今ではハワイアンの一般家庭には最低1本ウクレレがあったりします。

サーフィン

ハワイ発祥の世界的スポーツ
サーフィンの歴史は古く、時代を遡ると古代まで行き着きます。
そしてサーフィンと言ったら外せないのがあのデューク像で有名なデュークカハナモク。
伝説のサーファーであり、サーフィンの神様でもあります。

ハワイ語

古代より伝承されてきたハワイの公用語
古代ハワイアンが使用していたとされる古代言語のハワイ語。
1800年代に宣教師たちが文字で表すまでは音声だけの言語でした。