ハワイアン・キルトとは

自然をテーマに手縫いされるハワイアン・キルト。

リビングやベッドルームにひとつハワイアンキルトのクッションが置いてあるだけで雰囲気がすっかり変わってきます。

また日本では、季節にあわせてハワイアンキルトの色やデザインを変えてインテリアのコーディネートをしていくのがオススメです。

四季折々楽しめることでしょう。

ハワイアン・キルトの歴史

一針一針に気持ちを込めて縫い上げられるハワイアンキルト。

長い時間を掛けて丁寧に仕上げられるハワイアンキルトは、1800年の初頭にハワイへ渡ってきた外国人宣教師の妻たちにより広められました。

ハワイ王族の女性達は、ニューイングランド様式のパッチワークをすごく気に入ったそうです。

それから、布にモチーフを縫い付け、そのモチーフの輪郭に沿って何重にもステッチを入れていくスタイルのキルトが生まれ、ハワイの女性を魅了していきました。

ハワイアンジュエリーも記念日などに親から子に伝承されていく習慣がありますが、このハワイアンキルトもお祝い事があると縫われるようになっていったのです。

大変な手間のかかるハワイアンキルトは、サイズにもよりますが、完成までに気の遠くなるくらいに時間がかかることもあります。

ハワイアン・キルトの特徴

ハワイアンキルトの最大の特徴は、シンメトリー・左右対称のデザインが特徴です。

ひとつのモチーフを左右や上下対象にデザインしていきます。

モチーフにはハイビスカスやパイナップル、プルメリア、ジャスミンなど様々。

ハワイにある植物などが多く見受けられます。そのデザイン性に加えて、色とりどりのハワイアンキルトは魅力がいっぱいです。

ハワイの代表的な花や植物などがモチーフとしては多いのは、長い年月をかけて作られるキルトに、キルトにせいなる力、マナを宿すとも言われています。

ハワイアンキルトのモチーフに植物が多いのは、古来よりハワイアンのあいだで、木や花などに精霊が宿ると考えられていることが影響しているのかもしれません。

ところでハワイに行った時に、自分へのご褒美としてハワイアンキルトをお土産としてみてはいかがでしょう。

サイズによってはかなりのお値段ですので、お気に入りのひとつをゲットしてみるのがオススメです。

たとえばベッドカバー。あれだけの大きさになると、気になるお値段の方は20万円は最低かかるのではないでしょうか。

みなさんならどのようなハワイアンキルトを選ぶのでしょうね。