ハワイ王国の国王たち

ハワイ王国の国王たち

ハワイ王国は、1795年から1893年までハワイ諸島に存在した王国、今はアメリカの50番目の州として合併されています。

また、ハワイに旅行に行くと、ハワイの国王とその親族の方々が「通りの名前」や「地名」になっていたりします。

主要な人物の紹介の前に、ハワイ王国と関係の深かった人物の名前を一部紹介します。

「カラカウア」カラカウア通りは有名ですよね。
「クヒオ」クヒオ通り、こちらも有名です。
「カピオラニ」カピオラニ公園、ワイキキエリアにある大きな公園です。
「ビショップ」ビショップ博物館が有名、パウアヒ王女の夫

ちなみにカメハメハ大王には15人の奥さんがいました。1人の夫が複数の妻を持つ、または逆のことが当時のハワイでは当たり前のようにあったそうなのです。

そのような理由でカメハメハの系図を確認するのは大変なのですが、ここでは一部抜粋しご紹介となります。

ハワイの国王とその家系

カメハメハ (King Kamehameha)
カラカウア(David Kalākaua)
リリウオカラニ(Lili’uokalani)
エマ女王 (Queen Emma)
パウアヒ王女 (Princess Bernice Pauahi)